fc2ブログ

文学フリマ札幌に出店します

いつも、当ブログをご覧いただき誠に有難うございます。


さて、令和4年(2022)10月2日(日)

札幌コンベンションセンター 大ホール

(札幌市白石区東札幌6条1丁目)

12時〜16時 にて開催されます『文学フリマ札幌』に出店致します。



新刊は北海道・月形町にかつて在った月形炭鉱をテーマにした『月形炭鉱 興亡十六年史』(定価700円)を持参します。



20220912035145174.jpeg


20220912035223be8.jpeg

202209120353466ee.jpeg

また、既刊として

『積丹町浜婦美 今昔資料集』 700円

『拓魂-北海道・戦後開拓集落探訪記-』 1000円

『ルルモッぺ-へき地の暮らしと学び舎の記憶-』1000円


委託で

『観光を支えた索道をめぐる物語 蒲郡・富津・秩父』 700円

を持参します。


場所ですが『お-16』になります。
20220913105056f40.jpeg
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


尚、筆者の近況ですが今春、痔ろうにより2度の入院・手術。
そして7月下旬に新型コロナウィルスに感染しました。
幸い重症化することなく回復し、復帰致しました。
健康の有難みを感じながら過ごしております。

スポンサーサイト



北海道COMTIA15に出店します

何時も当ブログをご覧いただき有難うございます。

さて、令和4年(2022年)6月5日(日)11:00~15:00の間
札幌コンベンションセンター1階大ホール
(札幌市白石区東札幌6条1丁目 地下鉄東西線東札幌駅 徒歩8分)にて開催される
同人誌即売会 北海道COMTIA15 にサークルとして出店します。


積丹町の漁村集落・浜婦美にスポットを当てた
『積丹町浜婦美 今昔資料集』 B5サイズ カラー印刷 27ページ 定価700円
EPSON149.jpg
積丹町浜婦美集落の現状、過去の新聞報道記事、歴代校長&教職員氏名などを掲載。
大正3年(1914)に起きた山火事により浜婦美一帯が焼け、校長父子が火傷を負った出来事を掲載しました。

北海道内の戦後開拓集落をテーマにした
『拓魂‐北海道・戦後開拓集落探訪記‐』 B5サイズ カラー印刷 76ページ 定価1000円
EPSON175.jpg
新得町富村牛&足寄町茂喜登牛、江別市新野幌&世田ヶ谷、小平町下記念別、神恵内村清川、遠軽町弥生、士別市湖南&大英、大樹町光地園、今金町美利河別、滝上町拓雄を取り上げました。
各集落や学校の現状、歴代校長・教職員氏名・児童&生徒数、新聞報道記事を掲載。
拓雄については集落の聞き取りや入植&離農の推移、開拓入植当時の家屋間とり図などを掲載しました。
この2種類が新刊となります。

既刊本として
『精進川鉱山盛衰記』B5サイズ 23ページ カラー印刷 定価700円
EPSON029.jpg
『ルルモッペ-へき地の暮らしと学び舎の記憶-』B5サイズ 70ページ カラー印刷1000円
EPSON030.jpg
廃墟写真集『負の大地』横開きA5サイズ カラー印刷 73ページ 定価1000円
EPSON031.jpg
『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』B5サイズ カラー印刷 23ページ 定価500円
EPSON032.jpg
既刊本4種・新刊2種、計6種類持参します。
場所ですが、L 19 になります。
EPSON028.jpg

赤枠で囲った場所になります。
新型コロナウィルスの蔓延によりどうなるか分かりませんが、無事に開催できることを願っております。
最後に私の近況ですが、今年の3月中旬に痔ろうを発症し2度にわたって入院・手術を行ないました。
幸いにして、手術後の経過は順調に回復してきております。
春の廃校廃村探訪はできませんでしたが、少しずつ再開させたいと思っています。
それでは、北海道コミティアでお会いできることを楽しみにしております。

Elysian40に出店します

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

さて、令和3年(2021)8月15日(日) 12:00~16:00
札幌市民交流プラザ3階(北海道札幌市中央区北1条西1丁目・さっぽろ創世スクエア) 
クリエイティブスタジオにて開催される同人誌即売会『Elysian40』に出店することとなりました。
新刊・既刊併せて4種販売いたします。

EPSON132.jpg
『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』 
堀江晴男著 B5 サイズ 
カラー 23ページ 500円

滝上町上雄柏の校舎は閉校後、地元の倉庫に転用されていましたがいつしか崩れ、無残な姿になっていました。
崩れた校舎を見た堀江氏は校舎の解体・整備、整備後の維持管理や往時の上雄柏の暮らしを綴っています。

EPSON134.jpg
EPSON139.jpg
EPSON138.jpg
EPSON140.jpg
廃墟写真集『負の大地』
A5横開き カラー 73ページ 1000円

北海道の観光地とは無縁な地域に残る様々な『廃』なモノ、これも北海道の一面です。
廃校、廃村、廃屋などを取り上げました。

EPSON133-1.jpg
EPSON040.jpg
EPSON141.jpg
『精進川鉱山盛衰記』
B5 カラー(一部白黒) 23ページ 700円
かつて石炭が「黒いダイヤ」と持て囃されていたように硫黄は「黄色いダイヤ」と持て囃されていました。
道南の七飯町にあった精進川鉱山、鹿部町にあった雨鱒川鉱山の探索、往時の写真、精進川鉱山の聞き取りを掲載しました。
※在庫僅少ですのでもしご希望の方はお早めにお買い求めください。

EPSON135-1.jpg
EPSON142.jpg
EPSON143.jpg
EPSON088.jpg
EPSON089-1
EPSON091.jpg
『ルルモッペ‐へき地の暮らしと学び舎の記憶‐』
B5 カラー(一部白黒) 69ページ 1000円
留萌管内遠別町正修、増毛町歩古丹の集落や学校跡の現状、聞き取りによる往時の学校や暮らし、新聞記事や週刊誌の報道記事、集落住居分布図を掲載しました。

販売場所はD‐08番 壁際におります。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ブログ「日本の過疎地」10年目を迎えました

何時も当ブログをご覧いただき有難うございます。
当ブログ「日本の過疎地」ですが、お陰様で開設10年目を迎えることができました。
これもひとえに皆さまのお陰と思っております。

ブログを開設したのは10年前の2011年4月。当時私は陸上自衛隊を辞め、一般企業に転職し東京都内で暮らしていました。
インターネット上で北海道の廃校情報を調べると「幽霊が出る」等と言った根も葉もない噂話が拡がっていることに残念な気持ちになりました。
これらの噂話を正すべく、ブログ「日本の過疎地」が開設しました。
開設当初は日本各地の廃校廃村を調べようと思っていましたが、本州の廃校や廃村の歴史が長いことに気づき、北海道のみに特化して調べることにしました。

北海道に戻ってからは、図書館所蔵のマイクロフィルムで学校の閉校記事や集落の出来事などを調べるようになりました。
マイクロフィルムの存在はとても大きく、集落における学校の存在も知ることができました。

大学編入学で札幌市に転居してからは毎月、北海道立図書館に通いひたすら学校の閉校記事や集落関係の記事を探すようになりました。
大学の卒論も廃校廃村をテーマにすべく、現地調査(探索)や聞き取り調査、その下調べも含めると2年近く費やしました。
大学を卒業してからも仕事の合間を見て調べものや探索に出かけ、今に至っています。

ブログ自体はSNSが発達したご時世、縁ある方から「昔、住んでいました」という書き込みを拝読する度「ブログをやって良かった」と思うようになりました。
ご自宅に居ながら北海道のかつての学校跡や集落の様子が分かる時代は有難いと思っています。

私も10年、年を取りました。あと数年で不惑の年を迎えます。
健康に気をつけながらこれからも北海道内の廃校廃村を調べ、訪ね歩き、記録したいと思う次第です。

                         成瀬 健太 拝

よいお年をお迎えください

いつも当ブログをご覧いただき誠に有難うございます。

今年も残すところあと僅かとなりました。
この1年は新型コロナウィルスの世界的な蔓延に見舞われました。
「外出を控えてください」と言われていた中で「密でないから大丈夫だ」と、うそぶきながら探索しましたが内心は気にしていました。

また、探索仲間や知り合いから本にしてまとめることを勧められ、長年撮りためた写真や聞き取りで伺った証言を同人誌として出版しました。
同人誌は10月11日に開催された同人誌即売会 北海道コミティアで頒布しましたが予想以上に売れて私自身も驚きました。

来年、当ブログも10年目に入ります。
来年もブログの更新をやりつつ、北海道の廃校廃村をテーマにした同人誌の発刊を続けたいと思います。
ブログをご覧の皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。
また、来年もよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌市に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR