スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌志内市新歌志内(新歌)

歌志内市新歌志内(平成23年5月4日探訪)

歌志内市 神威より約4キロ程入った山あいの集落でした。
「でした」と書いたのは、現在無人集落だからです。

新歌志内鉱は明治40年末に日本興業KKで試掘許可を受け、同44年9月 奔別炭鉱KKに移り、会社名の変更を経て昭和3年住友坂炭鉱KKの経営に移る。昭和28年8月3日閉山。
なお、昭和27年7月1日現在の人口 2529名。

幸袋興業KKは昭和32年5月、住友新歌志内鉱跡地を買い取って再鉱。しかし昭和38年3月31日閉山。

古老の話では、つづらおりの峠道を歩いてふもと(神威)にあった劇場へ行ったりしたという記述があります。
現在、新歌志内は露天掘りの敷地内にあります。また一帯は熊の出没地帯であるので、これを見たからといって探索せぬようお願いします。

新歌志内集落への道
新歌志内集落の入り口。
延々とつづらおりの道(峠道)を歩きます。

入り口の記念碑台座
集落入り口にあった「記念碑」台座。
記念碑は現在、神威厳にある救護施設「親愛の家」向かいに移設されました。

新歌志内選炭施設
新歌志内選炭施設2
新歌志内炭鉱選炭施設。
選炭施設よりさらに上へ通じる道がありますが、その先に「住友」時代の新歌志内小学校がありました。

神社跡
神社跡。社殿はおそらく、この上にあったものと思います。

集落跡
集落跡。
植林されていますが、平らな部分は炭鉱住宅(長屋)が建っていた頃の名残です。
幸袋鉱業時代の校舎は、結局、見つかりませんでしたが新歌志内の現状を紹介しているところは、そう多くないと思います。

新歌についてはまだ調べています。
何か情報がありましたらご一報ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

ご無沙汰してます
リンクさせていただきました
今後ともよろしくお願いします

猫爺さま リンク有り難うございます。今後ともよろしくお願いします。

No title

暑中見舞い申し上げます。

いつも見ています。
名寄・士別・和寒辺りの記事が好きです。
剣淵は私の祖母・母の故郷であり、祖母の生家(屯田兵屋)が町の文化財として保存されています。

そして執筆活動に驚きです。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

リンク追加させていただきます。
ありがとうございます。

拓道館さま
有り難うございます。
私はただ、趣味を楽しんでいるだけでしたがこういう形になり、嬉しく思っています。
今後ともよろしくお願いします。

小学校の遠足で

現在54歳。仙台市で小学校の先生をしています。18まで歌志内にいました。
小学校の遠足で、新歌志内へ向かい途中の雨で引き返しました。そのため
実際には言ったことは無いのです。曾じいさんが大工で、新歌志内の炭坑住宅
を作った話を聞いています。故郷は自然に戻っています。真っ黒だった川(ペンケウタオシュナイ川)は、きれいになりましたか?子供の頃、春先の増水時に流されそうになりました。

鈴木さま
コメント有り難うございました。歌志内の思い出話など興味深いものがあります。
仙台で教員をされているとの由。地震に見舞われて大変ですね。復興がだいぶ進んだのか気になります。
時節柄ご自愛下さい。

新歌志内

こんにちは。妻が歌志内市出身です。新歌志内は露天掘り地帯ということですが、何を掘っているのかご存知ですか?

RE:新歌志内

ふなはしさま

コメント有難うございました。
お尋ねの件ですが、現在は石炭の露天掘りが広がっています。
新歌のみならず歌志内全域、空知はかつて炭鉱で賑わいを見せていました。

住んでた

私は、現在68歳。小学校4年・5年生の頃、新歌に住んでました。
父親は、炭鉱夫でした。昭和34年4年生の夏、新歌小学校へ転入しました。
当時の学校は、炭鉱住宅の東側奥にあり、炭鉱住宅の長屋一棟を改造し
教室2、職員室1で1・2年、3・4年の複式でした。5年生になると会社のバスで神威小学校に設置されてた新歌学級で5・6年の複式でした。
5年生の秋、転校したため炭鉱職員住宅の上部に建てられたという新校舎は直接見ていません。
当時は、何かあると神威へ降りてました。バスがなくなると平気で歩いて帰宅したものです。
峠から見る神威岳のきれいな姿を今でもはっきりと覚えています。
あの頃一緒に過ごした仲間は、今、どうしているだろう? 

Re: 住んでた


杜子春さま

コメント有難うございました。また、新歌小学校の情報は興味深く拝見致しました。
お尋ねの新しいほうの校舎ですが、建設されてから数年後に閉校になったと記憶しています。
探訪時は雨のなか、峠道を歩きました。万歳峠にあった新歌の記念碑は、神威の史跡広場に移設されました。
機会があれば再訪して、次こそ学校跡地を見たいものです。

続・新歌

すぐに読んでいただいたんですね。ありがとうございます。
 当時、神威方面への足は、会社のバスとカーゴ車と呼んでいたトラックです。荷台に木製の座席を付け幌をかぶせたものでした。急峻な坂道が連続することから車輌は全て4輪駆動でした。
新歌まで、他の方は、神威から4㎞程奥まった所と記してますが、私の感覚ではもっと距離があったように思われます。
 バス停から鉱業所や所長住宅、独身寮、配給所(お店)、会館、共同浴場、そして尾根にへばり着くように炭坑長屋が見えました。長屋を改築した新歌小学校から新設された新歌小学校は、この道路周辺の広場に建てられたと聞いています。
さらに、沢を流れる川を挟んで手前側には、管理職の住宅がありました。九州の福岡県の方が多かったと
記憶しています。
 長屋からバスの通る道路まではかなりの距離があり5年生の頃は、6:30には家を出て徒歩でバス停へ急いだものです。
 冬は、スキーを楽しみました。パウダースノーを思う存分楽しみました。スキーには、自信を持ってましたがスキー大会では、どういう訳か九州出身の、所長の息子(1年先輩)に、完全優勝を阻まれていました。
 今年の夏には、近くまで出かけてみる予定です。
熊に出会わないように祈りながら、徒歩で行ってみます。
結果は、また、書き込みます。

Re: 続・新歌

杜子春さま

お返事有難うございました。また、新歌に暮らす人々の日常や様々な情報、重ねて御礼申し上げます。
新歌の学校もそうですが、人々の暮らしの証言が特に少なく手をこまねいていました。杜子春さまの証言を拝読し、往時の風景が思い浮かびます。
現在は熊が出没しますので、どうぞお気をつけ下さい。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。