厚岸町小島

厚岸町小島(平成28年5月29日探訪)

厚岸町小島は漁村の集落であり、夏季間のみ居住し冬季間は無住になる集落である。

明治12年頃より昆布採取のため小島に来る漁民が現れはじめた。
明治30年頃になると漁場が設けられ、戸数は40戸を越し飯場も設けられた。
当時、島の北側は国泰寺、南側は田中、西北側は林の所有地で東側山麓一帯は官有地で草原地帯であった。
しかし、段々とニシン漁が不漁となったことや地形変動により戸数も10数戸と減少し、昆布漁を生業とする本来の姿に戻った。
この頃より島の子弟の教育に対する機運が高まり、明治37年 床丹簡易教育所附属小島特別教授場として開校した。
校舎は北側の国泰寺地内に建設したが、海水による決壊が甚だしく昭和10年に校舎を島中央付近に移転させた。
併せて、島の護岸工事を働きかけた結果昭和37年、北側に90メートルの護岸が設置され、電話・電気の導入、突堤9基が設置された。
学校の沿革を纏めると以下のとおりである。

小学校
明治37年 床丹簡易教育所附属小島特別教授場として開校(9月)
明治40年 小島簡易教育所と改称(5月)
大正 6年 小島尋常小学校と改称(4月)
昭和10年 校舎移転(12月)
昭和16年 小島国民学校と改称(4月)
昭和22年 小島小学校と改称(4月)
昭和39年 新校舎落成(10月)
昭和49年 閉校(3月)

中学校
昭和25年 神社において授業開始(5月)
      旧大黒島小学校校舎を移転し東側山麓に小島中学校校舎建設(5月)
昭和49年 閉校(3月)

閉校時の報道記事を転載する。

あゝ潮騒の学びや 70年の歴史にピリオド厚岸小島小中学校 入学児なく廃校涙の教育実践奨励表彰 PTA
「「潮騒の中での授業が懐かしい」-一周800メートルの小島で開校70周年の歴史を刻んだ厚岸小島小中学校(神田貫宗校長)が新年度入学児童ゼロのため今月17日の卒業式をもって長い歴史を閉じる。この学校を物心両面にわたりバックアップしたPTA(向山徳松会長)の永年の実践活動に対して釧路教育局は1日、釧路管内教育実践奨励団体として表彰した。表彰式には、厚岸小島で生まれ、小島とともに人生を歩んできた向山会長、神田校長ら4人が出席。晴れの栄誉を胸にしながらも大きな心の支えを失った悲しみをただよわせていた。
 厚岸小島小中学校が開校したのは明治37年9月1日のこと。以来、一周800メートルという小さな島の唯一の〝文化センター〟として部落民あげての支援体制が出来上がり、大正から昭和初期にかけて巻き起こった廃校問題に対し力を結集して連判状をかいて存続を訴え昭和2年から5カ年にわたり9戸の部落民が200円(当時)を出し合い、部落ぐるみで学校を守ったいきさつがある。
 こうした伝統に支えられ、厚岸小島小中にPTAが正式発足したのは24年10月。以来、本来的なPTA活動をはじめ、環境整備、家庭教育、生涯教育、教師のための足の確保(漁船運行)など、部落と学校が一体となって理想的教育の推進につとめた。しかし、新年度から新入学児童がいなくなることから開校70周年を迎えた学校に廃校問題が持ち上がり、PTA、部落民は「新入学児童が学校に上がる時期に再度開校」を条件に泣き泣き廃校に同意した。
 学校とともに歩んだPTAの永年の功績が認められ、阿寒町上徹別小、釧路村学校保健委員会、タンチョウ特別調査員の林田恒夫さんと並んで1日、釧路教育局から管内教育実践奨励団体として表彰されたが向山会長、神田校長、石崎勝副会長、監査の塚田正さんは寂しさをかくしきれずに複雑な表情。厚岸小島に生まれ、70歳になる向山会長は「孫は廃校になって4月から厚岸真竜中に通う。長い歴史を積んだ学校だけに廃校は心さびしい限り。」また、祖父の定太郎さんが小島小中の第1回卒業生で、父親の定次さん、そして親子3代にわたって小島小中を卒業したという石崎副会長は「非常に残念で悲しいことだ」と言葉少なに話していた。
 一方、神田校長も「部落には10戸と2世帯の教員住宅があるだけ。部落民と親子同然の家庭的つながりも生まれていたのに廃校は残念だ。新入学児童が50年から52年までの3年間、生まれないということもあるが、廃校の条件として3年後の開校を強く訴えた」とPTAの力強いバックアップに支えられた在任期間に深く感謝。4月からは潮騒の中での授業風景がもう見られなくなるが、部落民の心の中には教育実践奨励団体の栄誉と小島小中の思い出が深く宿りそうだ。」(「釧路新聞」昭和50年3月2日)

CIMG8295.jpg
平成28年5月 HEYANEKO氏の道東廃村調査のなかでもメインである小島の探訪が近づいてきた。
この時は顔見知りの仲間だけではなく、道新の記者の方も交えての探訪となった。
手前の島が小島、奥が大黒島である。

CIMG8296.jpg
漁船をチャーターして、小島へ出航した。

CIMG8300.jpg
漁船で廃校をたずねたのは人生で初めてであった。
北海道が遠くなっていく。

CIMG8302.jpg
小島に着いた。

CIMG8343.jpg
小島集落の風景。夏の間はコンブ漁で賑わう。

CIMG8310.jpg
小島小中学校の校舎は、今も使われている。

CIMG8312.jpg
教室内部。ここで島民から往時の小島の暮らしや学校との関わりについて伺った。

CIMG8325.jpg
聞き取りを終えると、それぞれ散らばって小島を散策した。

CIMG8327.jpg
教員住宅と思われる建物。

CIMG8329.jpg
ちょっと内部を覗いたが、腐朽が著しく深追いしなかった。

CIMG8341.jpg
島の北端部。かつてはこの先に校舎があったが、島の地形が海水で侵食、決壊されることから校舎は移転した。

CIMG8332.jpg
神社横に建立されていた石碑。大正4年9月 大正天皇御即位を記念したものである。

CIMG8333.jpg
小島で一番高い山。鳥の住処と化している。

CIMG8334.jpg
小島集落を俯瞰。
冬季は無人になるが、夏季はコンブ漁で賑わいを見せている。

参考文献
釧路新聞1975「あゝ潮騒の学びや 70年の歴史にピリオド厚岸小島小中学校 入学児なく廃校涙の教育実践奨励表彰 PTA」『釧路新聞』昭和50年3月2日
『70年のあゆみ』厚岸町立小島小中学校
スポンサーサイト

今金町美利河別

今金町美利河別(平成29年10月23日探訪)

今金町美利河別は昭和24年、外地からの引揚者や地元の二、三男の別家など美利河別川流域に入植した戦後開拓集落であった。

開拓地として本校(美利河小学校)から3,5キロから8.5キロの間に12戸が入植したが、積雪と人馬がようやく歩ける程度の道路条件の悪さであり、川には完全な橋もなく大雨や融雪期に流出する状態であった。
このことから本校からの通学が困難なため、昭和27年12月11日に美利河小学校美利河別分校が開校した。
学校の沿革をまとめると以下の通りである。

昭和27年 美利河小学校美利河別分校校舎落成(11月)
      同     美利河別分校開校(12月)
昭和31年 風車発電機設備完成(7月)
昭和41年 閉校(3月)

地元の方に尋ねると
『美利河別は今でこそ草木が生い茂っているが、元々はこんなに草木も生えていなかった。校舎の基礎は美利河別川から砂利と砂を採って、私が造った。』
『美利河別に神社はなく、お祭りは美利河と一緒にやっていた。』
『美利河別分校の校舎は閉校後、美利河市街に移築され地域の会館として使われていた。』と話してくれた。

KIMG2356.jpg
今金町立美利河小学校校舎。平成25年3月に閉校となった。

KIMG2358.jpg
校内には中学校の門柱が移設されて残っている。

KIMG2359.jpg
美利河駅跡地。跡地にはバス停留所がある。

KIMG2355.jpg
ここから先が美利河別である。
大雨の中、進む。

KIMG2327.jpg
広い草地の先に、サイロが残っていた。
集落の名残である。

KIMG2329.jpg
HEYANEKO氏からいただいた郵便地形図と照らし合わせる。
近くまで来ているが、学校跡は見つからない。

その時、一緒に訪れたラオウ氏が機転を利かせて地元の顔見知りのお宅へ行き場所を伺うことにした。
その結果、その方と一緒に案内していただくことができた。

KIMG2330.jpg
学校跡地。学校跡地は木々が生い茂っていたが、校舎の基礎がはっきりと残っていた。

KIMG2333.jpg
校舎の敷地内には、手押しポンプが残っていた。

KIMG2336.jpg
学校前の風景。
集落の痕跡も少なかったが校舎の基礎の存在も、知る人は少なくなってきている。

参考文献

郵政省1959「花石局郵便区全図 後志国瀬棚郡昭和34年5月15日現在」郵政省
今金町1994『今金町史下巻』今金町役場
今金町立美利河小学校閉校記念事業実行委員会2012『美利河 美利河小学校閉校記念誌』美利河小学校閉校記念事業実行委員会

浜中町三番沢

浜中町三番沢(平成28年5月29日探訪)

浜中町三番沢は農林業や交通の要衝も兼ねた集落であった。
集落の形成はいつごろかはっきりしなかったが、明治30年頃より農業や冬季間の薪材伐採で人々が出入りしていた。人々の多くは琵琶瀬、浜中の漁民であった。

学校は明治35年1月 浜中村立霧多布尋常高等小学校琵琶瀬分教場として開校した。
三番沢は交通の要所であったことから200~300人の人々が暮らし、商店や旅館もあって賑わいを見せていた。これは上記の薪材伐採の人々が冬季間、一時的に居を移していたことである。
しかし、釧路―根室間の鉄道開通(大正6年12月1日 釧路厚岸間、大正8年11月25日厚岸厚床間)に伴い、戸数が減少していった。

学校の沿革を纏めると以下のとおりである。

小学校
明治35年 霧多布尋常高等小学校琵琶瀬分教場として開校(1月)
大正 2年 霧多布尋常小学校三番沢分教場と改称(5月)
昭和10年 校舎移転(10月)
昭和16年 霧多布国民学校三番沢分教場と改称(4月)
昭和21年 三番沢国民学校と改称(3月)
昭和22年 三番沢小学校と改称(4月)
昭和30年 校舎新築(7月)
昭和47年 閉校(3月)

中学校
昭和23年 霧多布中学校三番沢分校校舎新築(8月)
      同 開校(9月)
昭和30年 閉校(3月)

閉校時の新聞記事を転載する。
70年の歴史にピリオド 浜中・三番沢小 なごり惜しみ閉校式
【浜中】ことし限りで70年の歴史を閉じる三番沢小学校(中島浩校長)の閉校式が19日午前10時から、卒業式にひき続いて行われた。
 同校は、道有林の広がる三番沢地区に明治35年に開校した。かつては釧路―根室間の交通の要所で、林業のほか、商店、はたごやもあって戦前には60人近い在校生がいた記録があるが、戦後は林業以外の産業がないため住民の転出が相次ぎ、最近は校下の住民は10戸たらず。その大半が近く茶内市街などに移転しようとしている。
 こうした地域の過疎化を反映して同校は1学級6人の辺地4級校。ことし2人の卒業生を送り出すと残るのは4人で、新入自動は1人。しかも校下には現在1歳にならない赤ちゃんがいるだけなので、ことし限りで廃校することになり、児童たちは新学期から約7キロ離れた茶内小に通学することになった。
 閉校式は在校生、卒業生と喜島町長、岩田教育長、校下の父母ら約180人が出席して開かれた。
 岩田教育長、中島校長らが『長い歴史を持つ本校もついに閉校することになりました。この学校で学んだことを誇りにして今後も一生けんめい勉強してください』とあいさつ、児童たちも『この学校がなくなっても楽しかった思い出を忘れないでがんばります』と答え出席者全員が同校の思い出を語り合って別れを告げていた。」

CIMG8363.jpg
三番沢の名称がついた「三番沢林道。」
この道を進む。

CIMG8364.jpg
道中の風景。
しかし、道を誤っていたことがわかり引き返して別な林道より再度、アプローチを図る。

CIMG8365.jpg
学校跡地に着いた。
何かないか、周囲を歩く。

CIMG8368.jpg
学校池の名残だろうか?

CIMG8372.jpg
一本の棒が朽ちかけつつも残っている。学校の標柱かは分からなかった。

CIMG8369.jpg
学校傍には神社の拝殿が残っていた。
正確には「三番沢山神社」と呼ばれ大正10年12月12日創建。
創建に携わった方は藤代吉五郎・上田藤五郎・大沢幸吉であった。

CIMG8370.jpg
祭典は5月12日と12月12日、年2回行われていた。

CIMG8373.jpg
奥に布のようなものがあったので引っ張り出すと、神社幕であった。
写真に撮った後、元にあった場所へ戻した。

CIMG8374.jpg
折角なので、移転前の校舎跡地も訪ねてみた。

CIMG8376.jpg
周辺を見ると、倒壊した作業小屋の屋根が見えた。

CIMG8377.jpg
移転前の校舎跡地。

CIMG8379.jpg
校舎の基礎が残ってないか探したが、見当たらなかった。

参考文献
浜中町役場1975『浜中町史』浜中町役場
浜中町2015『新浜中町史』浜中町
北海道新聞1972「70年の歴史にピリオド 浜中・三番沢小 なごり惜しみ閉校式」北海道新聞釧路・根室版」昭和47年3月20日
編者不明1995『三番沢小学校』

日高町三島

日高町三島(平成23年10月22日・平成29年5月29日探訪)

日高町三島は、大正7年福島団体(渡辺泰治ら15戸)が入植したのが始まりである。
しかし団体は集散を繰り返した後、戦後に解散してしまう。残留者は専業農家として留まった。

三島の本格的な集落形成は大東亜戦争時のクローム鉱山開発に伴い、三井鉱業千栄鉱業所として操業したことからであった。
従業員の子供たちのため昭和22年9月 千栄小学校三島分校として発足する。
「三島」の名前の由来は「三井鉱山」の『三』と、「福島団体」の『島』から取って名づけられた。

クロームの採掘は昭和22年11月に閉山する。
この時、校舎は集落の中央ではなかったため、村議会の議決を経て昭和23年7月 字千栄263番地に校舎を移転した。校舎は鉱山時代の社宅を改装したものであった。
昭和24年4月 三島小学校と改称。当時の児童は男15人 女12人の27名であった。
昭和29年12月 校舎を新築し、翌30年3月31日 附属集会所が完成する。
昭和34年頃の児童数 36名がピークだった。以降、過疎化により減少する。
昭和41年まで児童数二桁を保っていたが、42年から一桁となってしまう。
この頃より学校統合や、統合後の集落の要望などの問題が話し合われた。
昭和48年11月、PTAが中心となり閉校式を見越してサクラ、カエデ、ナナカマドを植樹し「三島小学校跡」を建てた。「三島小学校跡」に閉校式の録音テープ、学校の歴史などを入れたタイムカプセルが埋められた。

昭和49年3月10日、閉校式が行われ閉校となった。


017.jpg
学校跡手前に残るサイロ跡。
車幅も狭くなり、この先にあるのだろうか?と心細くなる。

018.jpg
学校跡が見えてきた。

019.jpg
三島小学校。へき地3級の学校だった。
元々はクローム鉱山だったが、鉱山閉山後は農山村の学校であった。

021.jpg
集落(学校)の歴史を紹介している。

022.jpg
校舎跡はすっかり自然に還っていた。

023.jpg
学校跡地より手前の風景。
山あいの平地に人家がポツンポツンと点在していた。

時は流れ、平成29年5月にHEYANEKO氏らと一緒に再訪した。

KIMG1746.jpg
学校跡地は変わっていない。
石碑のある辺りに、校舎があった。

KIMG1753.jpg
笹薮と化した校地を探すと、国旗掲揚塔の基礎が残っていた。

KIMG1752.jpg
折角なので、学校より奥も訪ねてみる。

KIMG1754.jpg
学校の先には牧場があり、のどかな風景が広がっていた。

追記

閉校時の新聞記事を掲載する。
さよなら三島小 27年の歴史閉じる 校庭に「タイムカプセル」3人の児童別れの人形劇披露
「【日高】過疎のため新年度から隣の千栄小に統合される三島小(井上文雄校長、児童3人)で10日、閉校式が行われた。長い間同校に親しんできた地元の人々や学校関係者約80人が集まり、式典で同校27年間の歴史をしのんだ後、3人の児童たちが演じる人形劇を鑑賞、全員で校庭の一角にタイムカプセルを埋めて同校に別れを惜しんだ。
 昭和22年に開校した三島小は、4月から約5キロ離れた千栄小に統合される。本年度3人になってしまった児童たちは、23日の終業式で三島小の生活にピリオドを打ち、再出発を期して10日、閉校式の運びとなったもの。
 式典の出席者は渡辺町長、谷口町教育長、阿部町教育委員長、福島日高教育局次長、それに同校の卒業生や歴代職員、地元関係者ら。井上校長は同校の沿革を説明し、同校の歴史を支えた数々の功労者を紹介した後「千栄小に行ってもしっかり勉強して下さい」と、児童たちを励ました。
 この後「小規模校でもこんなに文化活動が」-と、3人の児童たちが8体の人形を使って人形劇「金貨ざくざく物語」を見せ、出席者の拍手を浴びた。
 閉校式のハイライトは、同校の思い出を末永く地中に保存するタイムカプセルの埋設。井上校長と地元の人々が知恵を絞って昨年秋から準備を進めてきた計画で、校庭の一角に同校ゆかりの記念写真、録音テープ、文集などをいっぱい詰めたポリエチレン容器を埋め、後世に残すことにした。
 いずれ校舎は取り壊される運命の中で、カプセルを埋める一角だけは記念植樹などですでにしっかり整備済み。小高く盛り土したこの一角の周りに出席者全員が集まり、しっかり密閉したポリエチレン容器が地中に埋まるのを感慨深げに見守っていた。」(北海道新聞日高版1974年3月12日)

参考文献

北海道新聞1974「さよなら三島小 27年の歴史閉じる 校庭に「タイムカプセル」3人の児童別れの人形劇披露」『北海道新聞日高版』昭和49年3月12日
日高町史編纂委員会1977『日高町史』日高町役場

大樹町光地園

大樹町光地園(平成28年5月30日探訪)

大樹町光地園は戦後開拓集落である。

戦前から戦中にかけては短角牛の放牧や馬の自由放牧地として利用されていただけであった。
 昭和22年8月に14名が大樹村を訪れ、開拓地に登る麓のヌビナイ川支流のほとりに合掌小屋を建て、開拓の準備に着手した。
 昭和23年ブルドーザー、トラクターを駆使して開拓が始まった。
 昭和24年には12戸72名に加え、5名が入植した。同年、集落名が「光地園」と命名された。由来は樺太抑留時代、同志によって考えられていたもので『光が地に一面に輝く園という楽園を建設する希望』であった。
 昭和25年光地園小学校が開校(4月1日)、中学校は小田の分校として開校した。
 昭和27年に中学校も独立。この年から翌年にかけて電灯施設の整備、昭和34年には開拓診療所、会館も建設された。また、和牛の導入も行われ既存の集落に勝るとも劣らないまでに整備されていった。
 ところが、昭和39年に大冷害が北海道を襲い、光地園も大打撃を受けた。農産物の収入は上がらず物価の上昇で生活費は嵩み、負債の累積も重なった上の冷害である。
 この時、金沢大学の学生によって光地園小中学生15名を冬季間、集団里子に預かることになった。
 昭和40年の営農計画は2~3戸に過ぎず、大半は出稼ぎと和牛の飼育という不安定な生活であった。住民は集団里子の関係で金沢市や出稼ぎ先等に転出していった。
昭和43年3月、光地園小中学校は閉校した。閉校時の報道記事を転載する。

18年間、開拓地に文化の灯 光地園小中で廃校式
「【大樹】開拓地に文化の灯をともし続けて18年―光地園小中学校が26日、静かにその歴史を閉じた。重なる冷害、凶作と離農者の続出で、児童、生徒わずか8人。〝光りはこの大地から〟―その開拓の夢は音もなくくずれて廃校となった。汗と涙のにじんだこの大地は、やがて国営の大規模草地改良事業から始まり、町の酪農振興の基地としてよみがえる日も遠くはない。光地園の春はおそく、大樹町市街地の西方21キロ、まだ雪深く、樹氷咲く山奥に、開拓の受難の歴史を刻むように建つ、古ぼけた小さな校舎で、この日、最後の卒業式と廃校式が行われた。
 山口校長以下教員4人。小学生3人、中学生5人。『日高の山の輝きに、われらの力はずませて…』―そろって校歌を歌った後、小林昇と上野則子さんの2人に、山口校長か中学校卒業証書を授与、『社会の役に立つ人間になってください』とあいさつ。9年間の義務教育を終えて同校を巣立った生徒の数はこれで62人。この2人が最後となった。
 『わたしたちのために尽くしてくださった、おにいさん、おねえさん』『わいてくる思い出の泉。運動会、修学旅行…』『元気にがんばってください』『きっとがんばります』―在校生と卒業生の〝呼びかけ〟の声は感動に震え、ささやかながら厳粛な式を閉じた。
 引き続き廃校式に移ったが、かつての教員や同窓生も駆けつけて出席者30数人。沢崎教育長、高橋町長、高島町議会議長らが『離れ離れになっても、開拓魂でがんばってください。先生たちも十勝の子供たちのために活躍してください』とあいさつ。吉田PTA会長が、慣れぬ手にクワを持って不毛の大地にいどんだ思い出を語ると、会場のあちこちからすすり泣き。
 樺太からの引き揚げ者14戸が初めてクワをおろし、『光地園』と名づけて理想郷建設を目ざしたのは昭和22年春。その子供たちの教育の場として25年、光地園小学校が誕生、27年9月に中学校が併設された。開拓者もふえ、33年には52戸、児童生徒も60人余りを数えたが、その後相次ぐ冷害凶作に耐えかねて離農者が続出。いまではわずか3戸を残すだけという寂しさ。
 しかし、この3戸は光地園に根強い愛着を持ち、これからも歯を食いしばって、この地で生活を続ける決意が固い。このため中学2年の小林洋子さんと吉田美穂子さんの2人は4月から大樹の市街に下宿して通い、あとの4人の小、中生は教員の子供で転校となる。小林さんはみんなの前で『この校舎が風雨にさらされて消えてゆくことを考えると寂しい。しかし学んだことは消えません。新しい学校へ行ったら、一生懸命努力します』と、別れの言葉を述べた。教室のすみずみまでしみ込んだ思い出をかみしめるように―。
 43年度からこの光地園の離農跡地600ヘクタールを利用して、国営の大規模草地改良事業が実施され、51年度に完成の予定だが、町では乳牛1万頭飼育の基地とする計画であり、開拓の夢破れたこの土地もやがて新しい大地として、たくましく生まれ変わることになる。」(北海道新聞十勝版1968年3月28日)


CIMG8429.jpg
大樹町尾田からつづら折のカーブを登っていくと光地園集落に入る。
道中、古い家屋が目に入る。

CIMG8430.jpg
家屋の先の風景。ひたすらまっすぐ進む。

CIMG8424.jpg
学校手前に建立されているのは『家畜感謝之碑』。

CIMG8425.jpg
その横には祠がある。
『大樹町史』には昭和34年に馬頭観世音碑が建てられ、と記されているが馬頭観世音かは分からなかった。

CIMG8426.jpg
光地園小中学校はこの先にあった。現在は町営光地園牧場(昭和49年度完成)の敷地内になるので立ち入りせず、遠望にとどめた。

CIMG8428.jpg
学校手前の風景。学校は閉校になったが現在も町営牧場として利用されいる。

参考文献

北海道新聞1968「18年間、開拓地に文化の灯 光地園小中で廃校式」『北海道新聞十勝版』昭和43年3月28日
大樹町1969『大樹町史』大樹町
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR