小平町川上

小平町川上(平成28年10月10日・平成29年4月19日探訪)

小平町川上は農村集落である。

小平町滝下東和と同様、明治39年御料1線から24線までの農地区画割測設を経て翌40年から農地として貸し下げることになった。明治42年2月中野観文を招き入れ個人宅の庭先(歳桃久松宅)を借用、授業を始めたのが最初である。6月に大渕彗淳が教えたが10月に去り休業した。時々、歳桃氏が教えていたが明治43年菅原善四郎を招いて再開した。
児童数の増加により専用教場の必要性を痛感し、10月に小屋を建てて移った。
明治44年5月に小平蘂尋常小学校所属小平蘂御料第3特別教授場となった。校舎は従来の小屋を使っていた。
明治45年1月教員が来たが9月に去り、再び休業(大正2年4月まで)する。
大正2年4月に再び教員が来て授業が始まり、校舎も改築した。
大正4年小平蘂第3教育所(後の寧楽小学校)所属、翌5年度から御料第1教育所(後の達布小学校)所属に代わった。所属校も変わったが教職員の入れ替わりも激しく、落ち着く教員がいなかった。落ち着きを見せたのは昭和に入ってからである。
大正6年度より達布尋常小学校所属川上特別教授場と改称。昭和8年5月には滝下尋常小学校所属になった。
昭和9年度に川上尋常小学校と改称、昭和16年4月に川上国民学校と改称、昭和22年に川上小学校と改称した。

川上は「へき地教育振興法」適用校として多角的な補助が計画、実行された。列挙すると
①校舎2教室新築(昭和31年)
②へき地集会所(屋内体育館)新築(昭和32年)
③校長住宅改築(昭和33年)
④へき地学校風呂付設(昭和41年) である。

戦後開拓者の入植(9戸)もあったが、過疎化の進行に伴い住民は次々に転出。
「過疎地域対策緊急措置法」の適用を受け、学校は昭和49年3月末で閉校。集落は集団移転した。
移転先は小平市街地に「川上団地」を設け19戸が移転。3戸は達布に移転した。

学校の沿革は以下の通りである。

明治42年 中野観文を招き入れ歳桃久松宅の庭先を借用して授業開始(2月)。大渕氏が6月より教えるが10月で去り、休業
明治43年 菅原善四郎を招いて再開(9月)。小屋(校舎)建設(10月)
明治44年 小平蘂第1尋常小学校所属小平蘂御料第3教授場となる(5月)
明治45年 教員が去ったため休業(9月)
大正 2年 再開(4月)校舎改築する
大正 4年 小平蘂第3教育所所属小平蘂御料第3教授場と改称(4月)
大正 5年 小平蘂御料第1教育所所属第3特別教授場と改称
大正 6年 達布尋常小学校所属川上特別教授場と改称
昭和 9年 川上尋常小学校と改称
昭和16年 川上国民学校と改称(4月)
昭和22年 川上小学校と改称(4月)
昭和49年 閉校(3月)

閉校時の新聞記事を掲載する。

さようなら63年間の思い出 集団離農の小平・川上部落で廃校式 在校生が合奏披露 門標返還に涙ぐむ主婦

【小平】「〝さようなら、川上〟-部落ぐるみの集団移転に伴い63年間の校史にピリオドを打つ川上小学校の廃校式が24日行われた。春近しとはいえ、2メートル以上の雪にすっぽり包まれた同校には在校生3人のほか、部落住民のほとんどが出席、式場となった教室には住み慣れた地を去る惜情と近づく再出発の期待とが複雑に交錯していた。
 川上部落は約70年前、石川県、四国などからの入植者で切り開かれた。明治42年(1909年)から私設の教授場を開き、児童の教育を進めていたが、小平蘂第一尋常小学校所属御料第三特別教授場として公設認可があったのは同44年(1911年)5月。達布小所属川上特別教授場を経て昭和9年、川上尋常小として独立。戦後22年4月から川上小学校となった。大正2年(1913年)から、この日卒業した歳桃正弘君、片山悦子さんを入れ、ちょうど男100人、女100人の計200人の卒業生を送り出している。
 約15年前には45世帯を数えた校下も過疎の波に洗われ現在は22戸96人。水田経営に見切りをつけ、過疎地域集落整備事業の指定を受け、昨年、全道でも珍しい部落挙げての離農に踏み切り、町側もすでに市街地に川上団地用として1万平方メートルの宅地を造成、職業紹介も行い部落全員が木工場などで雪解けと共に第2の人生を踏み出すことになっている。
 廃校式に先立って行われた卒業式で西校長は2人の卒業生と4月から小平小に転校する3年生の歳桃明義君の3人に「川上は消えます。しかし君たちはこの学校を最後まで見守ったという気概を持って新しい出発を-」と激励した。
 また川上部落移転激励会を兼ねた廃校式でも五十嵐小平町長、桜井留萌支庁長、加藤留萌教育局長らが「川上の地を離れるのはつらいでしょうが、力強く第2の人生を踏み出してください」と3人の児童らと集まった約80人の住民を励ました。
 式の途中、西校長は思い出深い「川上小学校」の門標を五十嵐町長に返還したが、目がしらを抑える主婦もいた。さらに式の間、3人の在校生がマリンバ、アコーディオン、笛をもって器楽合奏を披露。校歌と「ふるさと」のメロディーは出席者の胸を強く打っていた。」北海道新聞留萌・宗谷版昭和49(1974)年3月26日

KIMG1399.jpg
達布を抜け、滝下東和を過ぎ、川上へ入った。
川上小学校跡地には農業施設が建っていた。

KIMG1396.jpg
傍には、集落にゆかりある人らの名前が刻まれた「懐古の碑」が建立されている。

CIMG9122.jpg
学校前の屋敷跡(H宅跡)前には、達布から伸びていた森林鉄道の築堤らしきものが残っていた。

学校より先へ進む。

KIMG0456.jpg
この辺りには戦後開拓入植者を含め、3戸の家があった。

KIMG0457.jpg
小雨が降り、足元もぬかるむ。
そして何より、クマの脅威である。

KIMG0459.jpg
平坦な土地(畑&屋敷跡)が所々にあったが、笹に覆われていた。

KIMG1401.jpg
もうひとつ、ここの「川上本流林道」にも既存農家と戦後開拓入植者が暮らしていた。
尚、達布から伸びていた森林鉄道はこの林道の先まで通じていた。

KIMG1403.jpg
川は濁流。落ちないとは思いつつも、慎重に渡る。

KIMG1405.jpg
雪の時期は集落の面影が分かる反面、「穴持たず」のヒグマの危険がある。
ここも当然、携帯電話圏外である。

CIMG9123.jpg
この辺りに1戸の家があったが、何も残っていない。
推測で、庭先の松の木が残っている程度である。

KIMG1409.jpg
振り返ると、森林鉄道の築堤らしきものが分かる。

KIMG1408.jpg
道はまだ続いているがこれ以上進むのは危険と判断し、引き返した。

余話
川上小学校の門標は道の駅「おびら鰊番屋」2階に展示されている。
KIMG0477.jpg
学校の門標は大事に保管されていた。
尚、隣にあるベルは富岡小学校で使用されていたものである。

参考文献

北海道新聞1974「さようなら63年間の思い出 集団離農の小平・川上部落で廃校式 在校生が合奏披露 門標返還に涙ぐむ主婦」北海道新聞留萌・宗谷版昭和49年3月26日
小平町史編集室1976『小平町史』小平町役場
鈴木 トミヱ2000『小平百話‐記憶の中の物語‐』小平町開基120年記念事業実行委員会
スポンサーサイト

小平町滝下東和

小平町滝下東和(平成28年10月10日・平成29年4月19日・4月25日探訪)

小平町滝下東和は農業から始まり、後に炭鉱で栄えた集落である。

明治39年御料1線から24線までの農地区画割測設が実施され、翌40年から農地として貸し下げることになった。
しかし、御料の区域があまりにも広大すぎることから明治41年12月特別教授場を2か所(うち1か所は私設校)開校、校名は小平蘂御料第2特別教授場と称した。
大正4年より小平蘂御料第一教育所(後の達布小学校)所属となり大正13年、校舎を御料13線に移転した。
昭和8年5月に滝下尋常小学校と改称、昭和16年4月滝下国民学校と改称。
昭和21年1月、失火により校舎全焼のため子弟らは営林署の小屋を借用したり、上記念別国民学校へ通学した。
昭和22年春、個人家屋を購入したうえで改造移転し、ようやく落ち着きを取り戻したが、教室が狭いため翌23年に増築、また昭和24年5月に閉校した上記念別小学校校舎を移転させ、職員室や教室に充てている。
昭和25年、中学校併置の認可が下り、27年7月まで共生した。
昭和31年11月、炭鉱開発により児童数が増えたため校舎を中学校へ移転した。
昭和38年より東和小学校と改称した。
昭和33年より日本炭業 達布福久鉱の採炭が始まり児童数も増えていったが、昭和42年7月で閉山した。
閉山後、農家以外の住む人は激減し僅かに残った児童も学校周辺にクマが出没したため自衛隊が児童の警護に当たり、昭和43年3月末に閉校となった。
学校の沿革をまとめると以下の通りである。

小学校
明治41年 特別教授場を2カ所(うち1カ所は私設校)開設・小平蘂御料第2特別教授場として開校(12月)
大正 4年 小平蘂御料第一教育所所属となる
大正13年 御料13線に移転改築
昭和 8年 滝下尋常小学校と改称(5月)
昭和16年 滝下国民学校と改称(4月)
昭和21年 校舎全焼(1月)
昭和22年 個人家屋を購入、改造移転(春)
昭和23年 校舎増築(10月)
昭和24年 閉校した上記念別小学校の校舎を移転付設(5月)
昭和31年 東和中学校に移転付設(11月)
昭和38年 東和小学校と改称
昭和43年 閉校(3月)
 
中学校
昭和25年 東和中学校開校(小学校と共生)
昭和27年 校舎移転(8月)
昭和43年 閉校(3月)

炭鉱が閉校し、生徒が減少する一方でクマの脅威があった。これから紹介する記事は、自衛隊がクマの掃討作戦を行い、児童生徒らをトラックで輸送する記事である。

自衛隊が山岳機動演習 奥地に追い込むクマ正面対決は避けて
「ヒグマの出没におびえる小平町では被害を未然に防止するため、留萌支庁を通して自衛隊の出動を要請していたが、留萌第26普通科連隊では6日から11日までヒグマの出る同町奥地一帯で山岳機動演習を実施ヒグマ掃とう作戦を支援することになった。
演習に参加するのは池田連隊長以下隊員600人と車輛60台、これから行う暑寒別岳その他で実施計画中の山岳訓練を変更して達布地区に集中して行うことにしたもので、部隊は達布、寧楽、滝下、下記念、川上などにヒグマの出没する地区に分かれて、夜は山中に天幕を張り幕営。6日間にわたって山岳戦を展開、推定30頭に上るといわれるヒグマを部落周辺から山中深く追い払う作戦である。尚池田連隊長は作戦準備のため4日現地を視察した。」

通学輸送始まる
「最近連日のようにクマの出没する小平町滝下地区で4日から自衛隊トラックによる児童生徒の通学が始まった。
 同町市街から約40キロ奥の滝下、川上地区は、けわしい山に囲まれた山村地域。最近20回程度に亘ってヒグマが水を求めて住民を脅かしているが、4~5キロもある山道を歩いて通学している児童生徒は、いつクマに襲われるかわからない-と町が支庁を通して要請したもの。これら川上小、東和小中の学童68人をクマの危険から守るため、4日から留萌自衛隊第1中隊の大倉3曹ら6人の隊員が東和小中学校に泊まり込みで生徒のトラック輸送を始めた。登校時の朝8時ころと下校時に、大型トラック1台で生徒を送り迎えしており、12日まで実施する予定だ。」上記2記事 日刊留萌新聞昭和42年9月5日

追込み作戦成功するか 600人が山岳戦 自衛隊達布地区に出動
「陸上自衛隊第2師団第26普通科連隊の山岳機動演習が、6日から小平町奥地の達布地区で始まった。
同訓練は当初暑寒別岳などで実施する計画であったが、小平町の要望もあってヒグマの出没におびえる達布地区で集中的に行うことになったもの。訓練には池田連隊長をはじめ、隊員600人と車輛約60台を動員。毎日のようにヒグマの出る達布、滝下、川上など4か所に設営、11日まで6日間にわたって実戦さながらの訓練を展開する。
 同地区一帯に7月末から推定30頭にのぼるといわれるヒグマが出没、学校生徒も自衛隊のトラックで通学するほど、部落住民は山オヤジの危険にさらされている。このようなことからクマ退治も兼ねた山岳訓練を行うもので、夜は山中に幕営、クマを山奥に追い込む奇襲作戦を行う。」
食糧現地で購入 連隊長の親心
「ヒグマの恐怖におののいている小平町達布地区住民を救うため自衛隊留萌駐とん部隊は6日から11日まで同地区で大がかりな山岳機動演習を開始した。
いつもの演習なら隊員めいめいが携行食糧を持参するのだが、今度は兵たん部を異動主食の米を除いてすべて現地調達で賄うことになった。
 これは炭砿、鉄道の閉鎖で達布の商店が困っていると聞いた池田連隊長が少しでも地域の人たちのためになればと親心を示したもの。何分600人からの部隊となると副食品や酒、甘味品(お菓子)煙草だけでも1日数万円はかかる。これを現地の商店や農家から買い上げて部落の人たちのふところを暖めようという趣向だが、思わぬ現金収入に部落の人たちも大歓迎、これを機に自衛隊に親近感を増すのではなかろうか。」上記2記事 日刊留萌新聞昭和42年9月7日

閉校式の記事を掲載する。

60年の歴史を閉ず 閉山で生徒激減 東和小中校で廃校式
小平町東和小中校の廃校式は、17日在校生29人、藤田校長ら教員、PTA、五十嵐町長、佐々木教委々員長ら来賓およそ100人が出席して同校で行われ、明治41年分校として開校してから60年間、446人の児童・生徒を送り出した歴史を閉じた。
 廃校式は17日午前10時30分から同校講堂で行われ、開式の後物故者の霊に黙とうを捧げた後、五十嵐町長が『みなさんの教育環境を良くすることに決めました』と廃校の理由を交えた式辞を述べ、藤田悌三校長が「東和校の教育目標である健康、勤労、自主創造、奉仕の4つを忘れず、達布校でも元気に勉強してください」と別れの言葉を述べ、竹村議長、町内校長会、東和校PT会長らが生徒を励ました。
 続いて五十嵐町長から歴代校長、PT会長、職員代表、生徒代表らに記念品が贈られ、生徒を受け入れる本間達布小校長と石崎同中学校長が「安心して達布にきてください、4月5日を待っています」とお迎えの言葉が述べられた。これに対し小学校代表の小学5年の三好明美さんが「滝の下で炊事遠足をしたことなど思い出は尽きません、学校は移ってもわたくしたちを忘れないでください、わたくしたちは転校して早く新しい学校になじむように努力します」中学代表の1年大屋慶治君も「炭鉱閉山がぼくたちの学校の歴史を変えてしまいました。しかしぼくらは東和で学んだことを一生忘れません」とあいさつ「つきせぬ小平の清流に、まことのちかいうつしつつ、かたき友情たからかに、こだまとひびく・ああ東和、われらが母校に光あれ」の校歌、続いて蛍の光を一同が合唱して廃校式を終えた。校歌と蛍の光を歌い終わるころ、大屋PT会長が感慨深く涙を流し女教師が声を出して泣いて閉山という社会の動きに廃校に追いやられた同行の閉鎖を惜しんでいた。」日刊留萌新聞昭和43年3月19日

KIMG0471.jpg
達布地区を通り過ぎ、おびらしべ湖(ダム)に来た。
このダムの底に、移転前の滝下小学校や集落が広がっていた。

KIMG0469.jpg
ダム湖畔を眺める。

CIMG9118.jpg
おびらしべダム湖畔の「小島」
この「小島」こそ、かつての滝下神社があった場所である。

CIMG9150.jpg
移転先の東和小中学校跡付近。
すっかり自然に戻っていた。

余話
戦後、滝下東和地区の隆盛を極めた日本炭業 達布福久鉱の入り口はこちらである。
KIMG1416.jpg
航空写真で確認すると、この林道のはるか先にコンクリートの遺構らしきものが写っていた。
しかしあまりに奥であることやクマ出没地帯なので、単独で行くのは止めた。

参考文献

日刊留萌新聞1967「自衛隊が山岳機動演習 奥地に追い込むクマ正面対決は避けて」「通学輸送始まる」日刊留萌新聞昭和42年9月7日
日刊留萌新聞1968「60年の歴史を閉ず 閉山で生徒激減 東和小中校で廃校式」日刊留萌新聞昭和43年3月19日
小平町史編集室1976『小平町史』小平町役場
鈴木 トミヱ2000『小平百話‐記憶の中の物語‐』小平町開基120年記念事業実行委員会

静内町高見

静内町高見(平成29年5月28日探訪)

静内町高見は戦後開拓集落である。

最初の入植は昭和4年8月旧土人給与地として開放許可され、54戸が入植した。しかし僻遠地であることや満州事変の勃発(昭和6年)が重なり開拓を断念し、国有地に帰した経緯がある。

昭和22年満州移民八紘団の引揚者20戸66名(団長 名児耶政四)が奥高見の地へ入植した。
当時は道もなく40キロの道を河原に沿って歩いて入地し、心あるものによって子弟の教育が行われた。「敷地は12坪位のコゴメが沢山生えている割合に起伏のないところに、皆が腰を下して坐ることにして、黒板は6尺に1尺5寸の4分板、白樺の皮の裏に問題を解き或は説明して」とあるように、屋根もない文字通りの青空のもとで授業が行われた。
やがて父母の協力の下、仮校舎が建設された。仮校舎は笹葺屋根、床や壁は丸太で組んだ山小屋式の建物である。
この校舎は2,3年で柱が傾くなどしたが校舎以外にも結婚式場、投票所、会議室、診療上、青年集会場、宿泊施設などあらゆる用途を果たした。

昭和23年開拓者に対する国庫補助費夜校舎建設の許可が出て速やかに建設委員会を設け、高見住民が一丸となって校舎の建設に取り組んだ。昭和25年11月に新校舎が完成、翌26年には独立校となった。

しかし、静内市街地から40キロ離れた地での営農は困難を極めた。
理由として  ①交通の便の悪さ
②土壌条件の悪さ
        ③気象条件が山間高地のため春が遅く秋が早い
        ④営農類型の策定が困難
        ⑤後継者不足 が挙げられる。
こうした条件が重なり、昭和35,6年頃より転出者が現れ始め、昭和39年1月全戸離農。昭和40年3月末で学校は閉校となった。

学校の沿革をまとめると以下の通りである

小学校
昭和22年 「青空学校」として授業開始(6月)
 同 年  仮校舎完成(12月)
昭和23年 御園小学校高見分校となる(4月)
昭和25年 校舎新築(11月)
昭和26年 高見小学校と独立(8月)
昭和40年 閉校(3月)

中学校
昭和32年 中学校開校
昭和40年 閉校(3月)

集落解散後、高見集落がダムの湖底に沈むことが決まり昭和54年、町の協力を得て「高見開拓之碑」が建立された。

閉校当時の新聞記事を転載する
18年の歴史閉じる 開拓入植者の全戸離農下山で 青空学級で有名な奥高見小中学校
【静内】校舎もなく、青空学校から始まった静内町高見小中学校が、全戸離農することになり、この7日に閉校式を行なうことになったが、事実上、18年間で廃校のうき目を見た。
高見開拓地は、静内町市街地から約40キロ奥地で、昭和22年5月に満州からの引揚者が入植、生活に追われて学校開設ものび、同年8月に低下する一方の子供の学力を何とかしなければ、と部落内で話しが持ち上がり、学校を建てるにしても、開墾作業を休むこともできず、林間に青空学級を開設したのが、高見小中学校の始まりである。
冬が近づいてきた10月、たき火を囲んで寒さにふるえながら勉強している子供たちの姿を見た部落民は、何とかして学校を建てようと忙しい開墾作業の合間をみては作業にかかり、雪が降り積もった12月下旬、丸太壁、笹屋根12坪の仮校舎が完成、16人の子供にとっては、待望の校舎である。
昭和25年11月上旬、現在の草屋根、板壁の校舎が完成、教材も徐々に整えられ、現在は坂本校長はじめ、4人の教員と小学校19人、中学校12人の児童生徒が在籍している。
しかし立地条件に恵まれない開拓者は、生活することができず、26年春には20戸の入植者のうち8戸が離農移転、さらに同年11月中旬と翌27年春に各1戸が離農、現在では開拓者9戸、既存農家2戸と4人の教員住宅だけとなってしまい、これも3月いっぱいで全戸離農することになり、これに伴って学校も廃校となるわけ。
このため町教委では、卒業式である7日に、関係者を集めて閉校式を行ない翌8日と9日の2日間で教材を運搬することになり、3月いっぱいで廃校されることになった。」(「日高報知新聞」1965年3月6日)

KIMG1705.jpg
まずは道道111号静内中札内線(日高横断道路)から見た静内ダムである。

KIMG1703.jpg
ダムの横に、高見へ通じる道道111号線が続くが、厳重に封鎖されている。
これでは行くことができない。

KIMG1662.jpg
そのため、三石ダム方面から行くことにした。
ゲートの鍵を開けて、先へ進む。

KIMG1664.jpg
ゲート手前の風景。
道はしっかりしている。

KIMG1667.jpg
しかし、進むうちに路面が荒れてきた。

KIMG1668.jpg
荒れた路面からは高見湖が見えた。

KIMG1671.jpg
荒れた道の先には丸太が積まれていた。造材の会社が出入りしているようである。

KIMG1673.jpg
丸太の先へ行くと、倒木があり行く手を阻んでいた。
ここは連携して倒木を取り除く。

KIMG1676.jpg
勢多橋を渡り、先へ進む。

KIMG1675.jpg
橋を渡った先を見ると。道が流出しており先へ進めなくなってしまった。
道は続いているが、これではお手上げである。

話し合いの結果、高見湖畔へ降りることにした。

KIMG1677.jpg
湖畔の風景。
ここに集落があり、学校や神社もあった。

KIMG1678.jpg
周囲を歩くと、コンクリートの基礎が残っている。

KIMG1682.jpg
旧道?らしき道も残っていた。

KIMG1681.jpg
対岸には学校跡地、高見開拓記念碑が残っている。
学校跡地へは行けなかったが、高見集落には到達した。

最後に、北海道新聞(胆振日高版)昭和34年7月26日に「辺地慰問の小林さん 高見小、中学校校歌を贈る」と記事がある。
ここで、新聞記事に掲載されていた高見小中学校の校歌(昭和34年7月制定)を掲載する。

作詞 名児耶喜七郎 作曲 小林幸男
遠くに望むペテガリの 流れる雲の青空に
明るい声が聞こえます 強く正しくむつみ合い
高見の良い子になりましょう

山百合匂う窓のはて 山鳩の声のどかなり
ひらける土がにおいます 教える心を学びつつ
高見の良い子は育ちます

参考文献

郵政省1960『静内・御園局郵便区全図 日高国静内郡』郵政省
静内町史編さん委員会1996『増補改訂静内町史上・下巻』増本一男
北海道新聞1959「辺地慰問の小林さん 高見小、中学校校歌を贈る」『北海道新聞胆振日高版』昭和34年7月26日
日高報知新聞1965「18年の歴史閉じる 開拓入植者の全戸離農下山で 青空学級で有名な奥高見小中学校」『日高報知新聞』昭和40年3月6日

様似町大泉

様似町大泉(平成29年5月27日探訪)

様似町大泉は発電所の集落である。
また、大泉は昭和16年からの字名で、以前は雄鳴蘂(オナルシベ)と呼ばれていた集落である。

雄鳴蘂に学校ができたのは明治45年「日高製材合資会社」所有の牧場事務室の一室を借りて開校したのが始まりである。「日高製材合資会社」は明治35年に建設され、当時日高管内で一番の木材会社であった。日高製材は大正6年「三井物産会社」に継承されることとなる。
大正2年、雄鳴蘂特別教授場校舎が落成するも、3年後の大正5年に廃止される。廃止から19年後の昭和10年に再開校した。
昭和17年に大泉国民学校、昭和22年に大泉小学校と改称する。
昭和27年東邦電化株式会社において、第三発電所のダム建設計画が持ち上がった。この計画により、大泉小学校を含め、集落全体がダムに沈むこととなる。このため、学校は移転した。住民らは海岸地方に散らばり、電力関係者の子弟が通う学校となった。
昭和34年幌満小学校大泉分校となり、昭和39年9月をもって閉校になった。

学校の沿革をまとめると以下の通りである。
明治45年 誓内尋常小学校付属雄鳴蘂特別教授場として開校(4月)
大正 5年 閉校(5月)
昭和10年 雄鳴蘂特別教授場再開(9月)
昭和17年 大泉国民学校と改称(4月)
昭和22年 大泉小学校と改称(4月)
昭和28年 ダム水没のため、校舎移転(12月)
昭和34年 幌満小学校大泉分校と改称
昭和39年 閉校(9月)

閉校時の記事を転載する。
58年の歴史閉ず 部落の開拓とともにあゆむ様似町幌満小学校大泉分校の廃校式
「【様似】町教育委員会では28日午前11時から幌満小学校大泉分校の廃校式を現地で行った。
当日の廃校式には留目町長、伊藤教育委員長、竹岡教育長も現地におもむき廃校式に参加したが、同校の廃校によって日高管内の分校は静内の高静小学校真歌分校もことしの春廃校しており、浦河町第二野深小学校滝の上分校がただひとつの分校となった。
大泉分校は様似町の幌満市街から幌満川沿いに約9キロ山奥にあり、明治45年誓内尋常小学校付属雄鳴しべ特別分教場として発足した。当時日高管財会社が近くにあった関係から一時は児童数も80人を超えたこともあったが、その後同会社が閉鎖したため大正5年5月に廃校となった。
しかし大正10年には大泉部落の開拓によって児童数も増加し20余人となり、昭和15年には28人にふえて同17年には大泉国民学校に独立した。
これも27年には旧東邦電化の第三発電所が開拓地に建設されることになり開拓地がダムの湖底に沈むことになって一挙に児童数は3人の児童しか在籍せず、日本一小さな学校として全国にラジオ放送で紹介されたこともあったが、その後3人、5人という時代が続いて31年には再び分校となって、昨年6人いた児童数もことし4月には4人にへり、日本電工ダム管理人の2人は日本電工の協力で本校に通学させることに決まり、1戸も自由労務者となって市街地におりることになって、児童は一人もいなくなってしまった。28日の廃校式には部落民も参加して行われたが、大泉の開拓と共にあゆんだ同分校もこの日で58年間の歴史を閉じることになってみんなかんがえ深けであった。」(『日高報知新聞』1964年9月29日)

CIMG9198.jpg
様似町幌満集落に建つ幌満小中学校。平成15年3月に閉校となった。

CIMG9201.jpg
大泉分校はこの先にある。
天候は雨。雨脚が強くなってきた。

CIMG9203.jpg
先へ進むとゲートがある。
ゲートをずらして進む。

CIMG9204.jpg
ゲートの先の風景。
雨は時折強くなり、半ばずぶ濡れになる。

CIMG9206.jpg
左手に薬師如来像(石碑)がみえた。この上には不動明王の祠がある。
しかし、雨が強くなってきたため深入りしなかった。

KIMG1636.jpg
幌満ダム第2発電所えん堤。 味わい深いえん堤である。

KIMG1637.jpg
えん堤のすぐ傍に第2発電所が見える。
幌満小学校からだいぶ奥へ来たが、学校はその先である。

KIMG1631.jpg
先へ進むと幌満川稲荷神社が見えた。

CIMG9209.jpg
碑文の解読を試みようとするも、雨で断念した。

CIMG9211.jpg
稲荷神社前の風景。
右手の建物は日高地方で最初に建てられた水力発電所である。

CIMG9215.jpg
ようやく学校跡(その1)と思われる場所へ到着した。
すっかり自然に戻っていた。

CIMG9219.jpg
周囲を探すと、井戸跡と思われる穴を見つけた。

CIMG9220.jpg
井戸の傍に古いビンが転がっていた。
ここに人々が暮らしていた名残である。

CIMG9217.jpg
もう少し先へ進み、学校跡(その2)と思われる場所も行ってみた。
コンクリートの破片も転がっていたが決め手が無く、分からなかった。

CIMG9218.jpg
一番奥に位置する幌満ダム。
悪天候の中であったが、古いビンや井戸跡を見つけ、人々が暮らしていた名残を見つけ出すことができた。

参考文献

郵政省1960『幌満局郵便区全図 日高国様似郡』郵政省
様似町史編さん委員会1962『様似町史』留目四郎
様似町郷土史研究会1968『変遷・躍進様似のあゆみ』高瀬正次
日高報知新聞1964「58年の歴史閉ず 部落の開拓とともにあゆむ様似町幌満小学校大泉分校の廃校式」『日高報知新聞』昭和39年9月29日

穂別町大和炭鉱

穂別町大和炭鉱(平成29年5月29日探訪)

穂別町大和は炭鉱集落であった。

昭和32年3月、大和鉱業株式会社が北海道炭砿汽船(北炭)から租鉱権を借り受け、炭鉱の開発を進めたのが始まりである。
昭和33年秋より事務所や社宅の建設がすすめられ、従業員の家族の招致が行われていった。
しかし最寄りの稲里小中学校まで約10キロあることから、当初は炭車に便乗して夕張市立登川小中学校へ通学していた。通学していた児童生徒は90名を超えており、夕張市より委託料(1人当たり2500円・登川小学校増築資金150万円)を請求された。このため、炭鉱及び豊進開拓団の子弟を収容する稲里小中学校大和分校を開設することになった。

学校の沿革は以下の通りである。

昭和34年 豊進開拓団会館・倉庫の利用、苫小牧林務署造林小屋・厩屋を改造して教室の確保(3月)
 同 年  大和鉱業所階上で開校式挙行、暫定校舎で授業開始(4月)
 同 年  仮校舎移転完了(9月)
昭和35年 大和小中学校と独立(4月)
昭和37年 新校舎建設着手(11月)
昭和38年 新校舎完成・移転(5月)
昭和43年 閉校(3月)

大和炭鉱はその後、採掘区域の深部移行に伴う維持坑道の増大や運搬方法の複雑化、多額の投資が必要なことから昭和42年10月に閉山した。

閉校時の記事を転載する。

児童会館として利用 今月末廃校の大和小中 将来は「こどもの国」に
「【穂別】穂別町立大和小中学校は、大和工業稲里鉱業所の閉鎖に伴い、3月末で廃校になるが、この建物が、市街地に移され、立派な児童会館として生まれ変わるばかりか、廃校の悲しみを打ち消すようにこの会館を中心として『子供の国』を設ける町の構想が同校関係者を喜ばせている。
 1026平方メートルの同校舎は38年6月完成したばかりで、まだいたみも少なく廃校という特殊事情がなければまだまだ利用できた建物。同校関係者は教育の場としてこの校舎がどのような施設に利用されるのか強い関心をもっていたが、同町としても悲しい廃校ということだけに、なんとか教育的なものにしたいと考え、将来も受けるはずだった児童会館計画を早め、北海道百年事業の一環として今年中に町営プール隣、6600平方メートルの用地内に建てる430平方メートルの児童会館に利用することを定めた。
 同会館内には集会室2室のほか、図書、調理室も併設、郊外校の子供たちが泊まれる施設にすることになっており、町の単独事業として800万円を新年度予算に計上、融雪とともに工事を始めることになっている。将来はこれに体育館も併設、子供向きの各種施設、設備も集約『子供の国』とする。
 こうして大和小中学校は同校関係者が望んでいた教育的施設に立派に生まれ変わるわけで、一代校長だった大沢勘太郎校長(56)も『私が開設し、自ら廃校の式典をしなければならないのはつらいが子供たちのために役立つ施設に改修されることで安心してあけ渡し新任地の苫小牧市立沼の端小学校へ赴任します』と救われたように話していた。児童会館だけでは資材が余るので、狭くなってきた保育所の増築にも一部利用することになっている。」(北海タイムス日胆 1968年3月24日)

CIMG9315.jpg
平成29年5月、日高管内の廃校廃村調査を終えた道中、大和炭鉱へ立ち寄った。

CIMG9314.jpg
「学校の記念碑がある」とのことだが、草木が生い茂っておりよく確認できない。

CIMG9322.jpg
川を渡り対岸を目指す。

CIMG9316.jpg
目指すは先にある笹薮である。

CIMG9317.jpg
笹薮の中に記念碑が見えた。
しかし、これでは見えない。

CIMG9318.jpg
手鎌でササを刈り取り、記念碑が見えるようにした。
ここに学校があった。

CIMG9321.jpg
校舎跡周辺を歩くが、全く何も残っていなかった。

CIMG9323.jpg
学校跡から戻り、住宅跡周辺を探す。
地形図によれば、学校の対岸に住宅があった。

CIMG9324.jpg
住宅跡は自然に帰っていた。
ただ、平坦な土地が続いていたので建物があったことは分かった。

CIMG9326.jpg
炭鉱の遺構関係は探さず、住宅周辺を歩き回る。
しかし、草木が生い茂りつつあったので深追いしなかった。

CIMG9327.jpg
炭鉱で栄えた集落は、草木が生い茂り自然に帰っていた。
ただ、平坦な土地と学校跡の記念碑がここに集落があったことを伝えていた。

最後に、開校から閉校まで校長を務めた大沢勘太郎先生の略歴を以下に記す。

ご苦労さま、勇退校長㊤ 多彩な人生経験生かし活躍 大沢勘太郎さん(60)=苫小牧市沼の端小=
「青森県むつ市出身。昭和6年函館師範卒後、夕張市東三川小訓導を経て、日高管内門別町厚賀小に着任したが、14年に旧満州開拓青年義勇隊の一員として渡満、終戦まで満州を舞台に東奔西走したという変わりダネ。無類の正義感の持ち主で、終戦直後、帰国する大阪開拓団約一千人を救うため大活躍した。帰国後は一時木材会社を経営していたが、昭和30年に請われて穂別小教諭、ついで炭鉱の子供たちのために開校した穂別町大和小中校長に就任し43年に沼の端小に移った。大沢校長は『心残りのない教員生活だった。今後は別な角度から苫小牧教育界を見守ってゆきたい』と今なお意気盛んなところをみせている。」(北海道新聞苫小牧版 1972年3月24日)

参考文献

穂別町史編さん委員会1968『穂別町史』穂別町役場
穂別町史編纂委員会1991『新穂別町史』穂別町
北海タイムス1968「児童会館として利用 今月末廃校の大和小中 将来は「こどもの国」に」『北海タイムス日胆』昭和43年3月24日
北海道新聞1972「ご苦労さま、勇退校長㊤ 多彩な人生経験生かし活躍 大沢勘太郎さん(60)=苫小牧市沼の端小=」『北海道新聞苫小牧版』昭和47年3月24日
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR