FC2ブログ

留辺蘂町上金華

留辺蘂町上金華(令和元年7月28日探訪)

留辺蘂町上金華は農村集落である。
大正5年2月20日、宮田仲太郎率いる愛媛団体29戸が入植した。
当時は密林で道路もなく、自然条件の厳しさから大正7年には25戸に減少した。
同年、奔武華(現在の金華)に特別教授場(後の金華小学校)が設置された。大正9年上武華8号線まで村道が開通したので通学できるようになったが、それでも6キロ以上の道であった。
大正時代の主要作物は山麦、裸麦、バレイショであったが昭和に入ってからハッカが栽培されるようになった。
また、京都府出身の9戸が戦後開拓で上金華に入植した。

昭和25年、地元選出の町議宮田仲太郎が町当局や議会に働きかけ、昭和26年4月上金華小学校設立の認可を得、昭和26年4月開校した。
昭和34年頃まで冬季造材事業があり、林業で収入を得ていたが造材事業がなくなり昭和38年には児童数7人まで減少し、閉校した。
昭和40年2戸、41年2戸、42年1戸、43年2戸転出し、無住化集落となり旧愛媛団体の開拓地跡は落葉松などが植林された。

学校の沿革は以下の通りである。
昭和26年 開校(4月)
昭和38年 閉校(3月)

昭和31年の校下の概況を抜粋して紹介する。
人口 109名(男54名 女55名)
戸数 17戸(内通学児童を有する家7戸)
職業 純農家13 その他教員1 その他3
出身地 愛媛県8 富山県2 宮城県1 山形県3 京都府3

P1140029.jpg
令和元年7月、お世話になっているA.D.1600氏と上金華を訪ねた。
愛媛団体入植記念碑と、馬頭観世音の碑(昭和15年建立)がある。

P1140025.jpg
愛媛団体の入植記念碑。

碑文
梅の花ほころぶ郷里の南国伊豫をあとにして八日目一、九一六年(大正五年)二月一二日薄暮。北海度いう開拓集団移民に応募した二十九戸百二十余人(団体長宮田仲太郎)この地上ポンムカに入植する。積雪二メートル、寒威骨を刺す厳冬と木の葉がくれに僅かに空をのぞく昼なお暗い密林が団体員を迎える。全域砂礫地帶。「五町歩の大地主」を夢みる開拓者の意欲を拒み続ける。一、九六九年(昭和四十四年)までに全戸離農、愛媛団体開拓半世紀余の歴史を閉じる。
一、九八〇年四月建立 愛媛県人会 宮田家一同

入植者氏名
宮田仲太郎 日和佐雄之助 日和佐道太郎 大西松太郎 大西六助 杉野竹五郎
山内国助 曽我部カネ 玉井喜一 渡部茂市 鎌田重平 堀 藤吉 越智彦作
渡辺巻三郎 越智庄太郎 伊藤八造 戸田亀吉 渡辺房六 渡辺熊四郎 江原政吉
長野吉太郎 黒川直藏 矢野春太郎 山内庄吉 山内武四郎 山内八五郎 山内柳助
十亀武五郎 近藤角太郎 以上 二十九戸百二十名

P1140030.jpg
「上金華」の名前が残る林道。
学校はこの先にある。

P1140031.jpg
学校跡の記念碑。

P1140032.jpg
学校跡地より振り返る。
植林された木々が続いている。

P1140034.jpg
開けた高台より集落を望む。
『金華区史』には神社もあったが見つけることが出来なかった。

参考文献
留辺蘂町金華区史編集委員会1999『金華区史』留辺蘂町金華区史編集委員会
スポンサーサイト



紋別市志文

紋別市志文(平成30年10月21日・令和元年5月26日探訪)

紋別市志文は農村集落である。
明治43年シュブノツナイ原野区画測定がなされた直後に関口権作、三沢金作、岩松安治、金内亀造らの入植が始まりである。大正3年開削道路が新設されてからシュブノツナイ川流域よりも農耕適地であることや、金山の発見(沼の上鉱山)により入植者が急増した。
学校は大正3年11月15日、紋別尋常小学校所属志文特別教授場として開校した。
戦後、沼の上鉱山の閉山(昭和34年)や離農により昭和57年の閉校時点で12戸であった。
地元の方からいただいた情報で、令和元年6月時点で志文の戸数は5戸である。

学校の沿革は以下の通りである。
大正3年  紋別尋常小学校所属志文特別教授場として開校(11月)
大正4年  暴風雨により校舎倒壊。9月校舎再建
大正10年 小向尋常小学校所属志文特別教授場と改称
大正11年 沼の上尋常小学校所属志文特別教授場と改称
昭和3年  校舎新築
昭和6年  志文尋常小学校と改称
昭和16年 志文国民学校と改称(4月)
昭和22年 紋別市立志文小学校と改称(4月)
昭和57年 閉校(3月)

閉校時の記事を掲載する。

辺地校の灯また消える 紋別・志文小 寂しい卒業、閉校式
「【紋別】また一つ、辺地の学校の灯が消えた。68年の歴史を持つ志文小(山口繁校長)で18日、最後の卒業式と閉校式が行われ、本州から駆けつけたOBを含めた約100人が、懐かしの母校との別れを惜しんだ。
 同校は大正3年(1914年)紋別尋常小学校志文特別教授場として開校、昭和22年に志文小学校と改称してこれまでに404人の卒業生を送り出して来た。炭焼きに始まって製材、鉱山の開発と人口が増えた同地区で、一時は児童が100人近くを数えたこともあったが40年代から離農や鉱山の閉山などで戸数が12戸に減り、56年度の児童数はわずか4人。このうち2人がこの春卒業して、新入生がいないため、2人の児童だけでは効果的な授業ができないことなどを理由に、隣の沼ノ上小への統合が決まった。
 午前10時からの卒業式では、山口校長の式辞のあと、6年生の伊藤健君と菅原学君に卒業証書、3年生で伊藤君の弟の仁君、菅原君の弟の智君に修了証書が渡された。
 このあと6年生、3年生の2組の兄弟が別れのあいさつを交わし、在校生が「親切にしてくれて本当にありがとう」、卒業生が「入学したころにたくさんいた友達が次々と去っていくのはさびしかったが、思い出はいつまでも尽きません」と語りかけると、出席した父兄の間にハンカチで目頭を押さえる姿が目立った。
 続いて山形県、函館市などの遠隔地からやって来たOBを含め、約100人が参加して閉校式が行われ、今は楽しかった思い出だけが胸に残る懐かしの校舎に別れを告げた。」(北海道新聞網走北見版 昭和57年3月20日)

KIMG3456.jpg
平成30年10月、K.T氏と訪れた。

KIMG3457.jpg
学校周辺には人家が点在している。

KIMG3461.jpg
閉校後、校舎は一度も使われないまま朽ちようとしていた。

KIMG3464.jpg
学校の隣には神社がある。

P1130859.jpg
翌年5月、HEYANEKO氏らと再訪したが校舎の傷みは一層進んでいた。

P1130860.jpg
鳥居の先には祠があった。

P1130861.jpg
隣には昭和8年10月建立の馬頭観世音があった。

参考文献
紋別市史編纂委員会1960『紋別市史』紋別市
北海道新聞網走北見版1982「辺地校の灯また消える 紋別・志文小 寂しい卒業、閉校式」『北海道新聞昭和57年3月20日』

紋別市沼の上鉱山

紋別市沼の上鉱山(令和元年5月26日探訪)

紋別市沼の上鉱山は鉱山集落である。
大正5年、白楊丸太材の伐り出し運搬作業で入山していた関口権作、黒川辰三、小野寺清助、三沢仁太郎、井辻吉五郎、土谷久太郎らの発見によるもので沼の上金山と名付けられた。
当初は函館の栖原鉱業所が経営していたが、昭和3年三菱鉱業の経営に移った。
学校は約6キロ先の志文特別教授場へ通学していたが、悪路であることや冬の吹雪きで数日間人馬の往来が止まることもあった。このため、鉱山所長高橋逸作が奔走し、鉱山家庭教授所開設の認可を得て昭和4年9月28日、三菱沼の上鉱山の経営する私塾として開設した。昭和12年、監督官庁の強い勧告や鉱山側の努力により2月に公立に移管し、志文尋常小学校所属となった。
昭和34年9月に沼の上鉱山は閉山し、従業員は下川鉱山へ配置転換となり、学校は昭和34年12月に閉校した。
学校の沿革は以下の通りである。

昭和4年  私塾として開設(9月)
昭和12年 志文尋常小学校所属上志文特別教授場と改称
昭和23年 上志文小学校と改称(10月)
昭和34年 閉校(12月)

閉山の記事を掲載する。
三菱沼ノ上鑛業所閉山 31年の歴史に終止符
「三菱鉱業沼ノ上鑛山が開鉱以来31年の歴史に終止符を打ち9月末で閉鉱することになった。
 閉鉱の理由は将来性がなくなったため、つまり新鉱床が再三の探鉱にもかかわらず新鉱床が発見されず、この鉱山の埋蔵量がつきたものと見られたためである。
 同鉱は所長以下従業員43人で製練は行わず鉱石を系統工場に送っていた。
 三菱従業員は、下川鉱業所に抱かれるので閉山に起る労仂騒動は心配ない。
 同鉱山は大正6年(原文ママ)附近の農民が鉱石を発見、鉱山業今堀喜三郎さんが31鉱区の試掘願いを出しその後大正12年当時凾館の人栖原角衛さんの手に移り昭和3年三菱が買受けて開鉱し今に至っている。この鉱山閉鉱により市では一つの産業機関を失うことになり、年間市税その他の減収は約80万円になるというが教育関係費用の持出しが少なくすむことにより相殺すると約50万円程度の減収となる。」(「北海民友新聞昭和34年9月29日」)

P1130869.jpg
令和元年5月、HEYANEKO氏らと訪れた。
志文小学校探訪後、沼の上鉱山へ向かう。

P1130872.jpg
沼の上鉱山集落跡付近へ到達した。

P1130874.jpg
川の水が赤茶色に染まっている。

P1130875.jpg
集落を散策する。

P1130878.jpg
スイセンを見つけた。
人為的に植えたスイセンが野性化して残っていた。
集落はここで間違いない。

P1130879.jpg
学校は何処に在ったのだろうか。

P1130880.jpg
旧版地形図をみると、この辺りに家屋が集中しているが、今は植林された林となっていた。

P1130881.jpg
「入山禁止」の看板に三菱金属鉱山の名前があった。
鉱山時代の唯一の名残であった。

参考文献
北海民友新聞1959「三菱沼ノ上鑛業所閉山 31年の歴史に終止符」『北海民友新聞』
紋別市史編纂委員会1960『紋別市史』紋別市
紋別市史編さん委員会1983『新紋別市史』紋別市

湧別町緑蔭

湧別町緑蔭(令和元年5月26日探訪)

湧別町緑蔭は農村集落である。

農場主 中島宇一郎が小作農家の子弟教育のため自費で18坪の教場を建てたことが始まりである。中島氏が農場を設立した経緯や年代は不明である。
大正5年10月18日 湧別尋常高等小学校緑蔭特別教授場として開校した。
開校後、緑蔭特別教授場は度々休・閉校を繰り返した。
大正7年3月の閉校後、近接校に通学する児童の負担は著しくなり過半数は欠席、木原幸太郎から寄付された48,5坪の建物を中ノ沢2131番地2に移築した。
昭和24,5年を契機に農業構造の変化が著しく進展し、立地条件の劣悪な中ノ沢、東ノ沢一帯離農者が続出、児童数も11、2名に減少し、昭和35年3月で閉校した。

学校の沿革は以下の通りである。

大正 5年  湧別尋常高等小学校緑蔭特別教授場として開校(10月)
大正 6年  村財政事情で休校(3月)
同年      川西尋常小学校所属特別教授場として再開設(7月)
大正 7年  村財政事情で廃校(3月)
昭和 5年  信部内尋常小学校所属として開校(10月)
昭和16年  信部内国民学校緑蔭分校と改称(4月)
同年      校舎新築(11月)
昭和17年  緑蔭国民学校と改称(4月)
昭和22年  緑蔭小学校と改称(3月)
昭和35年  閉校(3月)

閉校記事を掲載する。

「部落民も寂しそう 湧別の緑蔭小で廃校式」
【湧別】「湧別町緑蔭小学校(校長尾張吉男氏)の廃校式が22日行われた。同校は大正5年7月に特別教授場として開校してから町立小学校となり、廃校になるこの日まで44年間、170人の卒業生を送り出し、谷間の部落の唯一の教育文化センタ-として部落の人たちから親しまれてきた。
しかし生活が困難なところなので移住する人が相つぎ、ことし2人が卒業して残ったのはたった7人になり、うち5人が遠軽湧別町東地区などへ移住することになっているので、あと2人しかいなくなるため、こんど廃校することになったもの。
こんご4キロ以上ある信部内小中学校へ子供を通わすことになるので部落の人たちの表情は複雑だ。同校の通学区域にある戸数は7戸で、かつてはもっと多かったのだが交通に不便なのと土地条件がよくないためつぎつぎと離脱し、この春にも3戸が新天地を求めて移住していく。だが、部落に残る人たちは『私たちはここで立派にやって行くつもりですが、学校がなくなるのはやはりとても寂しいことです』とやがて姿を消す母校をながめ感無量の面持ちである。」(『北海道新聞北見版』昭和35年3月24日)

P1130845.jpg
令和元年5月の廃校廃村探索2日目、最初に訪れた「学校跡がある廃村」である。
正面に見えるマツの木は、かつての屋敷跡か。

P1130844.jpg
振り返った風景。
牧草畑が所々広がっているが、学校は先である。

P1130846.jpg
植林風景が広がっている。

P1130847.jpg
屋敷跡の名残も無い。

P1130848.jpg
しかし、学校跡を示す記念碑、校門が在った。
緑蔭小学校の跡地である。

P1130849.jpg
校舎の基礎も残っていた。

P1130853.jpg
別角度より。
倒木や草で隠れてしまっているが、春先なら基礎がはっきり分る。

P1130854.jpg
校門を拡大。
周りは植林されているが。記念碑があるお陰でこの地にも人々の暮らした名残を見つけることが出来た。


参考文献
北海道新聞1960「部落民も寂しそう 湧別の緑蔭小で廃校式」『北海道新聞北見版』昭和35年3月24日
湧別町史編さん委員会1982『湧別町百年史』湧別町

滝上町白鳥松布

滝上町白鳥松布(平成23年8月・平成30年10月・平成31年2月・令和元年7月探訪)

白鳥松布は明治43年赤松次郎外16戸の美作団体、愛媛県人岸七助が入植したのが始まりである。
同年、岐阜団体55戸が入植予定であったが実現に至らず、長屋柳右エ門、小栗兼三郎、倉田庸吉、明治45年長屋与左エ門、吉田善右エ門、高知県人平地重一らが入植した。
大正3年滝上原野6線から10線間(5,7km)の道路が出来たが難路であるため、村当局に道路の開削を陳情したが実現できず、集落総出で大正14年7月に完成した。
児童たちは白鳥尋常小学校・滝美尋常高等小学校に通学していたが、遠距離であったため昭和初期頃より集落内に学校設置の要望があがっていた。
昭和7年 集落の片山国太郎、土屋新吾、直正宗一、長屋文四郎と滝上森林保護区員駐在所 伊藤清治主事の後援、相馬宗造の一反歩の寄附で「森林事務所用建物」の名義として校舎を新築。白鳥松府7線より奥地の4年生以下の児童を入学させたのが始まりとなった。
学校の沿革は以下の通りである。

小学校
昭和 8年 上白鳥特別教授場として開校(2月)
昭和15年 上白鳥尋常小学校と改称(10月)
昭和16年 上白鳥国民学校と改称(4月)
昭和22年 上白鳥小学校と改称(4月)
昭和49年 閉校(3月)

中学校
昭和31年 上白鳥中学校開校(9月)
昭和46年 滝上中学校上白鳥校と変更(4月)
昭和48年 閉校(3月)

昭和22年7月22日 村落に電灯が灯り、教室に1灯配される。昭和27年8月10日 村落内の畑地4反を購入し、運動場が設けられた。この時は校下の住民や青年団員が4日間、一日中整地作業に従事した。
昭和35年12月2日 屋内体育館が落成し、翌36年9月20日 新校舎が落成した。この年の11月30日に校歌が制定された。
校歌の歌詞を引用する。

1 山垣青く水巡る ゆたけき里に育まれ
  友のむつみもうるわしく 学ぶわれらに幸多し

2 明るく高き校風を 仰ぎてこころおおらかに
  人にささぐる広き愛 学ぶわれらに希望あり

3 まことの光もとめつつ はばたき強くかける鳥
  上白鳥の名をここに 学ぶわれらに誇あれ

昭和31年の児童数は74名であったが、過疎化の進行に伴い昭和40年には35名、昭和45年には25名にまで減少していた。
昭和46年4月1日 上白鳥中学校は滝上中学校上白鳥校と名称を変更したが昭和48年 中学校は滝上中学校に統合された。この年の児童数は8名にまで減少していた。

この年の運動会に臨席した教育委員会教育長の手記を引用する。

「つい先頃、といっても昨年(昭和四八年)の六月一五日、私はこの学校の運動会を訪れました。(中略)この日陽光もうららかで、まだウグイスも残り囀っていはしまいかと思われた。学童八名、校下の老若集まってにぎわしく、婦人部の出店サービスもあって、昔ながらの雰囲気もあり、和やかさの中で私もいつしか競技種目の一員に加わっていたのでした。このとき四人の六年生が卒業したあとは在校生四名の極少人数とはなるが、明年もまたこの楽しい光景が続くことを、私は疑うことがなかったのであります。」

ところが翌年の1月、地域内でやむを得ない出来事が起きてしまい、昭和49年度の通学児童が3名になること、将来の新入児童が皆無状態となり昭和49年3月31日 閉校となった。
閉校に際し、最後の校長はこう述べた。

「星霜四一年、学校としての歴史は終ります。しかし、母校は心の故郷、いつまでも同窓諸氏の心の中に生きていくことでありましょう。校舎の窓から見るあの山の木々から、グラウンドの土の中から、一本一本の草の中から、同窓二六〇名の四一年間に亘った喜びの声、悲しみの声、笑った声、怒った声、励ましの声が聞こえてくることでしょう。」

116_20120320165720.jpg
集落入口にある集会所と神社。

117.jpg
周辺には離農した農家の廃屋が朽ちつつも残されていた。

118_20120320165718.jpg
白鳥松布集落の奥にあった上白鳥小学校。
この時は夏の探訪だった。

119_20120320165718.jpg
「上白鳥小・中学校跡」という立派な石碑が建立されている。
それにしても、自然の石を利用した校門は興味深いものがある。

120_20120320165717.jpg
小学校の表札も、そのまま残されていた。

130.jpg
早速、校舎内を探訪する。

129.jpg
画像がぶれてしまい、申し訳ない。
閉校から30年以上経ち、校舎の傷みもひどい。

132.jpg
いつまでこの姿を保てるのだろうか。

135.jpg
便所。
小便器の数が多い。大便器も同じ数だった。

141_20120320165957.jpg
続いて、体育館に行ってみる。

143.jpg
体育館は既に半分が倒壊していた。
しかし奥に、卒業生が製作した作品がそのまま飾られていた。

144.jpg
昭和47年度 修了生製作。

145.jpg
こちらは昭和47年度卒業生製作。
酪農作業を表している。

146_20120320170441.jpg

147.jpg
上記2点は製作年度が分からなかった。
そして、何を表しているのか分からなかった。
ただ、下の絵は鳥と畑?、山が描かれているので、秋の収穫後の畑の風景を表しているのかもしれない。

139_20120320170440.jpg
学校を後にし、さらにダートとなった道を進むと年季の入った廃屋があった。

140_20120320170439.jpg
ダートの道より学校方面を眺める。

月日が流れ、平成30年10月にK.T氏と再訪した。

KIMG3560.jpg
7年の歳月は校舎の劣化を進行させていた。

KIMG3561.jpg
直感で「もう、永く持たないかもしれない」と思った。

KIMG3562.jpg
教室棟はまだ、辛うじて残っていた。

P1130663.jpg
平成31年2月、HEYANEKO氏らと訪れたときは既に解体されていた。
平成30年10月の探訪が、最後だった可能性が高い。

この探訪後、上白鳥小・中学校の卒業生より情報をいただき、令和元年7月A.D.1600氏、K.T氏と再び訪れた。

KIMG4377.jpg
学校手前にある神社。石段が残っている。

P1130910.jpg
「熊野神社跡地」の木碑が建立されていた。

P1130911.jpg
平成30年10月まで神社が在ったことが分った。

P1130913.jpg
熊野神社前の屋敷跡。

P1130914.jpg
学校跡(体育館)。
校舎は閉校後、一度も活用されないままであった。
学校前までが舗装道路で、学校より奥はダートとなる。

P1130916.jpg
やり取りを交わした方の屋敷跡へ行ってみる。

P1130920.jpg
橋の先には屋敷の基礎、野生化したマツの木が聳えていた。

追記
令和元年8月、レポートの大幅改訂

参考文献
滝上町史編さん委員会1976『新撰滝上町史』滝上町
滝上町史編集委員会2001『滝上町史続』滝上町
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR