滝上町白鳥松布

滝上町白鳥松布(シラトリマップ)(平成23年8月13日探訪)

白鳥松布は明治44年に、2名の入植者を皮切りに戸数が増加していった。
当時、児童たちは白鳥尋常小学校・滝美尋常高等小学校に通学していたが、遠距離であったため昭和初期頃より集落内に学校設置の要望があがっていた。
昭和7年 集落の片山国太郎、土屋新吾、直正宗一、長屋文四郎と滝上森林保護区員駐在所 伊藤清治主事の後援、相馬宗造の一反歩の寄附で「森林事務所用建物」の名義として校舎を新築。白鳥松府7線より奥地の4年生以下の児童を入学させたのが始まりとなった。
昭和10年4月1日より6年生まで入学させることとなり、昭和15年10月7日 尋常小学校に昇格し、校名も上白鳥尋常小学校と変更した。
昭和16年4月1日 上白鳥国民学校、昭和22年4月1日 上白鳥小学校と改称した。

昭和22年7月22日 村落に電灯が灯り、教室に1灯配される。昭和27年8月10日 村落内の畑地4反を購入し、運動場が設けられた。この時は校下の住民や青年団員が4日間、一日中整地作業に従事した。
昭和31年9月28日 上白鳥中学校が開校。昭和35年12月2日 屋内体育館が落成し、翌36年9月20日 新校舎が落成した。この年の11月30日に校歌が制定された。
校歌の歌詞を引用する。

1 山垣青く水巡る ゆたけき里に育まれ
  友のむつみもうるわしく 学ぶわれらに幸多し

2 明るく高き校風を 仰ぎてこころおおらかに
  人にささぐる広き愛 学ぶわれらに希望あり

3 まことの光もとめつつ はばたき強くかける鳥
  上白鳥の名をここに 学ぶわれらに誇あれ

昭和31年の児童数は74名であったが、過疎化の進行に伴い昭和40年には35名、昭和45年には25名にまで減少していた。
昭和46年4月1日 上白鳥中学校は滝上中学校上白鳥校と名称を変更したが昭和48年 中学校は滝上中学校に統合された。この年の児童数は8名にまで減少していた。

この年の運動会に臨席した教育委員会教育長の手記を引用する。

「つい先頃、といっても昨年(昭和四八年)の六月一五日、私はこの学校の運動会を訪れました。(中略)この日陽光もうららかで、まだウグイスも残り囀っていはしまいかと思われた。学童八名、校下の老若集まってにぎわしく、婦人部の出店サービスもあって、昔ながらの雰囲気もあり、和やかさの中で私もいつしか競技種目の一員に加わっていたのでした。このとき四人の六年生が卒業したあとは在校生四名の極少人数とはなるが、明年もまたこの楽しい光景が続くことを、私は疑うことがなかったのであります。」

ところが翌年の1月、地域内でやむを得ない出来事が起きてしまい、昭和49年度の通学児童が3名になること、将来の新入児童が皆無状態となり昭和49年3月31日 閉校となった。
閉校に際し、最後の校長はこう述べた。

「星霜四一年、学校としての歴史は終ります。しかし、母校は心の故郷、いつまでも同窓諸氏の心の中に生きていくことでありましょう。校舎の窓から見るあの山の木々から、グラウンドの土の中から、一本一本の草の中から、同窓二六〇名の四一年間に亘った喜びの声、悲しみの声、笑った声、怒った声、励ましの声が聞こえてくることでしょう。」

※参考文献 「続滝上町史」(平成13年3月発行)

白鳥松布は現在、5世帯が暮らす静かな集落となっている。

116_20120320165720.jpg
集落入口にある集会所と神社。

117.jpg
周辺には離農した農家の廃屋が朽ちつつも残されていた。

118_20120320165718.jpg
白鳥松布集落の奥にあった上白鳥小学校。
この時は夏の探訪だった。

119_20120320165718.jpg
「上白鳥小・中学校跡」という立派な石碑が建立されている。
それにしても、自然の石を利用した校門は興味深いものがある。

120_20120320165717.jpg
小学校の表札も、そのまま残されていた。

130.jpg
早速、校舎内を探訪する。

129.jpg
画像がぶれてしまい、申し訳ない。
閉校から30年以上経ち、校舎の傷みもひどい。

132.jpg
いつまでこの姿を保てるのだろうか。

135.jpg
便所。
小便器の数が多い。大便器も同じ数だった。

141_20120320165957.jpg
続いて、体育館に行ってみる。

143.jpg
体育館は既に半分が倒壊していた。
しかし奥に、卒業生が製作した作品がそのまま飾られていた。

144.jpg
昭和47年度 修了生製作。
「修了生」とはどういう意味なのだろう?
絵は学校周辺の風景を表したものだろうか?

145.jpg
こちらは昭和47年度卒業生製作。
酪農作業を表している。

146_20120320170441.jpg

147.jpg
上記2点は製作年度が分からなかった。
そして、何を表しているのか分からなかった。
ただ、下の絵は鳥と畑?、山が描かれているので、秋の収穫後の畑の風景を表しているのかもしれない。

139_20120320170440.jpg
学校を後にし、さらにダートとなった道を進むと年季の入った廃屋があった。

140_20120320170439.jpg
ダートの道より学校方面を眺める。
「山の学校でも負けんべな」を合言葉に頑張った学び舎も、閉校して38年の歳月が流れた。
スポンサーサイト

増毛町歩古丹

増毛町歩古丹(平成21年5月3日探訪)

歩古丹(アユミコタン)はアイヌ語で「アエヒコタン」(アワビが採れるところ)と言われていた。
明治期の増毛町は二シン漁で賑わいを見せていた。最盛期は年間97万トン(明治30年)であった。
歩古丹は明治25年10月1日に開校する。当時は岩尾村字歩古丹と呼ばれており、単級編成の公立岩尾簡易小学校と称していた。
明治28年岩尾尋常小学校、明治42年5月21日 別苅尋常小学校附属歩古丹教育所、大正6年4月25日 歩古丹尋常小学校となる。
昭和12年になると歩古丹水産青年学校が併置された。水産青年学校は、昭和18年6月まで存続していた。
昭和16年 歩古丹国民学校、昭和22年 歩古丹小学校となった。
昭和40年5月12日、校舎が新築落成した。昭和43年には増毛中学校歩古丹分校も併置されたが、この頃、既に過疎化が進み昭和46年3月31日付で廃校となった。

歩古丹の主要産業は言うまでもなく、二シン漁(漁業)が盛んであった。東宝映画「ジャコ萬と鉄」(1949年)は当時、歩古丹にあった「南出漁場」がロケ撮影に全面協力してくれた。この映画は増毛町郷土資料館「元陣屋」にて閲覧可能である。

歩古丹について、数年前だが「空知地方史研究協議会」(平成21年3月7日解散)の会員 村上 修氏に伺ったことがある。村上氏は昭和43~46年の間、増毛高校に勤務されていた。
歩古丹について伺うと「雄冬へは行ったことがあるが歩古丹は行ったことがない」とのことだった。ただ、歩古丹へ行く道は当時、船舶しかなかったので雄冬から小さな船に乗って行くことしかできなかったと仰っていた。この頃の雄冬地区は「西の知床」と呼ばれていたくらいの「陸の孤島」であった。歩古丹もそれに準ずる地域であった。
村上氏は平成22年9月、逝去された。改めてご冥福をお祈り申し上げます。

尚、歩古丹についてはHEYANEKO氏の「廃村と過疎の風景」内の「廃村・過疎集落探訪体験記 No.8  漁村の廃村・歩古丹集落跡探訪」に探訪当時のレポートが掲載されています。
また、「廃村をゆく」 (イカロス・ムック/2011年5月23日発売)にも掲載されています。

CIMG2550.jpg
夕観橋の下に残る歩古丹小学校校舎。
「猫の額」ほどしかない狭い土地に校舎があった。

CIMG2553.jpg
急斜面を降り、集落跡地へ到達。

CIMG2590.jpg
学校周辺には住宅の基礎が残されていた。

CIMG2556.jpg
セトモノや酒瓶が散乱していた。

CIMG2560.jpg
校舎外観。
校門が辛うじて残されている。
この校舎の真上に、国道231号線が走っている。

CIMG2574.jpg
ブランコの名残。

CIMG2562.jpg
校舎内の倉庫だろうか?石炭ストーブが置かれていた。

CIMG2564.jpg
廊下を進んでみる。

CIMG2565.jpg
黒板には記念の書き込みで一杯だった。
しかし、その中にはかつて校長として赴任された方の名前もあった。

CIMG2582.jpg
床は波打っており歩きにくい。

CIMG2575.jpg
校舎に隣接していた教員住宅の基礎。

CIMG2602.jpg
校舎を後にして増毛方面へ歩くと番屋の跡がある。
映画のロケで使用された「南出漁場」なのかもしれないが、この時は分からなかった。

CIMG2603.jpg
石垣が残っていたため、番屋であることが分かった。

CIMG2604.jpg
番屋へ行く途中に残されていた電柱。

CIMG2609.jpg
番屋へ行く途中に打ち上げられていた漂着物。
隣国の投棄されたものが流れ着いていた。

CIMG2610.jpg
歩古丹の船着場跡。
波に洗われながらも残っていた。

CIMG2611.jpg
先ほどの番屋からの風景。
ニシン漁の衰退とともに、過疎化が進み廃村になってしまった。
プロフィール

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR