小平町富岡

小平町富岡(平成30年4月1日探訪)

小平町富岡は農村集落である。

明治31年 石川団体30余戸が大椴原野に入植したが次男・三男の分家のため新天地を求めて明治33・34年に小椴子沢(富岡)と苫前町三毛別(苫前町三渓)に入植したのが始まりである。
明治36年 地域住民の協力により校舎が建てられ開校した。

鈴木トミヱ著『小平百話-記憶の中の物語』の巻末に昭和20年前後の富岡地区の住宅地図が掲載されているが、地図を見ると沿岸部に14戸、国鉄羽幌線を挟んだ山間部に24戸(うち2戸は王子造林株式会社職員)の名前がある。

閉校・過疎の経緯については、下記に掲載した閉校時の報道にあるように、国道232号線の工事のため海岸部に住んでいた6戸の移転(昭和48年)、昭和49年から51年にかけ各1戸の移転がきっかけである。

学校の沿革は以下の通りである。

明治36年 特別簡易教育所開設(9月)
明治41年 小椴子教育所と改称(4月)
明治44年 校舎移転(10月)
大正 6年 小椴子尋常小学校と改称(4月)
昭和11年 富岡尋常小学校と改称(4月)
昭和16年 富岡国民学校と改称(4月)
昭和22年 富岡小学校と改称(4月)
昭和53年 閉校(3月)

閉校時の記事を掲載する。

さようなら富岡小学校 離農、過疎の悲哀25日、学び舎に別れ告げる
「雪深い山あいに〝教育の灯〟をともしつづけて75年、その灯がまたひとつ消えた-。長い歴史を持つ小平町立富岡小学校(矢野勲校長)は、相次ぐ離農と過疎の波に見舞われ、遂に廃校のやむなきにいたり、25日同校教室で、地域住民、歴代校長、そして教育関係者ら約50人が出席して廃校式を行い、思い出多い学び舎に別れを告げた。
富岡小学校は、明治36年6月、特別簡易教育所として児童数12人で開校それ以来、明治44年に部落住民の奉仕により現在地(富岡146番地)に校舎を移転改築、その後校舎増築と校名の改称が進み昭和40年以降2学級編成と単級を繰り返し、数年前から版画やカレンダー作り、また労作教育としてメロンやスイカを作るなど辺地校ならでわの授業を展開、管内小中学校環境整備優良校、花いっぱいコンクール学校の部優良校、全道へき地複式教育研究大会会場校として選ばれ、これまでに248人の卒業生を送り出してきた。
富岡は、小平町海岸線のほぼ中間に位置し、海岸沿いを走る国道232号線の入口から町道を約5キロ余り入った奥地で、昭和48年に始まった国道工事のために過疎化が進み、海岸沿いに住んでいた全戸(6戸)が移転し、49年・50年、そして51年とそれぞれ1戸が移転して、現在では11戸を残すだけになり、10戸が水田耕作を営んでいるが、土地が狭いために作付面積が少なく、今では、半数の農家がアイボリーメロン作りをして暮らしている。また、一時は34人の児童が在籍していた同校も、今では河端秀美君(3年)、隆彦君(4年)、政信君(6年)兄弟と村田恵さん(6年)の4人になり、6年生の2人は4月から中学校に進むが、残された河端君兄弟は鬼鹿小学校(沢田寿一校長)に通学することになった。
廃校式には地域の住民、父母たち、そしてかつての校長らが出席する中で、五十嵐小平町長、秋山留萌教育局長らがあいさつを述べ、矢野校長が「富岡小学校の灯は消えても部落の灯は消えることなく、先人の歩んだ開拓精神を想いだし過疎の波に打ち勝ってください」と富岡の住民に別れを告げ、そのあと、生徒を代表して河端政信君が、「いたんだ校舎、たとえ学校の灯が消えたにしても僕たちの心に母校の灯は消えないでしょう、さようなら富岡小学校」と思い出をかみしめるように別れの言葉を読みあげ数々の思い出が刻みこまれた富岡小学校、父と母も学んだ富岡小学校、忘れることの出来ない花壇づくりや版画づくり、そして最後に全員で校歌を合唱して、長かった75年の校史にピリオドを打った。」(留萌日日新聞昭和53年3月28日)

KIMG1.jpg
羽幌町立太陽小学校の体育館倒壊を確認後、富岡へ足を運んだ。
正面玄関は既に無くなっているが向かって右側が教室、左側が教員住宅である。

KIMG2-1.jpg
学校の隣には神社もある。

KIMG3.jpg
神社境内より校舎の背後を望む。
夏は笹で生い茂るので、この時期ならではの風景である。

KIMG4.jpg
学校より2キロ先より学校方面を望む。
家屋はあるが定住者はいない。

KIMG5.jpg
海岸沿いに住んでいた6戸の屋敷跡は分からなくなっていた。
ただ、コンクリートの橋脚だけが残っていた。

KIMG6.jpg
羽幌方面を望む。
富岡乗降場(昭和31年5月開業)の名残も無くなっていた。

参考文献

小平町史編集室1976『小平町史』小平町役場
小平町史編さん室2001『小平町史 続』小平町役場
鈴木トミヱ2000『小平百話-記憶の中の物語』小平町開基120年記念事業実行委員会
留萌日日新聞1978「さようなら富岡小学校 離農、過疎の悲哀25日、学び舎に別れ告げる」『留萌日日新聞』昭和53年3月28日
スポンサーサイト

小平町川上

小平町川上(平成28年10月10日・平成29年4月19日探訪)

小平町川上は農村集落である。

小平町滝下東和と同様、明治39年御料1線から24線までの農地区画割測設を経て翌40年から農地として貸し下げることになった。明治42年2月中野観文を招き入れ個人宅の庭先(歳桃久松宅)を借用、授業を始めたのが最初である。6月に大渕彗淳が教えたが10月に去り休業した。時々、歳桃氏が教えていたが明治43年菅原善四郎を招いて再開した。
児童数の増加により専用教場の必要性を痛感し、10月に小屋を建てて移った。
明治44年5月に小平蘂尋常小学校所属小平蘂御料第3特別教授場となった。校舎は従来の小屋を使っていた。
明治45年1月教員が来たが9月に去り、再び休業(大正2年4月まで)する。
大正2年4月に再び教員が来て授業が始まり、校舎も改築した。
大正4年小平蘂第3教育所(後の寧楽小学校)所属、翌5年度から御料第1教育所(後の達布小学校)所属に代わった。所属校も変わったが教職員の入れ替わりも激しく、落ち着く教員がいなかった。落ち着きを見せたのは昭和に入ってからである。
大正6年度より達布尋常小学校所属川上特別教授場と改称。昭和8年5月には滝下尋常小学校所属になった。
昭和9年度に川上尋常小学校と改称、昭和16年4月に川上国民学校と改称、昭和22年に川上小学校と改称した。

川上は「へき地教育振興法」適用校として多角的な補助が計画、実行された。列挙すると
①校舎2教室新築(昭和31年)
②へき地集会所(屋内体育館)新築(昭和32年)
③校長住宅改築(昭和33年)
④へき地学校風呂付設(昭和41年) である。

戦後開拓者の入植(9戸)もあったが、過疎化の進行に伴い住民は次々に転出。
「過疎地域対策緊急措置法」の適用を受け、学校は昭和49年3月末で閉校。集落は集団移転した。
移転先は小平市街地に「川上団地」を設け19戸が移転。3戸は達布に移転した。

学校の沿革は以下の通りである。

明治42年 中野観文を招き入れ歳桃久松宅の庭先を借用して授業開始(2月)。大渕氏が6月より教えるが10月で去り、休業
明治43年 菅原善四郎を招いて再開(9月)。小屋(校舎)建設(10月)
明治44年 小平蘂第1尋常小学校所属小平蘂御料第3教授場となる(5月)
明治45年 教員が去ったため休業(9月)
大正 2年 再開(4月)校舎改築する
大正 4年 小平蘂第3教育所所属小平蘂御料第3教授場と改称(4月)
大正 5年 小平蘂御料第1教育所所属第3特別教授場と改称
大正 6年 達布尋常小学校所属川上特別教授場と改称
昭和 9年 川上尋常小学校と改称
昭和16年 川上国民学校と改称(4月)
昭和22年 川上小学校と改称(4月)
昭和49年 閉校(3月)

閉校時の新聞記事を掲載する。

さようなら63年間の思い出 集団離農の小平・川上部落で廃校式 在校生が合奏披露 門標返還に涙ぐむ主婦

【小平】「〝さようなら、川上〟-部落ぐるみの集団移転に伴い63年間の校史にピリオドを打つ川上小学校の廃校式が24日行われた。春近しとはいえ、2メートル以上の雪にすっぽり包まれた同校には在校生3人のほか、部落住民のほとんどが出席、式場となった教室には住み慣れた地を去る惜情と近づく再出発の期待とが複雑に交錯していた。
 川上部落は約70年前、石川県、四国などからの入植者で切り開かれた。明治42年(1909年)から私設の教授場を開き、児童の教育を進めていたが、小平蘂第一尋常小学校所属御料第三特別教授場として公設認可があったのは同44年(1911年)5月。達布小所属川上特別教授場を経て昭和9年、川上尋常小として独立。戦後22年4月から川上小学校となった。大正2年(1913年)から、この日卒業した歳桃正弘君、片山悦子さんを入れ、ちょうど男100人、女100人の計200人の卒業生を送り出している。
 約15年前には45世帯を数えた校下も過疎の波に洗われ現在は22戸96人。水田経営に見切りをつけ、過疎地域集落整備事業の指定を受け、昨年、全道でも珍しい部落挙げての離農に踏み切り、町側もすでに市街地に川上団地用として1万平方メートルの宅地を造成、職業紹介も行い部落全員が木工場などで雪解けと共に第2の人生を踏み出すことになっている。
 廃校式に先立って行われた卒業式で西校長は2人の卒業生と4月から小平小に転校する3年生の歳桃明義君の3人に「川上は消えます。しかし君たちはこの学校を最後まで見守ったという気概を持って新しい出発を-」と激励した。
 また川上部落移転激励会を兼ねた廃校式でも五十嵐小平町長、桜井留萌支庁長、加藤留萌教育局長らが「川上の地を離れるのはつらいでしょうが、力強く第2の人生を踏み出してください」と3人の児童らと集まった約80人の住民を励ました。
 式の途中、西校長は思い出深い「川上小学校」の門標を五十嵐町長に返還したが、目がしらを抑える主婦もいた。さらに式の間、3人の在校生がマリンバ、アコーディオン、笛をもって器楽合奏を披露。校歌と「ふるさと」のメロディーは出席者の胸を強く打っていた。」北海道新聞留萌・宗谷版昭和49(1974)年3月26日

KIMG1399.jpg
達布を抜け、滝下東和を過ぎ、川上へ入った。
川上小学校跡地には農業施設が建っていた。

KIMG1396.jpg
傍には、集落にゆかりある人らの名前が刻まれた「懐古の碑」が建立されている。

CIMG9122.jpg
学校前の屋敷跡(H宅跡)前には、達布から伸びていた森林鉄道の築堤らしきものが残っていた。

学校より先へ進む。

KIMG0456.jpg
この辺りには戦後開拓入植者を含め、3戸の家があった。

KIMG0457.jpg
小雨が降り、足元もぬかるむ。
そして何より、クマの脅威である。

KIMG0459.jpg
平坦な土地(畑&屋敷跡)が所々にあったが、笹に覆われていた。

KIMG1401.jpg
もうひとつ、ここの「川上本流林道」にも既存農家と戦後開拓入植者が暮らしていた。
尚、達布から伸びていた森林鉄道はこの林道の先まで通じていた。

KIMG1403.jpg
川は濁流。落ちないとは思いつつも、慎重に渡る。

KIMG1405.jpg
雪の時期は集落の面影が分かる反面、「穴持たず」のヒグマの危険がある。
ここも当然、携帯電話圏外である。

CIMG9123.jpg
この辺りに1戸の家があったが、何も残っていない。
推測で、庭先の松の木が残っている程度である。

KIMG1409.jpg
振り返ると、森林鉄道の築堤らしきものが分かる。

KIMG1408.jpg
道はまだ続いているがこれ以上進むのは危険と判断し、引き返した。

余話
川上小学校の門標は道の駅「おびら鰊番屋」2階に展示されている。
KIMG0477.jpg
学校の門標は大事に保管されていた。
尚、隣にあるベルは富岡小学校で使用されていたものである。

参考文献

北海道新聞1974「さようなら63年間の思い出 集団離農の小平・川上部落で廃校式 在校生が合奏披露 門標返還に涙ぐむ主婦」北海道新聞留萌・宗谷版昭和49年3月26日
小平町史編集室1976『小平町史』小平町役場
鈴木 トミヱ2000『小平百話‐記憶の中の物語‐』小平町開基120年記念事業実行委員会

小平町滝下東和

小平町滝下東和(平成28年10月10日・平成29年4月19日・4月25日探訪)

小平町滝下東和は農業から始まり、後に炭鉱で栄えた集落である。

明治39年御料1線から24線までの農地区画割測設が実施され、翌40年から農地として貸し下げることになった。
しかし、御料の区域があまりにも広大すぎることから明治41年12月特別教授場を2か所(うち1か所は私設校)開校、校名は小平蘂御料第2特別教授場と称した。
大正4年より小平蘂御料第一教育所(後の達布小学校)所属となり大正13年、校舎を御料13線に移転した。
昭和8年5月に滝下尋常小学校と改称、昭和16年4月滝下国民学校と改称。
昭和21年1月、失火により校舎全焼のため子弟らは営林署の小屋を借用したり、上記念別国民学校へ通学した。
昭和22年春、個人家屋を購入したうえで改造移転し、ようやく落ち着きを取り戻したが、教室が狭いため翌23年に増築、また昭和24年5月に閉校した上記念別小学校校舎を移転させ、職員室や教室に充てている。
昭和25年、中学校併置の認可が下り、27年7月まで共生した。
昭和31年11月、炭鉱開発により児童数が増えたため校舎を中学校へ移転した。
昭和38年より東和小学校と改称した。
昭和33年より日本炭業 達布福久鉱の採炭が始まり児童数も増えていったが、昭和42年7月で閉山した。
閉山後、農家以外の住む人は激減し僅かに残った児童も学校周辺にクマが出没したため自衛隊が児童の警護に当たり、昭和43年3月末に閉校となった。
学校の沿革をまとめると以下の通りである。

小学校
明治41年 特別教授場を2カ所(うち1カ所は私設校)開設・小平蘂御料第2特別教授場として開校(12月)
大正 4年 小平蘂御料第一教育所所属となる
大正13年 御料13線に移転改築
昭和 8年 滝下尋常小学校と改称(5月)
昭和16年 滝下国民学校と改称(4月)
昭和21年 校舎全焼(1月)
昭和22年 個人家屋を購入、改造移転(春)
昭和23年 校舎増築(10月)
昭和24年 閉校した上記念別小学校の校舎を移転付設(5月)
昭和31年 東和中学校に移転付設(11月)
昭和38年 東和小学校と改称
昭和43年 閉校(3月)
 
中学校
昭和25年 東和中学校開校(小学校と共生)
昭和27年 校舎移転(8月)
昭和43年 閉校(3月)

炭鉱が閉校し、生徒が減少する一方でクマの脅威があった。これから紹介する記事は、自衛隊がクマの掃討作戦を行い、児童生徒らをトラックで輸送する記事である。

自衛隊が山岳機動演習 奥地に追い込むクマ正面対決は避けて
「ヒグマの出没におびえる小平町では被害を未然に防止するため、留萌支庁を通して自衛隊の出動を要請していたが、留萌第26普通科連隊では6日から11日までヒグマの出る同町奥地一帯で山岳機動演習を実施ヒグマ掃とう作戦を支援することになった。
演習に参加するのは池田連隊長以下隊員600人と車輛60台、これから行う暑寒別岳その他で実施計画中の山岳訓練を変更して達布地区に集中して行うことにしたもので、部隊は達布、寧楽、滝下、下記念、川上などにヒグマの出没する地区に分かれて、夜は山中に天幕を張り幕営。6日間にわたって山岳戦を展開、推定30頭に上るといわれるヒグマを部落周辺から山中深く追い払う作戦である。尚池田連隊長は作戦準備のため4日現地を視察した。」

通学輸送始まる
「最近連日のようにクマの出没する小平町滝下地区で4日から自衛隊トラックによる児童生徒の通学が始まった。
 同町市街から約40キロ奥の滝下、川上地区は、けわしい山に囲まれた山村地域。最近20回程度に亘ってヒグマが水を求めて住民を脅かしているが、4~5キロもある山道を歩いて通学している児童生徒は、いつクマに襲われるかわからない-と町が支庁を通して要請したもの。これら川上小、東和小中の学童68人をクマの危険から守るため、4日から留萌自衛隊第1中隊の大倉3曹ら6人の隊員が東和小中学校に泊まり込みで生徒のトラック輸送を始めた。登校時の朝8時ころと下校時に、大型トラック1台で生徒を送り迎えしており、12日まで実施する予定だ。」上記2記事 日刊留萌新聞昭和42年9月5日

追込み作戦成功するか 600人が山岳戦 自衛隊達布地区に出動
「陸上自衛隊第2師団第26普通科連隊の山岳機動演習が、6日から小平町奥地の達布地区で始まった。
同訓練は当初暑寒別岳などで実施する計画であったが、小平町の要望もあってヒグマの出没におびえる達布地区で集中的に行うことになったもの。訓練には池田連隊長をはじめ、隊員600人と車輛約60台を動員。毎日のようにヒグマの出る達布、滝下、川上など4か所に設営、11日まで6日間にわたって実戦さながらの訓練を展開する。
 同地区一帯に7月末から推定30頭にのぼるといわれるヒグマが出没、学校生徒も自衛隊のトラックで通学するほど、部落住民は山オヤジの危険にさらされている。このようなことからクマ退治も兼ねた山岳訓練を行うもので、夜は山中に幕営、クマを山奥に追い込む奇襲作戦を行う。」
食糧現地で購入 連隊長の親心
「ヒグマの恐怖におののいている小平町達布地区住民を救うため自衛隊留萌駐とん部隊は6日から11日まで同地区で大がかりな山岳機動演習を開始した。
いつもの演習なら隊員めいめいが携行食糧を持参するのだが、今度は兵たん部を異動主食の米を除いてすべて現地調達で賄うことになった。
 これは炭砿、鉄道の閉鎖で達布の商店が困っていると聞いた池田連隊長が少しでも地域の人たちのためになればと親心を示したもの。何分600人からの部隊となると副食品や酒、甘味品(お菓子)煙草だけでも1日数万円はかかる。これを現地の商店や農家から買い上げて部落の人たちのふところを暖めようという趣向だが、思わぬ現金収入に部落の人たちも大歓迎、これを機に自衛隊に親近感を増すのではなかろうか。」上記2記事 日刊留萌新聞昭和42年9月7日

閉校式の記事を掲載する。

60年の歴史を閉ず 閉山で生徒激減 東和小中校で廃校式
小平町東和小中校の廃校式は、17日在校生29人、藤田校長ら教員、PTA、五十嵐町長、佐々木教委々員長ら来賓およそ100人が出席して同校で行われ、明治41年分校として開校してから60年間、446人の児童・生徒を送り出した歴史を閉じた。
 廃校式は17日午前10時30分から同校講堂で行われ、開式の後物故者の霊に黙とうを捧げた後、五十嵐町長が『みなさんの教育環境を良くすることに決めました』と廃校の理由を交えた式辞を述べ、藤田悌三校長が「東和校の教育目標である健康、勤労、自主創造、奉仕の4つを忘れず、達布校でも元気に勉強してください」と別れの言葉を述べ、竹村議長、町内校長会、東和校PT会長らが生徒を励ました。
 続いて五十嵐町長から歴代校長、PT会長、職員代表、生徒代表らに記念品が贈られ、生徒を受け入れる本間達布小校長と石崎同中学校長が「安心して達布にきてください、4月5日を待っています」とお迎えの言葉が述べられた。これに対し小学校代表の小学5年の三好明美さんが「滝の下で炊事遠足をしたことなど思い出は尽きません、学校は移ってもわたくしたちを忘れないでください、わたくしたちは転校して早く新しい学校になじむように努力します」中学代表の1年大屋慶治君も「炭鉱閉山がぼくたちの学校の歴史を変えてしまいました。しかしぼくらは東和で学んだことを一生忘れません」とあいさつ「つきせぬ小平の清流に、まことのちかいうつしつつ、かたき友情たからかに、こだまとひびく・ああ東和、われらが母校に光あれ」の校歌、続いて蛍の光を一同が合唱して廃校式を終えた。校歌と蛍の光を歌い終わるころ、大屋PT会長が感慨深く涙を流し女教師が声を出して泣いて閉山という社会の動きに廃校に追いやられた同行の閉鎖を惜しんでいた。」日刊留萌新聞昭和43年3月19日

KIMG0471.jpg
達布地区を通り過ぎ、おびらしべ湖(ダム)に来た。
このダムの底に、移転前の滝下小学校や集落が広がっていた。

KIMG0469.jpg
ダム湖畔を眺める。

CIMG9118.jpg
おびらしべダム湖畔の「小島」
この「小島」こそ、かつての滝下神社があった場所である。

CIMG9150.jpg
移転先の東和小中学校跡付近。
すっかり自然に戻っていた。

余話
戦後、滝下東和地区の隆盛を極めた日本炭業 達布福久鉱の入り口はこちらである。
KIMG1416.jpg
航空写真で確認すると、この林道のはるか先にコンクリートの遺構らしきものが写っていた。
しかしあまりに奥であることやクマ出没地帯なので、単独で行くのは止めた。

参考文献

日刊留萌新聞1967「自衛隊が山岳機動演習 奥地に追い込むクマ正面対決は避けて」「通学輸送始まる」日刊留萌新聞昭和42年9月7日
日刊留萌新聞1968「60年の歴史を閉ず 閉山で生徒激減 東和小中校で廃校式」日刊留萌新聞昭和43年3月19日
小平町史編集室1976『小平町史』小平町役場
鈴木 トミヱ2000『小平百話‐記憶の中の物語‐』小平町開基120年記念事業実行委員会

小平町花岡

小平町花岡(平成28年7月16日・平成29年4月19日及び25日探訪)

小平町花岡は農村集落である。

花岡は元々「鬼泊」(オニトマリ)と称されていた。
名前の由来はアイヌ語で「大きな(親の)澗」を意味し、幕末に番屋が置かれ、船澗があったとされている。

明治28年 栖原番屋付近に定住した中原将次(鳥取県人)にはじまり谷口農場、花田農場牧場地内に炭焼きや小作者の入植が現れ始めた。
この頃の子供らは小平蘂第一教育所(現 小平小学校)へ通学していたが山道を歩き、冬季は長期欠席せざるを得ない状態であった。
このため、区長であった中原将次を中心に協議した結果、明治42年高谷市次郎を教師として私塾を開いた。

学校の沿革は次のとおりである。

明治42年 小番新八の納屋を借用して私塾開校
明治43年 花田伝七牧場の事務所を譲受け、移築して校舎とする。
明治44年 小平蘂第一教育所付属恩寧泊特別教授譲渡して開校(5月15日)
大正7年  教室・屋内運動場・住宅兼職員室の改築
大正13年 校舎の模様替え 運動場を教室に、旧教室を職員室に変更
昭和9年  鬼泊尋常小学校に変更(6月1日)
昭和16年 鬼泊国民学校に変更(4月1日)
昭和22年 鬼泊小学校に変更(4月1日)
昭和23年 花岡小学校に変更
昭和35年 花岡小学校閉校(8月31日)

花岡小学校の閉校は、小平小学校の新築に併せて閉校となった。
閉校後、花岡の子供たちは学校前にあった花岡乗降場より汽車で小平小学校へ通学していた。

CIMG8744.jpg
平成28年7月、初めて花岡へ足を運んだ。

CIMG8741.jpg
橋の名前は「花岡橋」
この先へ足を運ぶ。

CIMG8730.jpg
先へ進むと崩れかけた家屋がある。

CIMG8731.jpg
傍に、笹に埋もれかけた建物が見えた。
笹を掻き分けて進む。

CIMG8732.jpg
『花岡農家担い手研修所 地域農政整備事業』という看板が掲げられているが、使われなくなって久しい。

CIMG8733.jpg
花岡小学校跡地に建てたのは分かったが、それにしても笹薮が酷く全容が掴めない。
諦めて周囲を散策する。

CIMG8735.jpg
『小平百話-記憶の中の物語-』に掲載されている昭和20年前後の花岡地区の住宅地図を見ると、Sさんの家のようである。

CIMG8736.jpg
牧草畑となっているが、この奥にも1軒家があった。

CIMG8739.jpg
学校向かいの家を遠望する。橋を渡った右隣に花岡乗降場があった。

CIMG8740.jpg
集落の奥より学校方面を望む。

CIMG9102.jpg
年が明けて平成29年4月19日に再訪した。
今回は建物の全容がよく分かる。

CIMG9103.jpg
学校横にある建物は半壊状態であった。

今回は、学校横にあった神社(鬼泊神社)を探すことにする。

KIMG1382.jpg
神社の基礎を見つけた。
『小平百話-記憶の中の物語-』では「鬼泊神社」と「御眞影奉置所」(奉安殿)と書かれている。
御真影奉置所の基礎と思われる?

CIMG9107_20170509134958885.jpg
傍に、手水舎があった。

KIMG1383.jpg
折角なので溜まっていた土を取り除き、手水舎を復活させた。

KIMG1500.jpg
1週間後の4月25日、ラオウ氏とA.D.1600氏と共に再び足を運んだ。
学校跡と神社跡をそれぞれ案内したが、A.D.1600氏より花岡乗降場周辺をガイドして頂いた。

KIMG1498.jpg
学校前に置かれていた枕木。
花岡乗降場のものかは分からない。

KIMG1499.jpg
国鉄羽幌線路盤跡。この先は小平町大椴へ続いている。

学校も無くなり、居住者もいなくなったが通い作で田畑が維持管理されていた。
ただ、神社は歴史に埋もれようとしていた。

参考文献
小平町史編集室1976『小平町史』小平町役場
留萌教育研究所1981『学海悠悠-留萌の学校-』留萌教育研究所
鈴木 トミヱ2000『小平百話-記憶の中の物語-』小平町開基120年記念事業実行委員会

小平町下記念別

小平町下記念別(平成28年7月16日・平成29年2月21日探訪)

小平町下記念別は戦後開拓と炭鉱で栄えた集落である。

『小平町史』によると、昭和22年樺太や満洲からの引揚者13戸が入植した。
入植した農家は3~4年で開畑に成功したが、子供らは達布小学校へ通学した。
しかしこの頃の道路状況は悪く、陳情を重ねた結果、昭和27年に達布小学校教諭 楠田登の出張授業が行われた。
また、昭和32年12月より東達布炭鉱㈱が採炭し始めたことから児童数も増加したが、昭和36年度の途中で閉山した。

学校の沿革は次の通りである。

昭和27年11月    達布小学校瑞穂分校 開校
昭和40年3月31日  閉校(注1)

閉校当時や閉校直前の報道記事を紹介する。

慰問袋500点以上 冷害地に隊員の善意
「留萌駐とん部隊の隊員が持ち寄った冷害地の児童に贈る〝慰問袋〟は500点以上を数えた。同隊では11日太野垣司令はじめ谷村広報幹部らがジープで辺地に向い直接手渡すことになった。
 なおこの温い贈りものを受けるのはことし3月で廃校になる小平村達布瑞穂小学校(原文ママ)など管内5校に配分される。慰問品は衣類200点をはじめ学用品、かんづめ、菓子、石けんなど」(留萌タイムス 昭和40(1965)年2月10日)

隊長夫人も拠出 自衛隊冷害地に贈物
「自衛隊の隊員と家族が集めた冷害地のこどもたちに贈る救援物資は、14日の増毛町の信砂御料についで16日は小平村川上小、瑞穂分校に、18日遠別町東生(注3)正修、大成小に贈られる。
 同贈物は趣旨に感動した連隊長夫人太野垣幸代さんが、とくにキャラメルや菓子を「気の毒なこどもたちにあげてください」と買って現地に向かう谷1尉に託した。
 今回は隊員の善意が結集して学用品、菓子など500点が集まった。」(留萌タイムス 昭和40(1965)年2月16日)

辺地校、音楽の〝名門〟 瑞穂分校なくなる 全国入賞も思い出 これからは本校で勉強
「【小平】この4月で廃校になる留萌管内小平村達布小瑞穂分校の廃校式が3月31日に雪に埋もれた分校舎で行われた。戦後入植した開拓農家のこどもたちを育てて12年7か月、勇退する福田由雄分校主任(61)のオルガンで力いっぱい〝ホタルの光〟を歌って別れを惜しんだ。
 瑞穂部落字下記念別は達布市街から(小平市街から約28キロ)から沢づたいに5キロはいったところ。昭和24年入植者を中心に13戸の農家が入った。
 入植当時、橋がなくて川をわたったり、ガケっぷちを通って通学しなければならないためこどもたちが、あまりにもかわいそう―と地区住民が運動、27年に創設されたのが分校だった。主任は櫛田みのる先生(原文ママ・注2)で児童は7人、炭鉱が盛りの33年には45人にふくれあがった。その炭鉱も閉山したいま11戸の開拓農家が残り、児童数も開校時と同じ7人になった。
 数多い思い出を残した2代目主任の福田先生が着任したのは30年4月。学力にも、情操にも恵まれない分校生に福田先生は『開拓地にはいった以上、私も開拓者だ』と、まず音楽に力を注いだ。あきビン、石油カン、フライパン、サラ、茶わんなどを楽器に利用した演奏を31年に苫前町で研究発表。留萌自衛隊との友情が芽ばえたのもこのころ。演習休みに立ち寄った分校でこの変わった演奏を聞いた隊員たちは大ダイコ、縦笛を贈った。ほかにPTA、北海道新聞社からも楽器が贈られ、さっそく第1回辺地音楽のつどい(34年)に参加、全国放送され、みごとNHK奨励賞を受けた。これも今は楽しい思い出、福田先生は増毛町に移り、専門の陶芸で余生をおくる。
 式は午前11時から開かれ、五十嵐村長、阿部教育長、佐藤達布営林署長、部落の人など約25人が出席、雪に埋もれた小さな教室はいっぱい。五十嵐村長が『もっと大きく成長するために分校を閉じることになりました』とあいさつ、村から福田先生に感謝状が贈られた。達布小本校の寺沢邦雄校長が『きょうはみなさんを迎えにきました。これからはちゃんと野球もドッジボールもできます』と話しかけると、こどもたちは目を輝かせ、部落の人たちは喜びと寂しさの入りまじった表情でこどもたちを見つめていた。分校はこのあと部落会館に変わる。」(北海道新聞留萌版(夕刊) 昭和40(1965)年4月2日)


CIMG8717.jpg
平成28年7月16日、小平町達布、滝下、川上の集落調査の帰りに下記念別へ立ち寄った。

CIMG8721.jpg
下記念別にある唯一の畑。
この当時「学校跡地はこの辺りだろうか」と首を傾げながらの調査であった。

後日、A.D.1600氏と相談して「航空写真から察するに、あの畑のところだと思います。」と回答をいただき、再訪を決意する。

CIMG8988.jpg
平成29年2月21日、再び達布へ足を運んだ。
スノーシューとストックを携行して、この道を4~5キロ進む。

CIMG8989.jpg
学校手前の「数寄屋橋」。
地形図を見ると、この周辺にも家屋があったがすべて自然に帰ってしまっている。

CIMG8990.jpg
家屋マークのある辺りに、野生化した松の木が1本あった。

CIMG8996_20170304095709e5f.jpg
橋を過ぎ、達布小学校瑞穂分校跡地へ到着した。
現在は個人所有の畑となっているので、畑の敷地に踏み込まないよう敷地外から撮影する。

スノーシューを装着し、学校裏周辺を散策する。

CIMG8995.jpg

地形図や航空写真では、学校裏に対岸へ通じる橋が書かれているが、橋は無くなっていた。
対岸には、住居跡を示す松の木が野生化して残っていた。

CIMG9001.jpg
達布市街へ戻る道中の栄光橋。正面の山は下記念山。
橋の名の如く、『音楽の名門』で名を馳せた瑞穂分校は、過去の栄光となってしまった。


(注1)『小平町史』では「同39年度半ばに至って閉校している。」とあるが、『北海道新聞』や『留萌タイムス』の記事の閉校年月日が正しい。
(注2)「櫛田みのる」は「楠田登」の誤植と思われる。
(注3)「東生」は「東野」の誤植と思われる。

参考文献

小平町史編集室1976『小平町史』小平町役場
留萌タイムス1965「慰問袋500点以上 冷害地に隊員の善意」『留萌タイムス』2月10日
留萌タイムス1965「隊長夫人も拠出 自衛隊冷害地に贈物」『留萌タイムス』2月16日
北海道新聞1965「辺地校、音楽の〝名門〟 瑞穂分校なくなる 全国入賞も思い出 これからは本校で勉強」『北海道新聞留萌版夕刊』4月2日
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR