歌登町ポールンベツ

歌登町(枝幸町)ポールンベツ(ポールン別)(平成23年10月19日探訪)

味わいのある集落名とは裏腹に開拓は大変であった。
明治44年に開拓が始まるが、鬱そうとした山深い集落であったので、入植しても他の集落へ移っていった。
そのため、一時は無人集落の危機を迎えたこともあった。
大正12年になってようやく特別教授場が設けられた。当初の名前は「上幌別尋常小学校付属保留運別特別教授場」である。
昭和14年 歩留運別尋常小学校と改称。
昭和22年 保倫別小学校と改称。
本当は「歩留運別」が正しいのだが、どうして改称したのかは分かりませんでした。

昭和31年 新校舎建築、屋内体育館も併せて建設。
昭和45年 過疎に伴い、児童数激減のため廃校。


校舎も既に無く、学校跡の記念碑のみ建立。

123.jpg
学校周辺の風景。
今は数件の酪農家が点在する集落である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
母が歌登の出身で、祖父が昔歌登の教育長をやっていました。
昔13人の校長先生が家に集まって宴会をしたという話を聞いて、
先週歌登に行った際に毛登別小学校跡とポールンベツを見てきました。
ポールンベツでは、車のナビには神社のマークがあったのですが、
(道が分岐していて家があるあたり)鬱蒼とた塚のようになっていて分かりませんでした

小学校跡の碑があったんですね…もっとよく探せばよかったです
保留運別橋というのがあったので近辺が小学校だろうな~とは思ったのですが

母はポールンと略称で呼んでいました

私が小さい頃行ったときには学校は5つありましたが、今は歌登小、中のふたつになってしまいましたね…

RE:No title

hea-coさま

コメント有難うございました。
ポールン別の神社跡、仰るとおりの位置で間違いないですが探訪時は分りませんでした。
今は学校記念碑しか無く、学校跡地も畑に変わってしまい寂しい集落です。
記念碑ですが、道路沿いからでも分ります。右手にポツンとありますね。

毛登別小学校の味わい深い校舎も解体され、更地になってしまいました。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR