スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釧路市阿寒町雄別

釧路市阿寒町雄別(平成28年2月13日・5月27日探訪)

阿寒町(現 釧路市)雄別は炭鉱で栄えた地域である。

大正8年 芝義太郎・宗像政蔵が「北海道炭礦鉄道株式会社」を創設したことから始まった。
大正9年 雄別-釧路間の鉄道敷設、開坑作業に着手した。
大正12年 鉄道工事が完成、本格的な採炭や営業が始まった。
大正13年 三菱鉱業株式会社に吸収され「雄別炭礦鉄道株式会社」と社名変更。
昭和13年 雄別通洞完成。
昭和19年 政府命令により従業員と設備を九州の三菱系炭砿へ転換し、採炭創業は中止。
      配置転換先は鯰田・上山田・飯塚等の炭砿であった。
昭和20年 終戦とともに操業再開。
昭和21年 財閥解体により三菱鉱業株式会社から分離独立。
昭和34年 経営合理化により「雄別炭礦株式会社」に変更。
昭和44年 茂尻礦(赤平市)ガス爆発事故、再建計画により企業分離を行ったが同年7月閉山。
昭和45年 尺別・上茶路炭礦とともに企業ぐるみ閉山(2月27日)

学校の沿革は次のとおりである。

雄別小学校
大正12年3月 私立雄別尋常小学校として開校
大正13年6月 大祥内分教場を設置
昭和3年9月  高等科を設置
昭和8年3月  公立雄別尋常小学校と改称
昭和14年4月 大祥内分教場閉校
昭和16年4月 雄別国民学校と改称
昭和22年4月 雄別小学校と改称
昭和45年5月 閉校

雄別中学校
昭和22年5月 雄別中学校開校
昭和45年5月 閉校


CIMG7647.jpg
平成28年2月、他大学の友人と一緒に卒業旅行も兼ねて調査で訪れた。
雄別炭砿記念碑は雄別で最後まで残った実相寺(法華宗)の隣接地である。

CIMG7583.jpg
クルマの出入りがあるが、地元の方の話によると鹿撃ちで入山しているとのことである。

CIMG7582.jpg
雄別商事(購買)の建物が見えてきた。
往時はこの上にバーもあった。

CIMG7584.jpg
内部。落書きが酷く、老朽化も進んでいる。

CIMG7592.jpg
購買を後にして進むと、選炭工場付近が見えてきた。
総合煙突は健在である。

CIMG7594.jpg
坑木運搬のトロッコの一部である。

CIMG7598.jpg
正面には雄別炭砿病院が見えた。
雄別炭砿病院は作家 渡辺淳一氏が整形外科の出張医として3度勤務している。

CIMG7600.jpg
この建物は昭和43年12月 雄別工作所が設計し東京年金病院を参考にして、1億1200万円で建築したものである。

CIMG7628.jpg
病院の後ろには雄別通洞がある。
既存の坑口を集約するために掘進作業を進め、昭和13年に完成した。

CIMG7631.jpg
雄別通洞を後にして周辺を歩く。

CIMG7640.jpg
選炭工場上部より眺める。

ここから先は5月下旬、HEYANEKO氏らとともに訪れたときのものである。

CIMG8195.jpg
雄別炭砿の手前にガソリンスタンドの跡がある。
この近くに雄別中学校があったが、現在は校門のみ現存している。

CIMG8199.jpg
雪があるのと無いのとでは、印象も違って見える。
3ヶ月ぶりの再訪となった。

CIMG8201.jpg
雄別商事も木々に覆われてしまっている。

CIMG8205.jpg
周辺を歩くと建物の基礎や浴槽などが残っている。

CIMG8207.jpg
足元を見ると、かつてあった商店の看板の一部が見つかった。
お茶屋さんのようである。

CIMG8209.jpg
先へ進むと山神社の石段が残っていた。
上ってみる。

CIMG8210.jpg
山神社が見えた。
恐らく、拝殿跡と思われる。
基礎しか残っていないが、折角なので参拝をした。

神社を降り、雄別小学校跡地へ足を運ぶ。

CIMG8220.jpg
学校跡地付近。石垣の上が校舎跡とのことである。

CIMG8223.jpg
学校跡地は、果てしなく広い平地と基礎が広がっていた。


参考文献
1986『阿寒町百年史』
布伏内連合町内会ウルトラウォーク実行委員会2008『雄別炭砿アーカイブ』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

雄別炭鉱、父が昭和24年頃からの数年間、幼少時代を過ごしていました。私も2回ほど訪れたことがあります。
集合煙突と言われる大きな煙突や釧路まで続く雄別炭鉱鉄道の軌道の名残もあったと記憶しています。

ここから釧路に向かう途中の道の駅のすぐ側に炭鉱資料館が有って色々展示がありました。蒸気機関車の現物も置いてありました。懐かしいですね。

Re: タイトルなし

takさま

コメント有難うございました。雄別炭砿は釧路地方の炭鉱の中でも特に、有名ですね。
仰るように、炭砿鉄道の軌道跡は今も残っています。炭鉱資料館には行ったことがないので、いつか再訪した時に立ち寄りたいと思っています。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。