標茶町阿歴内共和

標茶町阿歴内共和 平成28年5月28日探訪

標茶町阿歴内共和は農村集落である。

阿歴内は明治40年 道庁が殖民区画を測定し告示した。
しかし、この時の入植者応募はなかった。

大正4年 11戸の集団移民が入植したことがきっかけで、阿歴内の集落が形成されていった。
大正6年 9月12日 塘路尋常小学校所属阿歴内特別教授場 開校(後の阿歴内小学校 平成28年3月閉校)
昭和5年 10月1日 阿歴内第二特別教授場 開校(後の阿歴内第二小学校 平成7年3月閉校)

ここから先は阿歴内共和の沿革である。

大正時代、本州より移住した入植者が3戸あったが、学校設置の必要性はなかった。
昭和8年度に本州より18戸の補助移民が現れた。
その頃は阿歴内小学校へ通学していたが道路状況が悪く、通学は困難を極めた。

昭和11年3月 部落総会を開き、学校設置の必要性を全会一致で確認。
当時、阿歴内第一地区に居住していた村議 高橋甚三郎を中心として村会に提議した結果、理事者や村会議員が賛成可決した。

学校の沿革は次のとおりである。

昭和11年3月     高橋甚三郎、阿歴内共和に学校設置を村会に提議、可決
昭和11年8月     学校建設の工事開始(校舎土地は藤原敬助の寄付による)
昭和11年12月10日 校舎落成開校式挙行
昭和14年 3月31日 阿歴内第三小学校として独立
昭和16年 4月 1日 阿歴内第三国民学校と変更
昭和22年4月 1日 阿歴内第三小学校と変更
昭和50年11月30日 閉校

この間、第3回全道へき地教育実践奨励賞(昭和41年8月)、管内教育振興実践奨励表彰(昭和46年3月)の受賞。
教育局、町教委研究指定校(昭和47~48年度)、全道へき地複式研究大会での研究発表(昭和48年9月)等が行われた。

閉校当時の新聞記事を以下に紹介する。

しんみりとお別れ会 月末閉校の阿歴内第三小
「【標茶】さようなら、思い出の第三小学校」と、在校生や部落の人たちのさまざまな感慨のうちに阿歴内第三小(佐藤要校長)の閉校式が16日、同校で行われた。今月いっぱいで閉校、12月から阿歴内小に統合となる。
 同校は昭和11年、阿歴内小の分教場としてスタート。今春までに135人の卒業生を送り出してきたが、今年は校長と佐野教諭、それに児童は小関厚子さん(6年)と寺田新一君(5年)の二人という小さな学校になってしまい、このほど廃校が決まったもの。
 同日は学校のある阿歴内第一部落の人たち、同窓生、かつて勤めていた先生、それに40年から毎年のように慰問に来ていた釧路の働く青年たちのグループ「ガリバンクラブ」の人たちなど125人が集まり、小さな学校ははち切れそう。
 閉校式は効果の斉唱で始まり、熊谷町教育長らがあいさつ、最後は在校生二人が「もうこの学校に通えなくなるのは寂しい」と〝呼びかけ〟を行い、一同が「ウサギ追いしかの山…」と「故郷」をしんみりと合唱して終わった。
 同校は12月からは阿歴内小に統合、児童たちはスクールバスで送られることになる。廃校になった学校の建物については、出席していた門屋町長も「思い出として残るよう考えたい」と約束したが、集会所などへの転用が考えられるほか、大阪からの従業員の子弟の林間学校にしたいという企業の打診もあったので、有効な利用策を研究してゆくという。」(北海道新聞釧路・根室版昭和50(1975)年11月18日)

CIMG8283_20170304095701114.jpg
広い阿歴内集落を通り、阿歴内第三小学校跡へ到着した。
民家は、ポツポツと点在するのみである。

CIMG8284.jpg
HEYANEKO氏曰く「学校は移転しているみたいだから、移転前の跡地も行ってみよう(注1)」とのことで歩く。

CIMG8287.jpg
ふと見ると、使われなくなって久しい農機具があった。

CIMG8288.jpg
移転前の学校跡地付近。
学校跡を偲ばせるものは無かった。

広い牧草地と砂利道が続く風景が広がっていた。

余話
阿歴内第三小学校が置かれた集落は「阿歴内第一」。
しかし、国土地理院の地形図では「共和」と記載されている。

この「共和」の由来について標茶町郷土館とやりとりを交わしたが、由来については最後まで分からなかった。
その為、地形図に記載されている「共和」を掲載し「阿歴内第一」は用いないこととした。

(注1)
「移転したのではないか」と思われていたがその後の調査により学校移転の話は書かれていなかったことや、道路のずれなどから地形図を読み誤り「移転」と書いてしまいました。
謹んでお詫び申し上げます。

参考文献

阿歴内開基70周年記念期成会1985「『70年のあゆみ-阿歴内開基70周年記念誌-』阿歴内開基70周年記念期成会
北海道新聞1975「しんみりとお別れ会 月末閉校の阿歴内第三小」『北海道新聞釧路・根室版』11月18日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

阿歴内共和

阿歴内共和、訪ねたのはおよそ1年前ですね。
なつかしいです。
「元の学校跡が西側にあるのではないか」と思った件ですが、
その後、今の道が西側にずれて作られたことがわかりました。
まぎらわしいこととなり、すみませんでした。

阿歴内小学校は(中学校に)吸収移転したとは聞いていてりするのだ

20年前くらいに(おそらく)共和を伺ったとき、地元の方に
「共和ってここですか?」「いやここは第一アレキナイだよ」と言われました。
なるほど、含まれていたんですね。
・・・道理で共和って名前が出てこないはずですみならいかのん

第3小学校の移転の話は全く知らなかったのす。
学校の跡地には、鉄棒・ブランコの支柱跡、木製の窓枠に窓ガラス(半分くらい割れてたす)、
あと一人がけの児童イス・机の朽ちたもの
(苫前町立霧立小学校跡にもあったすけど、後から持ち込まれたかもす)があって、
もしかして「ここが小学校」と判断したのす。
・・・ちがうかもしれないけどすゆたか

上尾幌から塘路に抜ける道道の阿歴内集落に、「塘路方面」と共和を抜けて国道に抜ける道があって、
20年前までは、「⇚塘路10㎞」の標識の下に同じ規模の標識で、「第3小学校⇛」の案内がありました。
しかしながら、なかなか見つからなくて、土地の人も見つからなくて、
砂利道走っていたら、ブレーキ聞かなくて横転したり路肩から落っこちたりと、
第3小学校を見つけるまで結構やんちゃしたりしていました。
案内標識なかったら、興味持たなかったのに・・・
お写真の通り、おそらく20年前と同じところだと確信持てました。ありがとうございます。
・・・携帯持ってなかったから朝助けてもらったですはじめっち

あたいはむずかしいことはよくわかんないけども、
第3小学校の看板については地元の人も良くわからなかったらしいのだ。
北海道の国道の看板だって、ときどきまちがえているのだ。
別海奥行臼で国道241経由で、「斜里 145㎞」とか・・・これ根室からの距離なのだ。
・・・でも意外と笑えるのだつるみん

Re: 阿歴内共和

HEYANEKOさま

コメントありがとうございます。また、メッセージも頂き重ねて御礼申し上げます。
道路が少しずれていたのですね。すぐに訂正いたします。

Re: 阿歴内小学校は(中学校に)吸収移転したとは聞いていてりするのだ

みならいかのん&ゆたか&はじめっち&みならいかのんさま

コメントありがとうございます。
お返事をいただきながら恐縮ですが、第3小学校の移転はありませんでした。申し訳ありません。
鉄棒・ブランコの支柱跡、木製の窓枠に窓ガラスなどがあれば、学校と思ってよいと思います。
第3小学校の案内板は初めて知りました。20年前ですから、無くなってしまうのも無理ないですね。
釧路方面の廃校探訪は遠いですが、またいつか足を運んでみたいと思っています。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR