FC2ブログ

ブログ「日本の過疎地」10年目を迎えました

何時も当ブログをご覧いただき有難うございます。
当ブログ「日本の過疎地」ですが、お陰様で開設10年目を迎えることができました。
これもひとえに皆さまのお陰と思っております。

ブログを開設したのは10年前の2011年4月。当時私は陸上自衛隊を辞め、一般企業に転職し東京都内で暮らしていました。
インターネット上で北海道の廃校情報を調べると「幽霊が出る」等と言った根も葉もない噂話が拡がっていることに残念な気持ちになりました。
これらの噂話を正すべく、ブログ「日本の過疎地」が開設しました。
開設当初は日本各地の廃校廃村を調べようと思っていましたが、本州の廃校や廃村の歴史が長いことに気づき、北海道のみに特化して調べることにしました。

北海道に戻ってからは、図書館所蔵のマイクロフィルムで学校の閉校記事や集落の出来事などを調べるようになりました。
マイクロフィルムの存在はとても大きく、集落における学校の存在も知ることができました。

大学編入学で札幌市に転居してからは毎月、北海道立図書館に通いひたすら学校の閉校記事や集落関係の記事を探すようになりました。
大学の卒論も廃校廃村をテーマにすべく、現地調査(探索)や聞き取り調査、その下調べも含めると2年近く費やしました。
大学を卒業してからも仕事の合間を見て調べものや探索に出かけ、今に至っています。

ブログ自体はSNSが発達したご時世、縁ある方から「昔、住んでいました」という書き込みを拝読する度「ブログをやって良かった」と思うようになりました。
ご自宅に居ながら北海道のかつての学校跡や集落の様子が分かる時代は有難いと思っています。

私も10年、年を取りました。あと数年で不惑の年を迎えます。
健康に気をつけながらこれからも北海道内の廃校廃村を調べ、訪ね歩き、記録したいと思う次第です。

                         成瀬 健太 拝
スポンサーサイト



よいお年をお迎えください

いつも当ブログをご覧いただき誠に有難うございます。

今年も残すところあと僅かとなりました。
この1年は新型コロナウィルスの世界的な蔓延に見舞われました。
「外出を控えてください」と言われていた中で「密でないから大丈夫だ」と、うそぶきながら探索しましたが内心は気にしていました。

また、探索仲間や知り合いから本にしてまとめることを勧められ、長年撮りためた写真や聞き取りで伺った証言を同人誌として出版しました。
同人誌は10月11日に開催された同人誌即売会 北海道コミティアで頒布しましたが予想以上に売れて私自身も驚きました。

来年、当ブログも10年目に入ります。
来年もブログの更新をやりつつ、北海道の廃校廃村をテーマにした同人誌の発刊を続けたいと思います。
ブログをご覧の皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。
また、来年もよろしくお願い申し上げます。

北海道COMITIA13に出店します

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます。

さて、来る2020年10月11日(日) 11:00~15:00
札幌コンベンションセンター1階大ホールにて開催される 北海道COMITIA13に出店することとなりました。

札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東札幌6条1丁目)
地下鉄東西線東札幌駅より徒歩8分

サークル名 Team HEYANEKO P-09(評論情報紀行ブロック)

出品するものは以下の通りです。

EPSON019.jpg
サックル夜話ームラの記憶ー

EPSON025.jpg
2つの「サックル」(滝上町奥札久留・八雲町夏路)の集落探訪、学校跡や学校とのかかわりを聞き取りした証言、往時の写真を掲載しました。
私の同人誌デビュー作でもあります。
B5サイズ フルカラー32ページ 700円

EPSON020.jpg
苦闘-戦後開拓集落を往く-
EPSON027.jpg
北海道の戦後開拓集落の中で、無住化した3集落(増毛町信砂御料、八雲町富咲、浦河町女名春別)を取り上げました。
集落探訪、学校や集落の聞き取り証言、往時の写真を掲載しました。
B5サイズ フルカラー40ページ 700円 

EPSON021.jpg
上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い 堀江 晴男著(Team HEYANEKO監修)
滝上町上雄柏(カミユウハク)の学校は閉校後、地域の物置として転用されてきましたがいつしか崩れ果てました。
崩れ果てた校舎を見て涙した校長の姿を見た堀江氏は校舎の解体、整備すると決め、実際の作業や将来への思いが綴られています。
B5サイズ フルカラー23ページ 500円

EPSON022.jpg
写真集 過去の記憶

EPSON030.jpg
EPSON031.jpg
筆者が長年撮影した様々な「廃」なモノ(廃墟、廃校、廃鉱など)を写真集として発刊しました。
既に解体され、現存しない建物も掲載しました。
A5 横開き フルカラー59ページ 1000円

出店ブースの場所ですが、こちらです。
オレンジ色でマルをつけた場所になります。
EPSON018.jpg

もし興味をお持ちの方、北海道COMITIAに出かける予定がある方は是非、お立ち寄りください。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

明けましておめでとうございます

新しい1年が始まりました。

昨年はたくさんのお返事や情報有難うございました。

今年もクマやダニに気をつけながら北海道内の廃校廃村めぐりを楽しみ、レポートしたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

                                    平成31年(2019年) 元旦

明けましておめでとうございます

何時も当ブログをご覧くださり有難うございます。
そして、新しい年(平成29年)が始まりました。昨年は大変お世話になりました。

現在は札幌市内で働いていますが合間をみて道立図書館に通い詰めています。

今年もあちこち足を運びたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR