スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌登町ポールンベツ

歌登町(枝幸町)ポールンベツ(ポールン別)(平成23年10月19日・平成29年8月15日探訪)

味わいのある集落名とは裏腹に開拓は大変であった。
明治44年に開拓が始まるが、鬱そうとした山深い集落であったので、入植しても他の集落へ移っていった。
そのため、一時は無人集落の危機を迎えたこともあった。
大正12年になってようやく特別教授場が設けられた。当初の名前は「上幌別尋常小学校付属保留運別特別教授場」である。
昭和14年 歩留運別尋常小学校と改称。
昭和22年 保倫別小学校と改称。
本当は「歩留運別」が正しいのだが、どうして改称したのかは分かりませんでした。

昭和31年 新校舎建築、屋内体育館も併せて建設。
昭和45年 過疎に伴い、児童数激減のため廃校。


校舎も既に無く、学校跡の記念碑のみ建立。

123.jpg
学校周辺の風景。
今は数件の酪農家が点在する集落である。

時は流れ、平成29年8月再訪した。
KIMG1966.jpg
「ポールンベツ」と書かれた青看板。
この先に学校と神社があった。

KIMG1970.jpg
ポールンベツ神社跡。

地形図では神社マークが書かれているが、確証を得るために近くで農作業していた方に「すいません。ここ、ポールンベツに神社はありましたでしょうか?」と聞いてみた。
その結果、「俺は詳しく知らんけれど、その小高い丘のてっぺんに神社があったというのは聞いたことがある。その斜面に階段があったらしいけれど…」

神社は既に笹薮に埋もれ、面影を見つけることはできなかった。

追記

閉校時の新聞記事を転載する。

過疎の波寂しい卒業式 47年の歴史に幕 保倫別小
【歌登・小平】過疎の波にのまれて一つの小学校が消えていった。歌登の市街地から13キロ離れた山あいの保倫別(ポウルンベツ)小学校(北川武男校長、小泉実教諭、児童数4人)で10日卒業式のあと閉校式、47年間続いた同校の歴史を閉じた。また鬼鹿高校の卒業式も同日行われたが、来春は廃校の運命。卒業生9人、在校生6人という過疎のわびしい卒業式風景だった。
『38年に着任した当時の在籍児童は46人だったが農家が13戸も減ったため42年には7人になってしまった』と北川保倫別小校長が語るように〝でんぷん凶作〟や酪農転換で、弱体農家は次々と離農、いまはわずか8戸。同校の通学家庭も3戸にすぎず、新学期からは2年生と6年生の2人だけになってしまう。新入学児童もなく、今後10年くらいは見通しも立たない-などの理由から町教委は昨年秋、閉校に踏み切り、2月23日の町議会で正式に決まった。
 午前9時半から開かれた第47回卒・終業式では、北川校長から小泉裕之君と滝久美子さんに卒業証書、宮坂幸子さん(5年)と中村幸枝さん(1年)に修了証書が渡され、4人の子供たちの歌う『仰げば尊し』の最後のメロディーが雪深い山あいにも悲しく流れていった。閉校式では野村教育委員長が『学校の歴史は閉じても教育の灯は消えない、学校はなくなっても卒業生の胸に明るく消えることのない灯となって燃えつづけるだろう』と式辞、吉田町議会議長らの激励のことばに対し、平松・保留運別(ホノルンベツ)部落会長を、児童を代表して小泉君がお礼のことばを述べ、60余人の参列者全員の『蛍の光』で式を閉じた。
 同校は大正12年4月26日に上幌別尋常小学校付属保留運特別教授場として創立され、保留運尋常小学校として昭和14年に独立、22年に現在の校名に変わった。明治44年3月に誕生した歩留運部落は大正の半ばには33戸まで伸びたが部落の衰微と学校が運命を共にしたわけ。4人の子供たちは4月から3.5キロ離れた本幌別小中学校に移り、193人の卒業生を送り出した校舎が無人のまま暗い春を迎える。(以下略・注1)」(北海道新聞留萌・宗谷版1970年3月12日)

注1 この後は鬼鹿高校(小平町)の記事になるため割愛した。

参考文献

歌登町史編さん委員会1980『歌登町史』歌登町
北海道新聞1970「過疎の波寂しい卒業式47年の歴史に幕」『北海道新聞留萌・宗谷版』昭和45年3月12日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
母が歌登の出身で、祖父が昔歌登の教育長をやっていました。
昔13人の校長先生が家に集まって宴会をしたという話を聞いて、
先週歌登に行った際に毛登別小学校跡とポールンベツを見てきました。
ポールンベツでは、車のナビには神社のマークがあったのですが、
(道が分岐していて家があるあたり)鬱蒼とた塚のようになっていて分かりませんでした

小学校跡の碑があったんですね…もっとよく探せばよかったです
保留運別橋というのがあったので近辺が小学校だろうな~とは思ったのですが

母はポールンと略称で呼んでいました

私が小さい頃行ったときには学校は5つありましたが、今は歌登小、中のふたつになってしまいましたね…

RE:No title

hea-coさま

コメント有難うございました。
ポールン別の神社跡、仰るとおりの位置で間違いないですが探訪時は分りませんでした。
今は学校記念碑しか無く、学校跡地も畑に変わってしまい寂しい集落です。
記念碑ですが、道路沿いからでも分ります。右手にポツンとありますね。

毛登別小学校の味わい深い校舎も解体され、更地になってしまいました。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。