稚内市夕来

稚内市夕来(平成29年9月17日探訪)

稚内市夕来は農村集落である。

明治25年 東京の資産家らがユーチ地区からオネトマナイ地区にかけて森林の伐採、造材、牧場にする計画が認可され飯場兼用の事業所を建て搬出を始めたのが最初である。
明治30年に夕来駅逓が開設されると造材搬出が盛んとなり、人馬の往来も増えた。
明治44年東京の丸谷武松が牧場を開設し、支配人や牧夫を常駐させるなどして集落が形成されていった。
当時の子供たちは勇知簡易教育所へ通学していたが、1里半から2里の距離だけではなく峠越え、悪路、クマ出没で冬季間は休業状態であった。このため、学校設置を求める陳情が認められ校舎新築まで松本太作の住宅を仕切って借り受けた。
学校の沿革は以下の通りである。

小学校
大正2年 勇知教育所附属夕来特別教授場開校(5月)
大正3年 校舎新築(5月)
大正4年 夕来教育所と改称(4月)
大正6年 夕来尋常小学校と改称(4月)
昭和16年夕来国民学校と改称(4月)
昭和22年夕来小学校と改称(4月)
昭和25年校舎新築移転(11月)
昭和60年 閉校(3月)

中学校
昭和25年 下勇知中学校夕来分校設置(4月)
昭和33年 夕来中学校と改称(9月)
昭和60年 閉校(3月)

開校後、定住者も増え続けていったが農業もそれまでの畑作(ジャガイモ)から酪農に転換し、経営規模の拡大が図られていったが、農家戸数の減少に伴い児童も減少していった。

KIMG2218.jpg
平成29年9月の廃校廃村探訪、夕来を訪れた。
広範囲に酪農家がある。

KIMG2216.jpg
夕来会館。今も使われている。

KIMG2218.jpg
会館の背後に校舎があった。
この笹薮を掻き分けて行く気にはなれず、遠望に留めた。

KIMG2220.jpg
聳え立つマツの木は学校があった頃からの名残である。

KIMG2226.jpg
会館前には集落で建立した牛魂碑がある。

KIMG2221.jpg
よく見ると、回旋塔の支柱が残っていた。

KIMG2222.jpg
笹で埋もれた教員住宅へ行ってみる。

KIMG2223.jpg
中は住宅の面影が残っていた。

KIMG2224.jpg
しかし、確実に朽ちつつある。

KIMG2225.jpg
学校跡の周辺風景。
広大な牧草畑が広がっていた。

参考文献

稚内市史編纂室1968『稚内市史』稚内市
稚内市史編さん委員会1999『稚内市史第2巻』稚内市
スポンサーサイト

稚内市峰岡

稚内市峰岡(平成29年9月16日探訪)

稚内市峰岡は漁村集落である。

開拓が始まった正確な年代はわからないが『稚内市史第2巻』によれば「明治20(1887)年か同14(1881)年ころ」と書かれている。
また昭和8年の様子について次のように記されている。

「戸数30戸、耕地20町歩、耕作3戸、金比羅神社、衛生組合、森林防火組合、火災予防組合、道路保護組合、納税貯金組合、時前青年、女子青年団、在郷軍人分会…(中略)ラジオ設置家1戸、農牧場40町歩、馬4頭、沃度工場、商店2、宿屋1、飲食店1、回漕業1…」(『宗谷村郷土史編さん原稿』昭和8年版)

さらに『宗谷村政要覧昭和10年度版』には時前(時前漁港)から原野(時前原野)を経て下増幌へ抜ける殖民軌道予定線(未成線)が地図に表記されている。
言葉を変えれば、それだけ多くの人々が暮らしていたのである。

ここで、峰岡の集落や学校について触れられている新聞記事を掲載する。

国境辺地を行く 走る公民館同乗記 映画みる唯一の機会 歩ける部落民は全部集まる
「【稚内発】辺地部落の社会教育振興を目的とする道教委の〝走る公民館〟は今年も8月27日から宗谷管内巡回の途についているが記者は宗谷事務局のはからいで関三次郎事件で一躍国際的視聴を浴びた宗谷村字峰岡、字東浦両部落を訪れた。以下は〝走る公民館〟による国境辺地同乗レポ。
○…1日午後3時走る公民館は今日の目的地峰岡小学校に向けて宗谷村役場を出発する。同乗するのは道教委宗谷事務局長谷川社教主事、岡崎技師、道教委江本運転手、宗谷村石川教育長代理、同佐藤社教係長、記者の6人。車はネズミ色の車体に鮮やかな黄色で彩られた〝走る公民館〟の五文字を快晴の秋空にきらきら光らせながら時速50キロの快速で街道をひた走る。ところどころコンクリート舗装を施した宗谷国道は格好のドライヴウエイだ。
『皮肉ですなあ宗谷村のほうが稚内市より道路が良いとは』と快適な乗心地に思わず記者が嘆声をもらすと『こんな道路は珍しいですよ。昨日の上増幌、初日の修徳、咲内ときたら話になりませんでしたよ。特に咲内ときたら近所の農家からスコップを借出してやっと道を切開いたんですよ』と同乗の人々はいっせいに記者の不認識をなじる。
○…そういえば車は小型トヨペットだ。辺地が対象なだけに物々しくて派手な弘報車ではどうにもならないのだと江本運転手は語る。
峰岡街道の急傾斜に差掛かると車は突然あえぎはじめる。ホームライト、映写機、幻灯機、展示品など総計80貫という重い積荷が急に物をいいだすのだ。モウモウたるホコリが左車内に流れこむ。右の風防が2枚壊れて修理が施されていない。いまの予算ではとても手が出ないという。
○…午後4時過ぎ車はようやく峰岡小学校にたどりつく。真黒に日焼けした約80名の同校児童たちが、野性的な目をギラギラさせながら物珍しげに寄ってくる。変にたい廃し切った都会の文化なんてものを一度も受けたことのない澄み切った顔だ。午後7時映画開始が当初の予定だ。しかし手持ちの映写機は前開催地上増幌で故障を起したままだ。再び車は休む暇もなく枝幸町教委から送り届けられるはずのナトコ映写機を受け取りに約4里離れた鬼志別駅に向け出発する。
北辺の日暮れは早い。午後7時日もとっぷり暮れ切った2教室程度の狭い同校運動場に約150名の部落民がひしめく。同校校長の話では乳幼児、足腰の立たない年寄りを除く全部落民が集ったのだという。『常会の時もこれだけ集ったらいいんだけどなぁ』『何せ無電燈地帯ですからね。隣部落まで映画見物に出掛けて行く青年層を除いては年1回の走る公民館よりも映画観覧の機会を与えてくれるものはないんですよ』と部落民の2,3が語る『ウソみたいな話しですけれど去年のやはり今ごろ〝走る公民館〟がこの部落へきた時です。〝さあ始めます〟といって機械を動かしたら年寄り連中がいっせいに映写幕を見ず反対に映写機の方向へ向きを変えたのにはびっくりしましたよ』とは技師の話。
9時映画開始、漫画『ウサギと亀の決勝戦』『馬喰一代』が終わったのは11時過ぎ、運動場の黒板に大書きされていた来週の作文宿題『走る公民館』の文字と点々と散在しているランプの燈、それがこの村をシンボライズしているように全く印象的であった。
○…2日早朝〝走る公民館〟は本日の開催地東浦部落向け峰岡小学校を出発する。昨夜記者たちの部屋を訪れて映画の成功を祝してくれた一部落民の言葉が次々に浮かび出てくる『太平が天国にいるお母さんに手紙をあげるんだといってお雪からもらった風船玉に手紙をつけて青空高く飛ばしているシーンなんて本当に胸がいっぱいになりましたね』(馬喰一代の一場面)善意そのものの米さん(馬喰一代の主人公)にまさっても劣らない部落民の誠実に幸あれと祈りたい気持ちでいっぱいである。
車が東浦山道にさしかかると道路の両側にはうっそうたるエゾ松林が続き、名もない3,4尺の黄色い野花と寂しいススキ草が散在する。『東浦海岸に上陸した関三郎はこの街道を通って峰岡のバス停留所に向かったんですよ』と同乗の誰かが語った時『ああ山ハトだ』と隣が叫びびっくりして前方をみると聞きなれぬ自動車のごう音に驚いたのか2羽の山ハトが左側の松林に飛び去るのが目に止った。
平和の象徴の山ハトと国籍を失ったスパイ容疑者関。何かしら重苦しい雰囲気が車内にあふれる。
○…目的地東浦小学校に到着した一行は早速昨日と同様同校児童約40名を対象にテープレコーダーによる唱歌吹込みと紙芝居『シンデレラ姫』『あぶちゃんと三平』などを上映し、午後から植淵道教委社教指導主事の講演、引き続き夜は映画上映を行って当会の日程を閉じたが、この夜も会場の生産組合倉庫には夜の更けるのも知らずに笑いさざめく部落民の声がオホーツクの潮騒と融け合っていた。」(「北海道新聞」昭和28年9月8日)

閉校時の新聞記事を転載する。
名残り惜しむ部落民 消える峰岡部落 淋しさこらえて「蛍の光」学校閉鎖とあわせ解散式
「部落ぐるみで移転することになっている稚内市峰岡の部落解散と、小中学校の閉校式は、部落の開基80年、小学校創立60年の記念式典とあわせ、1日午前11時から同校で行った。出席した部落民や生徒は「蛍の光」で別れを惜しみ、サイダーやジュースでお互いの健康を祈りあっていた。
同部落は稚内市の最東端にある。明治20年頃から開拓のクワが入れられ、ホタテの「貝場」、ニシンで栄えた。また戦後の外地引揚者も数多く入り、一時は戸数60戸、人口は400人にもなったことがある。しかし、漁業資源の不足、花嫁不足、後継者難の社会情勢から、他地区への転出が相次ぎ、現在では一般住宅5戸、先生の住宅3戸、人口わずか31人に減少している。生徒の数もわずか9人で、そのうち1戸から6人が通学している状態。
部落民は数年前から漁港の建設、船揚場の設置などを市へ要望していたが、衰退する部落の姿から「巨費を投じる価値がない」と判断、市議会などとともに部落の移転が将来のため―と住民に諮った。先祖の代から住みついでいる部落民は、はじめ部落閉鎖という事態にかなり強い難色を示していたが、宮本岩太郎部落会長らが中心になって話合いを続けた結果、移転費さえ補償されるならとこの移転案に同意、この日の部落解散式となったもの。
 全国的にも例がないこの解散に、市でも異例といわれる移転補助金を13戸分700万円を計上、今議会で承認を得ることになっている。
 現在部落に残っている5戸も遅い人でも11月中には移転し、生徒も今月10日過ぎまでには他へ転校する。したがって、この日の解散式、閉校式後若干の間は部落も存在するがその後は完全に無人化状態になる。
この日の式典には、部落民や峰岡出身者など約40人、それに来賓などが出席。最後の別れを惜しんだ。浜森市長も「消滅するための解散ではなく、将来に向かって発展するための解散であってほしい」と部落民を激励していた。
部落の発展や学校のためにつくした宮本岩太郎氏ら多数に感謝状と記念品が贈られた後、残り少ない生徒たちが「ああ、美わしきわが故郷(さと)よ」と校歌を唄い、また参加者全員で「蛍の光」を唄って、つきぬ名残りを惜しんだ。」(「日刊宗谷」昭和44年9月2日)

学校の沿革は以下のとおりである。

小学校
明治42年 時前教育所として開校(5月)
大正 6年 時前尋常小学校と改称(6月)
昭和16年 時前国民学校と変更(4月)
 同年   峰岡国民学校と改称(9月)
昭和22年 峰岡小学校と改称(4月)
昭和44年 閉校

中学校
昭和24年 大岬中学校峰岡分校として開校(5月)
昭和27年 峰岡中学校と改称(4月)
昭和44年 閉校

KIMG2114.jpg
宗谷管内の廃校廃村を巡る旅、メインである稚内市峰岡。
ここから学校までは徒歩約20分と見積もって歩きはじめた。

KIMG2087.jpg
歩き始めてから少し経ち、地形図に書かれた「墓地マーク」のポイントに来た。
明治時代からある集落なので、学校と神社、墓地は集落に「なくてはならないもの」である。
その墓地は植林されていた。

KIMG2088.jpg
墓地を後にして先へ進む。

KIMG2089.jpg
学校跡へ近づいてきた。

KIMG2094.jpg
峰岡小中学校へ到達した。
へき地4級、日本最北の「学校跡がある廃村」である。

KIMG2109_20180304122216d45.jpg
周辺には水道関係の基礎や教員住宅の基礎、瓶などが転がっている。

KIMG2101.jpg
学校と神社・その先にあった桃尻集落へ続く橋の基礎。
尚、「桃尻」は「モムジリ」と読む。

KIMG2103.jpg
瓶が転がっている。
平坦地が所々に広がっているので、屋敷跡の決め手にもなる。

KIMG2104.jpg
学校の背後にあった神社跡へ進む。

KIMG2105.jpg
しかし。背丈以上のササがびっしりと生い茂っていた。
これでは前に進むこともできない。

諦めて移転前の学校跡地へ行くことにした。

KIMG2106.jpg
地形図を見比べると、移転前の学校は神社の隣接地に文マークがしるされている。
校舎・校庭があってもおかしくない広さである。

KIMG2107.jpg
学校の入り口らしき跡には松の木が生えていた。

KIMG2108.jpg
移転前の校舎跡より移転後の校舎跡を眺める。

学校の校門と、木製の橋脚が集落の名残を伝えていた。

参考文献
宗谷村1935『宗谷村勢要覧 昭和10年版』宗谷村
稚内市史編纂室1968『稚内市史』稚内市
稚内市史編さん委員会1999『稚内市史第2巻』稚内市
北海道新聞1953「国境辺地を行く 走る公民館同乗記 映画みる唯一の機会 歩ける部落民は全部集まる」『北海道新聞』昭和28年9月8日
日刊宗谷1969「名残り惜しむ部落民 消える峰岡部落 淋しさこらえて「蛍の光」学校閉鎖とあわせ解散式」『日刊宗谷』昭和44年9月2日

稚内市三井沢

稚内市三井沢(平成28年5月1日探訪)

稚内市三井沢は炭鉱集落であった。

昭和15年 三井栄一が三井砿業宗谷炭砿を設立した。
当時は主に、金山組に所属していた朝鮮人によって採炭されていた。
やがて終戦を迎え、樺太(サハリン)からの引き揚げ者が炭鉱に入っていった。
昭和21年3月 宗谷炭砿株式会社と変更。中村還一が社長に就任すると規模拡大され、三井沢一帯は炭鉱住宅、配給所、商店、学校ができた。
昭和23年 三井沢-曲淵駅を結ぶ送炭用の索道が架設された。索道は石炭を送るだけではなく、食糧、坑木、手紙等と云ったものも送られ、連絡機関の一面も持ち合せていた。
昭和38年12月 選炭工場付近からの火災が切っ掛けとなり、炭鉱は閉山。学校も閉校した。

学校の沿革は以下の通りである。

昭和20年11月19日 曲淵国民学校三井沢分教場として開校。
昭和21年 7月 1日 三井沢国民学校として独立。
昭和22年 4月 1日 三井沢小学校と改称。
昭和27年 4月 1日 三井沢中学校併置。
昭和39年 6月10日 閉校。

宗谷炭砿閉山関係の記事を取り上げる。

18年のヤマに別れを告げ 宗谷炭砿閉山 明日への幸せを願い全従業員が出席して解散式
「〝幸せは俺らのねがい……〟-会場に響く〝幸福の歌〟の合唱。だが皆んなが未来の幸福な生活を願って頑張りながら、遂に幸せは訪づれなかった。三井沢にある宗谷炭礦(田岡義彦社長)は18年の歴史をとじ事業閉鎖の止むなき状態に見舞われ、15日には悲しみの閉山式を行った。そして同時に同礦と共に歩んできた同礦労仂組合、職員組合も解散大会を開き、心尽しの料理で18年間の過去を振り返り、お互いに新しい道で幸福を掴もう-と語りかけていた。
同礦があらゆる方面からの融資によって再建に進みながら遂に再建できなかったのは昨年暮に突然襲った選炭機の焼失によるもので心臓部を失い機能は全く停止した。そしてヤマ元では遂に再建をあきらめ、今後の方策を考え出し、同礦の政府買上げに努力をはらったこの結果〝保安買上げ〟として正式に決った。
同礦は現在までに賃金未払いが約6000万円。これに対する保安買上げ価格は1500万円。苦労しながら頑張った結果の報いとしては極めて冷たいもの。だが、どうしにもならない。いまは新しい道に希望を持って静かに毎日を送っている。
閉山式にはヤマ元にいる従業員全員が出席し、田岡社長から閉山への経過、そして深く従業員に詫びる挨拶があったが、従業員は誰をもウラんではいず、予想以上に明るい表情だった。このあと職員、労仂組合の解散を決議、今後の幸福を夢見ながら〝幸福の歌〟を合唱。精神的にも一応のケリがつき、ヤマと共に夫と共にして来た奥さん達のサービスでささやかながら酒宴に入り往時を懐しみ、明日からの道について語りながら〝お互いに頑張ろう〟と約束し合っていた。なお同礦従業員の就職先はそれぞれ別だが、ヤマの男はやはりヤマを選ぶのがほとんどで、その約半数は5月から着手される猿払新坑開発に従事することになっている。」(原文ママ)(『日刊宗谷』昭和39年3月17日版)

閉山による最後の卒業式の記事は以下の通りである。

閉山で最後の卒業式 三井沢小中校 みんなさびしそう 校長先生が励ます〝転校後もシッカリ〟
「【稚内】宗谷炭鉱は18年間の歴史を閉じ15日付で閉山したが、その閉山の炭鉱地区の市立三井沢小中学校でヤマを離れる子供たちの最後の卒業、終業式が行われ、先生も生徒もなごり惜しげだった。
三井沢小中は、国鉄天北線曲淵駅から5,6キロ奥に入った宗谷炭鉱炭住街にあり、炭鉱員の子供たちのための学校。炭鉱が開鉱した21年10月にまず小学校が三井沢国民学校として開校、中学校は28年に三井沢中学校として設けられた。小、中学生が同じ校舎で学ぶちっちゃな学校だが、炭鉱の18年間の歴史とともに歩み、炭住街の〝文化センター〟でもあった。
しかし、炭鉱が閉山となり、ほとんどの鉱員が5月頃までにヤマを去ると、学校はもはや閉校するほかなさそう。市教委ではまだ態度をはっきりしていないが『閉校するか、それとも規模を縮小して曲淵校の分校にするかどちらか』といっており、いずれにしても子供たちにとっては、これまでのかたちの三井沢校はなくなるわけ。
紅白の幕を張りめぐらした講堂に集まった小学生65人、中学生31人。それに父兄たちはみな『これが最後の卒業、終業式だね』とさびしそう。しかもこの1年間すでにヤマを去った子供たちは51人にものぼり『いっしょにこの式を終えたかったなあ』と生徒たちは先に去った友だちのことをなつかしげ。
大谷幸一校長が『別の学校に行っても、みなくじけずにしっかり勉強してください』と励ましのことばとともに小学校を卒業する久保節子さんら11人、中学校卒業の川村努君ら14人に卒業証書を手渡し式場は水を打ったような静けさ。おさない子供たちも楽しかった毎日に思いをはせ、その悲しみをジッと小さな胸に折りたたんでいるようだ。」(原文ママ)『北海道新聞 留萌・宗谷版 昭和39年3月18日版』

また、同日のコラム「拡大鏡」にも取り上げられているので転載する。

ヤマとお別れに雪像群
「〇…校舎前の広場に雪像群が並んだ。『軍艦』『考える人』『クマ』などいずれも3メートルから4メートルはあろうという大きなものばかり。閉山した宗谷炭鉱のマチの三井沢小中学の全生徒96人が、おとうさん、おかあさんといっしょにヤマをおりることになり、これで学校ともお別れ、と体育館の時間たん精込めて作ったのが、この雪像群。
〇…3月はじめからとりかかってさきごろようやく完成、15日の卒業式に間に合わせることができた。式に出席した浜森市長、赤川教育長はじめ、来賓、父兄たちは『りっぱなものですね、子供たちもこの雪像のように大きく、たうましく成長してほしいもの』とちょっとシュンとした表情だった。」(原文ママ)『北海道新聞 留萌・宗谷版 昭和39年3月18日版』

CIMG8024.jpg
「三井沢」の地名が残る林道の表示板。
電柱の標識にも「三井沢」とあるので、名前は今も残っている。

CIMG8025.jpg
林道風景。
しかし、集落や学校はこの先には無いので、引き返す。

CIMG8026.jpg
林道より先の風景。
この先に集落があった。

CIMG8027.jpg
先へ進むと、道路左手が湿地帯と化している場所を見つけた。

CIMG8029.jpg
宗谷炭砿の遺構が残っている。
夏になれば、草木に覆われて発見は難しい。

CIMG8033.jpg
同じく、炭鉱の遺構。
残されている遺構は、索道ではないかと思われる。

CIMG8039.jpg
折角なので、宗谷炭砿のズリ山を登ってみる。

CIMG8038.jpg
ズリ山頂上。
遺構関係は見当たらなかった。

CIMG8031.jpg
ズリ山より周囲を俯瞰する。

CIMG8019.jpg
先に進むと、道路右手にコンクリートの遺構を見つけた。

CIMG8021.jpg
位置的に考えると、学校跡地と思われる。
その根拠として
①宗谷炭砿が稼動していた時代を考えると、コンクリートが使われていた建物は炭鉱施設を除くと公的な建物に限られる。
②地形図と照合すると、文マークの位置が合致する。 ことである。

CIMG8022.jpg
記念碑も建立されていないのにもかかわらず、学校の基礎が残っている。
真夏なら、発見は困難である。

CIMG8023.jpg
反対側より。
植樹されたと思われるマツの木も、数本残っている。

CIMG8020.jpg
学校より奥の風景。
学校より奥は、道路左手に墓地があった。

炭鉱や集落の存在を知らなければ、ただの道路である。
しかし昭和30年代後半までは、学校も置かれていた集落が存在した。

引用・参考文献
稚内市史編纂室1968『稚内市史』稚内市
稚内市編さん委員会1999『稚内市史第2巻』 稚内市
北海道新聞1964「閉山で最後の卒業式 三井沢小中校 みんなさびしそう 校長先生が励ます〝転校後もシッカリ〟」『北海道新聞留萌・宗谷版』3月18日
日刊宗谷1964「18年のヤマに別れを告げ 宗谷炭砿閉山 明日への幸せを願い全従業員が出席して解散式」『日刊宗谷』3月17日
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR