FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八雲町夏路 S氏の証言・墓地探訪

P1130451.jpg
八雲町立大関小学校夏路分校 閉校記念碑

私は昭和30年に夏路分校を卒業した。
中学は大関中学校だったが、夏は自転車、冬は徒歩かスキーで十三曲りを越えて通った。

馬は馬車として、よく利用していた。
特に荷物を積んで八雲市街へ降りるとき、川べりをふと見れば一緒にクマも歩いていたこともあった。
 
私の家では当時、クルマを所有していたのでしょっちゅう集落の人から「病院に行くからクルマに乗せていってくれ」と頼まれ、仕事がすすまなかったこともあった。

P1130449.jpg
夏路に残る神社の鳥居

サックルに住んで、転出していった人の多くは駒ヶ岳方面が多かった。
サックルではデンプン工場が何軒も操業していたが私の家が最後まで操業していた。
中学時代(昭和30~33年頃)水路を利用した発電施設を考えたが、必要としていたモーターが高価であったため買うことができなかった。その為、自転車でモーターを発電させた。
 
昭和35年5月 サックルで強盗事件が起きた。
サックルには営林署の飯場があったが飯場で働いていた人が、Fさんのおばあちゃんを襲い、金銭を盗んだ。
私は当時、畑仕事をしていたが手を振っていた(手招きしていた)ので何かと思っていくと、「強盗に襲われた」と聞かされた。
犯人は山側の道を通り、鉛川まで徒歩で逃げたが捕まった。

P1130455.jpg
集落風景

墓地は北海道電力の送電線から八雲よりのヤチ(湿地)があり沢(クマが出る沢)の上にあった。
Fさんのおばあちゃんの葬儀は墓所へ行って地面が見えるまで雪を掘り、薪を積んで中間に棺を置き、その上に薪を積んだ。
これだけでまる一日費やした。

牛が出産する際、産まれてくる仔牛を引っ張った。
人手が足りないときは先生も駆け付け、応援した。何かあれば先生も手伝ったりした。
集落と学校は家族のようなものであった。

父も母もサックルにいたかった。私も山にいたかった。山を下りる前、トラクターや作業農機具類を購入していた。
子どものことや、学校が閉校になることは予測できていたので山を降りた。
子どもがいなかったらまだ山に残っていたかもしれない。生活を第一に考えていた。


聞き取り後、墓地跡を一緒に調べたがこの時は分らなかった。
翌年、墓守をされていた方(80代半ば)と一緒に墓地を案内していただくことが出来た。

墓地の名称は「富咲墓地」
しかし、墓地までの道は笹藪で覆われているので草刈機を用いて進む。

KIMG0346.jpg
草刈機でササを刈って進む。

KIMG0354.jpg
富咲墓地

KIMG0348.jpg
正面の盛り上がった土が墓である。
墓守をされた方の話しでは「眠っているのはK一族だと思う…」

KIMG0347.jpg
足元に鎖。
「棺を鎖で繋ぎ、馬で運んでいたものではないか…」とのことであった。


聞き取り           平成27年5月 4日八雲町にて
墓地調査(墓地の写真)  平成28年9月24日撮影
集落の写真       平成30年9月22日撮影
スポンサーサイト

明けましておめでとうございます

新しい1年が始まりました。

昨年はたくさんのお返事や情報有難うございました。

今年もクマやダニに気をつけながら北海道内の廃校廃村めぐりを楽しみ、レポートしたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

                                    平成31年(2019年) 元旦

ニセコ町二王子

ニセコ町(狩太町)二王子(平成30年6月10日探訪)

二王子は発電所集落である。

大正15年11月、王子製紙株式会社尻別発電所第二王子事業所として創業されたことで発電所集落として栄えた。
発電所は大正13年3月鹿島組によって工事が開始され、敷地の北部は大田農場の寄付、南部は須浪農場の一部を買収したものである。
発電所創業に伴い従業員の住宅も建設されていったが、従業員の子弟らは藤山尋常小学校に通学していた。
だが、通学までの道は険阻な坂道や危険な吊橋、積雪による歩行困難な箇所があり狩太村としても協議を重ねたが財政上不可能であった。
そこで大正15年苫小牧工場長足立正より道庁技官中川健蔵へ私設小学校認可願を出し、昭和2年私立王子第二尋常小学校として開校した。
学校の沿革は以下の通りである。

昭和 2年 私立王子第二尋常小学校として開校(2月)
昭和16年 王子国民学校と改称(4月)
昭和22年 王子小学校と改称(4月)
昭和36年 閉校(3月)

閉校時の記事を掲載する

王子小学校で閉鎖校式
「【狩太】町立王子小学校=海老名礼太校長=は昭和2年2月、王子製紙会社の私立学校として創立してから満35年を経たが、王子尻別発電所のオートメーション化と狩太駅近くに従業員アパートを建設するにともない児童数は4人となったため31日限りで閉校することになった。閉校式は31日午後1時から最後の4人の修業式をかねて行なわれ、町長、町教委、王子製紙代表など参列のもとに修了した。このあと学芸会も開かれ校舎と別れを惜しんだ。」『北海道新聞後志版 昭和36年4月1日』

P1130298.jpg
平成30年6月、HEYANEKO氏と北大の大学生と訪ねた。

P1130297.jpg
一面、畑が広がっている。
地元の方に話を伺うと、かつては住宅や映画館もあった、とのことである。

P1130302.jpg
学校跡地は広大な畑になっていた。

P1130300.jpg
電柱を見ると「第二発電所」の名前がある。

P1130303.jpg
学校より奥には、今も尻別川第二発電所が稼動していた。

参考文献
狩太町史編纂委員会1960『狩太町史』狩太町
北海道新聞1961「王子小学校で閉鎖校式」『北海道新聞後志版』昭和36年4月1日

士別市伊文

士別市伊文(平成30年5月20日探訪)

士別市伊文は農村集落であった。

明治41年岐阜県より7戸(鈴木国松団長)、石原定衛門を団長とする4戸の計11戸の入植が最初である。上記にもあるように農山村集落であるが、入植より以前の明治34,5年頃には砂金採取が行われていた。砂金は明治45年に伊文5線川にて、また昭和17年から20年にかけて北進鉱業有限会社がそれぞれ採取した記録が残っている。
明治42年、イヌンウシュベツ5線中村清吉宅の一室を改造し、本間清八(岐阜県人)を迎え入れて寺子屋形式の授業が行われ始めた。

戦後、畑地かんがいを含めた農業用水の確保や土地基盤整備を行った排水管理の合理化、機械作業体系の拡充を目的とした温根別ダムが建設されることから、昭和49年に集落は解散した。

学校の沿革は以下の通りである。

小学校
明治43年 イヌンウシュベツ6線東3番地に移転新築(3月)
明治44年 犬牛別簡易教育所と改称(11月)
大正 6年 犬牛別尋常小学校と改称(4月)
        伊文尋常小学校と改称(5月)
昭和16年 伊文国民学校と改称(4月)
昭和22年 伊文小学校と改称(4月)
昭和26年 犬牛別8線西3番地に校舎移転新築(10月)
昭和49年 閉校(10月)


中学校
昭和22年 温根別中学校伊文分校として開校(5月)
昭和29年 伊文中学校と改称(7月)
昭和49年 閉校(10月)

P1130210.jpg
平成30年5月、HEYANEKO氏らと訪れた。
学校は、この道の先にあった。

P1130211.jpg
しかし、すぐそこで道が水没していた。
学校跡地は到達できなかったので、A.D.1600氏とHEYANEKO氏が先行してダムを見に行った。

P1130212.jpg
ラオウ氏と私は遅れて行く。

P1130222.jpg
クルマの車窓から「何か」見えた。
ラオウ氏に「何か、見えましたよ」と言い、クルマから降りて見る。

P1130215.jpg
見ると、記念碑が建立されていた。
手前は「感謝悠久」、奥は「望郷懐旧」の碑である。

P1130216.jpg
望郷懐旧の碑。

P1130217.jpg
裏面

以下、碑文

温根別ダム建設のため明治四十一年入植以来六十六年間の伊文の歴史を閉じるに至った
ここに開拓当時の入植者を偲びさらに歴代在住者が子子孫孫に至るまで故郷を愛し懐旧の念のあることを願ってこの碑を建立する

昭和四十九年十月二日 伊文地区解散 閉校期成会

開拓当時の入植者
馬渕松五郎 浅野目又吉 中村清吉
石原秋五郎 細川●四郎 石原金八
佐伯亀三郎 鈴木喜太郎 鈴木喜平
竹村喜太郎 足立清次郎 鈴村国松
松井源兵衛 浅野目勇吉 松井信助
後藤周次郎 松野栄之助 野村嘉吉
石原定右エ門 以上一九名

解散当時在住者
石原 保  石原 博  井上 茂
後藤喜一郎 大島文太郎 樫原武志
加納利平  後藤義雄  後藤久雄
鈴木純一  鈴村市郎  立井義房
山田弥伝次 中村喜代典 髙橋一盛
成沢 肇  新山倉吉  野村岩雄
芳賀正男  堀内マサ子 馬渕豊一
和田力夫  宮本 勇  清水行応
沢田幸雄  水島 繁  二瓶 清
小野和利  竹野修一  岡本佐市
門馬春男        以上三一名

●はけもの偏に「士」「口」「付」と書かれていた

P1130218.jpg
次に、「感謝悠久」の碑の裏面。
以下、碑文。

国営温根別ダム建設に伴う地元負担金充当の基金として水没等補償を受けた次の各位から多大の負担を与せられたのでこのダム建設が緒につくに至ったものである
ここに深く感謝の意を表し永遠にその威徳を偲ぶため着工にあたりこれを建立する
昭和五十一年九月九日 温根別土地改良区 理事長 後藤善重

岡本佐市殿  山田孝雄殿  加納利平殿
似内正義殿  山田弥伝次殿 加納利秋殿
中村清吉殿  馬渕豊一殿  野村岩雄殿
中村喜代典殿 馬渕幸蔵殿  立井義房殿
鈴木純一殿  門馬春男殿  後藤喜一郎殿
石原継一殿  後藤義雄殿  後藤嘉明殿
石原  保殿 後藤久雄殿  新山倉吉殿
和田  誠殿 髙橋一盛殿  成沢  肇殿
和田力夫殿  髙橋忠正殿  伊文草地利用組合殿
石原  博殿 鈴村市郎殿  伊文生産組合殿
石原秋五郎殿 大島文太郎殿 士別市殿
樫原武志殿  堀内政子殿

※この時は碑があるのを確認してからHEYANEKO氏と合流後、改めて碑文を撮影した。

2つの碑が建立されているところは、かつての神社跡である。
神社は明治45年、伊文集落のほぼ中央に祠を建てて大国主命を祀り「大国神社」と呼ばれていた。
伊文ダム建設工事が着工され、水没することから昭和49年9月20日に温根別神社に合祀された。

P1130219.jpg
HEYANEKO氏と合流後、温根別ダムを見つつ碑について話した。

P1130214.jpg
水没した伊文集落に今なお残るコンクリートの建物。
この建物は、伊文生産組合が昭和39年頃に建てられた飼料倉庫である。

参考文献

士別市1969『士別市史』士別市
士別市史編纂室1989『新士別市史』士別市

京極町東花

京極町東花(平成30年6月24日探訪)

京極町東花は農村集落である。

明治41年、向出次一ら20戸の加賀団体が入植したのが始まりである。着手小屋を建て、現在の公民館から数キロの道を通いきり、開拓していった。
明治42年に東花に移住し笹小屋を建てて生活が始まった。この頃は楢の巨木が枝を張り、草木は生い茂り笹小屋の周囲にはクマが出没し、小屋の中に入ってくることもあった。
学校は明治43年4月東倶知安第一尋常小学校付属東カシプニ特別教授所として開校したのが始まりである。大正12年には東倶知安第三尋常小学校(後の錦小学校)から独立し、校舎が建設された。
元々は「14区」と呼ばれていた地域を初代校長が「村の東方に文化を」の理想に基づいたもので「東化」と呼称したが、昭和16年の字名改正により東花に改正された。
集落の主要作物はソバ・イナキビ・ササゲであったが大正10年頃より酪農が導入された。

学校の沿革は以下の通りである。

小学校
明治43年 東倶知安第一尋常高等小学校所属東カシプニ特別教授所として開校(4月)
大正 2年 東倶知安第三尋常小学校所属東カシプニ特別教授所と改称(10月)
大正12年 東化尋常小学校と改称(4月)
昭和16年 東花国民学校と改称(4月)
昭和22年 東花小学校と改称(4月)
昭和51年 閉校(3月)


KIMG2695.jpg
平成30年2月、錦の先にあった東花へ行こうとしたが、積雪により断念した。
学校は、ここから結構先にあった。

P1130388.jpg
6月24日、錦の再訪後に足を運んだ。

P1130389.jpg
橋の名前は東花橋。
東花に近づいてきた。

P1130390.jpg
学校手前に残るサイロ。
結構、高い位置に建っている。

P1130391.jpg
学校跡付近まで来た。
草木が生い茂り、建物の基礎さえも分からなくなっている。

P1130392.jpg
学校跡地。
草木が生い茂っていた。

P1130393.jpg
傍に、木製電柱が倒れ掛かりながらも残っていた。

P1130394.jpg
帰り際、もう一度サイロを眺める。
集落の名残は「東花橋」と「電柱」、そして高所に聳えるサイロであった。

参考文献
京極町教育委員会・京極町立東花小学校1976『清流 京極町立東花小学校閉校記念誌』
京極町教育委員会2018『旧東花小学校・旧錦小学校校区から見た地域』
京極町史編纂委員会1977『京極町史』京極町
「角川日本地名大辞典」編纂委員会1987『角川日本地名大辞典1-[1]北海道上巻』角川書店

プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。