奈井江町東奈井江

奈井江町東奈井江(平成26年6月7日探訪)

奈井江町東奈井江は炭鉱開発で出来た集落であった。

大正時代、道有林や市有林の造材や、木炭焼きに従事する人々(杣夫数戸居住)が暮らしていた。

昭和8年 中村初一 藤本定の経営により東美唄炭鉱(藤木炭鉱)として開発が始まった。
炭鉱開発に伴い住民も増えていった。

昭和14年3月1日 奈井江尋常高等小学校東分教場として開校した。
開校当時の児童数は37名であった。

昭和16年4月1日 奈井江国民学校東分教場と改称。

昭和17年7月1日 東奈井江国民学校として独立。

昭和22年4月1日 東奈井江小学校と改称。

昭和23年4月1日 東奈井江中学校を併置。

昭和31年頃より、東美唄炭鉱より織田炭鉱と変更になった。
この間、従業員も増え昭和37年には120名もの児童・生徒が通っていた。

しかし、昭和41年3月31日付で東奈井江中学校は奈井江中学校に統合され、廃校になった。
さらに、炭鉱の合理化により生徒数は減少、昭和46年度当初の東奈井江小学校児童10名も、この年の8月に従業員社宅の市街地移転により皆無となり、学校職員の子弟1人となってしまった。

昭和46年10月1日 児童数皆無により休校。

同年12月3日 廃校となった。

290.jpg
砂利道を延々と走り、学校跡地より振り返った風景。
道路の両脇には平坦地が広がり、建物が建っていたと思われるが自然に帰っている。

292.jpg
学校の跡地に記念碑が建立されていた。
「ここに学校があったのだろうか?」と思うほど、草木が生えていた。

296_2014081908594180b.jpg
記念碑右手の笹薮を見ると、基礎が残されている。
「奈井江町百年史」に掲載されている写真から見て、体育館と思われる。

294_20140819083246767.jpg
体育館の基礎に煙突が倒れていた。

295_20140819083248175.jpg
鉄鋼の残骸もある。

297_201408190833238be.jpg
尾籠な話で恐縮だが、便槽?と思われる。

300_20140819083327072.jpg
同じく、便槽?と思われる。

298_20140819083325d0b.jpg
校舎の背後には川が流れている。

291_20140819083242b46.jpg
学校より奥を眺める。
この先には神社もあったが、自然に帰っていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR