三石町二川

三石町(現 新ひだか町)二川(平成23年10月22日・23日探訪)

延出小学校の分校があった集落である。

延出小学校 二川分校は昭和13年に開校した。
二川地域は当時、開墾者や木炭業者40戸ほどの集落を形成していた。
それまでは延出小学校まで通学していたが、当地の事業家 坂東信之・中谷清光らが出資して昭和13年2月15日、字福畑280番地に 小林清二准訓導を主任として開校した。

開講当初の児童は33名(男子21名 女子12名)、単級教育で行われていた。
しかし、昭和18年の時点で児童数12名(男子4名 女子8名)に減少してしまう。
昭和22年4月1日 分校に昇格するも昭和30年代に入ると、児童数は一桁となり昭和38年、児童数2名(男子1名 女子1名)となり、同年7月31日をもって廃校となった。
二川のへき地等級は3級、現在集落の人口はゼロ。
集落付近には「二川大橋」「二川林道」の名前のみが残っている。

274.jpg
この先に二川集落があった。


276.jpg
旧版地形図には、この周辺にも人家があった。
今は植林されており痕跡は全くない。

279.jpg
児童はこの川を渡って、学校に通学していた。
対岸に校舎があったものと思われる。
渡る術がないので、一旦引き返す。

289.jpg
「二川大橋」
この傍に「二川林道」という林道もあった。

288.jpg
二川大橋を渡り、対岸の学校跡付近。
「付近」と書いたのは、学校跡だと断定することが出来なかった。
校門もあったようだが、自然に還っており痕跡を見つけることが出来なかった。

本校であった延出小学校も平成23年1月30日 閉校式が行われ115年の歴史に幕を下ろした。
閉校当時の児童19名、卒業生の総数は3093名である。
スポンサーサイト

歌登町豊沃(タチカラウシュナイ)

歌登町(枝幸町)豊沃(平成19年9月17日・平成23年10月19日探訪)

 豊沃の開拓は大正2年、2戸の入植が切っ掛けとなった。当時は「タチカラウシュナイ」と呼ばれ上徳志別(カミトクシベツ)の一部であった。昭和初期には8戸ほどを数えたが、子供たちは上徳志別尋常小学校に通っていた。
 豊沃は戦後開拓により人家が急速に増えた。昭和22年に2戸入植したのを皮切りに、昭和26年には23戸入植した。
 当然、タチカルウシュナイにも学校の必要性が説かれた。当時、子供たちは上徳志別小学校へ通学していたが遠距離であることから、当時の宗谷支庁拓殖課長 塚越忠雄氏と豊沃の住民の声により昭和28年 タツカラウシュナイ351番地に「上徳志別小学校豊沃分校」として学校が開校した。「豊沃」の名前の由来は近くの橋「豊沃橋」から名づけられたものであった。
 昭和36年から38年にかけて教室や廊下、職員室の増築・間切工事や、遊具が設置された。
 昭和40年代に入ると教員住宅、校長住宅の新築や校舎の改修工事などが行われていたが、離農や大規模農場開発により児童数も次第に減少する。
 昭和53年3月 児童数皆無により閉校式が行われ、廃校となった。
 卒業生総数55名。閉校当時、在籍していた児童は3名であった。
 そして現在の豊沃は2世帯の方が住まわれている、過疎の集落である。

 IMG_0695.jpg

 豊沃は平成19年9月と今回(平成23年10月)訪ね歩いた。
 校舎の画像は平成19年、教員住宅は平成23年に訪ね歩いたときのものである。
 
 校舎は既に崩れていた。
IMG_0701.jpg
 倒壊して、そう月日が流れていないような印象を受けた。
 少なくとも、倒壊したのは数年前(平成16~19年?)と思われる。
 IMG_0702.jpg
 辛うじて校舎の面影が残っていた。
 笹藪でなかなか思うように進めない。

 IMG_0700.jpg
 中を覗くと「風呂」があった。
 市町村史で、僻地の学校記述に時々「学校風呂が設置される」と書かれているのを目にするが、現物を見たのはこの時が初めてであった。
 校舎の先には、廃屋となった教員住宅が3棟並んでいたがこの時は、笹藪を見て断念した。

 146.jpg
 再訪時は教員住宅をメインに探訪した。
 笹が生い茂っていたが、何とか行くことができた。
 136.jpg
 真ん中の教住外観。
 笹に足を取られて、撮影も苦労した。
  134.jpg
 奥の教住。既に倒壊していた。

 周囲には、離農した農家の廃屋が点在していた。
 校舎も、校庭も自然に還ろうとしていた。

歌登町ポールンベツ

歌登町(枝幸町)ポールンベツ(ポールン別)(平成23年10月19日探訪)

味わいのある集落名とは裏腹に開拓は大変であった。
明治44年に開拓が始まるが、鬱そうとした山深い集落であったので、入植しても他の集落へ移っていった。
そのため、一時は無人集落の危機を迎えたこともあった。
大正12年になってようやく特別教授場が設けられた。当初の名前は「上幌別尋常小学校付属保留運別特別教授場」である。
昭和14年 歩留運別尋常小学校と改称。
昭和22年 保倫別小学校と改称。
本当は「歩留運別」が正しいのだが、どうして改称したのかは分かりませんでした。

昭和31年 新校舎建築、屋内体育館も併せて建設。
昭和45年 過疎に伴い、児童数激減のため廃校。


校舎も既に無く、学校跡の記念碑のみ建立。

123.jpg
学校周辺の風景。
今は数件の酪農家が点在する集落である。

歌登町二股

歌登町(枝幸町)二股(平成23年10月19日探訪)

歌登町 本幌別集落より上流川を上流へ進むと二股集落へ行くことができる。
集落名の由来は幌別川の本流、支流により通称 二股と云われていた。

ここは大正7年に山形団体の入植により開拓された。開拓当初、児童は本幌別の学校へ通学していたが悪路のため、学校設置を陳情する。
大正12年 本幌別尋常小学校付属二股特別教授場として開校。当時の児童数23名。
昭和11年 二股尋常小学校と称される。
昭和22年 正和小学校と改称。
何故、「二股小学校」ではなく「正和小学校」と解消したのか、現時点では分かりませんでした。
120.jpg
校舎と記念碑。校舎は昭和29年建築。
校舎は牧草置き場として転用されていた。

116.jpg
内部。床も剥がされており、学校時代の面影を探すことはできなかった。

114.jpg
学校周辺。牧草地が広がるのみであった。
行く途中、数件の酪農家と離農した廃屋がポツンポツンと点在していた。

プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR