初山別村明里御料

初山別村明里御料(平成29年4月18日及び25日探訪)

初山別村明里御料は戦後開拓集落であった。

明里御料は以前『学舎の風景』合同探訪で訪ねようとしたが、生憎この時は見つけられなかった。
それから数年後、初山別村教育委員会とのやり取りや文献調査を踏まえ、学校跡地を特定することができた。

『初山別村史』を見ても明里御料に関する記述も少ない(注1)が、学級数・児童数の推移や閉校当時の報道記事を転載する。

開校 昭和35年12月5日
閉校 昭和43年4月26日

学級数・児童数の推移(『北海道教育関係職員録』昭和36年度~42年度より)

昭和36年度 1学級12名
昭和37年度 1学級12名
昭和38年度 1学級 6名
昭和39年度 1学級10名
昭和40年度 1学級 7名
昭和41年度 2学級 4名
昭和42年度 1学級 2名

7年余の歴史に幕 豊岬小学校明里分校 1日から本校に統合
「【初山別】豊岬小明里分校は3月末で廃校となり、4月1日から本校に統合される。
 明里分校は豊岬小本校から9.5キロ、国鉄豊岬駅から11キロも離れた、通称‘御料開拓地`にある辺地校。この地区の児童を教育するため、35年11月に校舎が建設され、同12月に正式認可となった。当時は児童数も12人を数えていたが、年々離農や農家の移転があいつぎ、現在では校下にある民家はわずか1軒よりなく、児童もこの1軒の農家から2人が通学しているだけ。分校の先生も同家に下宿しなければならないという状態。
 村教委は、いままで明里分校を含めた村内4校について統合計画を検討していたが、こうした現状から、まず明里分校の廃校を取りあげ、関係者の意向を打診していたが、こんご同分校の児童数がふえる見通しが全くないおとなどから、年度替わりをひかえ、急きょ廃校を決めたもの。わずか7年4ヵ月で同分校の歴史を閉じることになった。」

KIMG1331.jpg
日本最北のりんご園である「木下りんご園」
この先が明里御料である。
この時は、あくまで「下見」で訪ねてきた。

KIMG1334.jpg
一本の大きな松の先からダートになる。

KIMG1335.jpg
道中の風景。
所々平坦な土地があるが、すべて植林されているか自然に還っている。

KIMG1340.jpg
橋が崩れかかっている。おっかなびっくり渡りながら進む。

KIMG1342.jpg
道はこの奥も続いていたが、川を渡る術が見当たらない。
諦めて引き返す。

と、その時分校跡を示す記念碑が建立されていることに気がついた。
下見の時点で、到達してしまった。

KIMG1473.jpg
1週間後の4月25日 ラオウ氏とA.D.1600氏と会い、すっかり恐縮しながらの探索となった。
こちらが豊岬小中学校(本校)である。

KIMG1472.jpg
小学校は平成26年3月、中学校は平成21年3月にそれぞれ閉校した。

明里分校までの道中は一緒なので割愛させていただく。

CIMG9126.jpg
道中の橋を渡り、分校跡地へ到達した。
ネットでも明里分校の画像は出てこないので、恐らく初公開である。

KIMG1468.jpg
傍には朽ちた昔の木碑が倒れていた。
東山小学校の木碑と同型である。

CIMG9129.jpg
学校跡地。
分校にしても小さく、1教室と洗面所、トイレ程度しかない。
学校の基礎を改めて見て、お互い「分校でもここまで小さいのはあまり見かけない」と驚いていた。

KIMG1470.jpg
天気も良かったので周辺を散策した。

CIMG9132.jpg
学校跡地より崩れかけた橋を眺める。
へき地等級4級。
学校跡地の記念碑と基礎が唯一の集落の面影であった。

今回の調査では特に初山別村教育委員会様に大変お世話になりました。厚くお礼申し上げます。

(注1)『初山別村史』には「なお本校には昭和35年11月1日、南明里奥地住民の要望により豊岬小学校明里分校が設置され、同年12月5日から授業が開始されたが、住民の挙家流出により児童の現象をみ、昭和43年4月26日分校開設8ヵ年の歴史を閉じ本校に統合された。」と書かれている。

参考文献

北海道新聞1968「7年余の歴史に幕 豊岬小明里分校 1日から本校に統合」北海道新聞留萌・宗谷 昭和45年3月26日
北海道教職員組合1961~1967『北海道教育関係職員録』北海教育評論社
初山別村史編集室1972『初山別村史』初山別村役場
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

明里分校の児童数

拝見しました。2週連続でこの奥地まで出向かれるというのは
すごいです。

明里分校の児童数の推移、『全国学校総覧』で調べたものと比べると、
昭和38年度だけ違いがあることがわかりました。

昭和36年度 12名
昭和37年度 12名
昭和38年度  8名 ※
昭和39年度 10名
昭和40年度  7名
昭和41年度  4名
昭和42年度  2名

Re: 明里分校の児童数

HEYANEKOさま

コメント有難うございました。2週連続で初山別村へいったのは大変でしたが、お陰で合同調査がスムーズに済みました。
児童数の推移は、どちらかが間違っているのかもしれませんがあまり気にしていません。
現在は、往時の校舎の写真を探しているところです。

Re: 明里分校の児童数

了解です。続きは5月下旬にでも。
私のほうも、心当たりの資料を用意しておこうと思います。

Re: Re: 明里分校の児童数

HEYANEKOさま

コメント有難うございます。続きの件、承知致しました。
私の方も、何かあればお知らせ致します。

初山別村調べ処まんさいなのだ

「明里御料」は聞くのも全く初めてです。
おそらくは「風連別川」の上流ですね。(北風連別川沿いでしょうか?)
新信砂というところにはいったことがありますが、
基礎らしい基礎もなくなっていて、水道施設と無人の(結構大きい)民家があっただけで…
(実は違うところを特定して、勘違いしてるだけかもしれませんが)
有明御料は閉校後、誰も再開拓することがなかったのだということが、分校基礎の状態から
読み取ることができました。
記録もほとんどないところから、記憶から完全になくなるギリ(ギリギリではないにしても)の状態
だったのではないでしょうか?
もし存命の関係者がいらっしゃったら、ぜひ話を聞きたいです。
・・・この後の調査も楽しみです!はじめっち

初山別は自転車で通った時に栄・大沢・共成(歌越に通学していたといっていたが)と、
東山に車で向かった以外は、「通り道」で足を止めることはなかったのだども、
ほかに、分校(分校自体も珍しいけんども)があったとは驚きなのっす。
ところどころ陥没はしてても道がしっかりしてるように見えんのは、
「御領木?」を今でも営林署が管理しているからなのかとふと思ったす。
・・・橋ランカンなくてこわいっすゆたか

橋がないのに道が続いているって、どういうことなんでしょうか?
・・・まだ奥地に民家があった?みならいかのん

あたいはむずかしいことはよくわかんないけんども、
「統合を進めていた『村内4校』」っていうのは、どこだったんだろなと・・・
他にも分校があったんかなと、4匹で話題にしてるのだ。
・・・留萌管内たくさん埋もれてるのだつるみん

Re: 初山別村調べ処まんさいなのだ

はじめっち&ゆたか&みならいかのん&つるみんさま

コメント有難うございます。
仰る通り、風連別川の上流部にあります。かつては学校から先に橋がかかり、行くことが出来ましたが橋が撤去されており、渡ることができません。
開校から閉校まで分校だった学校は留萌管内でここと、達布小学校瑞穂分校(小平町下記念別)の2校しかありません。村内4校統合は、独立した小規模へき地校と思います。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR