FC2ブログ

猿払村石炭別

猿払村石炭別(平成29年9月16日探訪)

猿払村石炭別は炭鉱集落であった。

明治21年 石川貞治技師がセキタンウンベツを探検し石炭の露頭を発見したことにちなみ「セキタンウンベツ」と命名された。ここで、石川技師が石炭別を探索した時の様子を掲載する。

「次に北見国宗谷岬より10里南にあるサルブツ川奥のセキタンウンベツを探検した時の思ひ出がある。途中で糧食が缺乏してしまって一同揃って行を続けることが不可能になった。川口より約9里許の上流で川の中に石炭の流石を認めた。もう少し進めば炭層の露頭もあるといふ所まで来て此儘引返すのは如何にも無念である。そこで私と人夫1名だけが進み残余の者は其儘待つことにした。併し糧食といふても全く米と塩だけで、天幕代用に1枚の油紙を持ったのみであった。さうして上流に進んで炭層の見えるところまで来たところが生憎豪雨に襲われた。そこで早速油紙を利用して小屋を造りフキの葉で覆ふたりして避難したが豪雨は相当長く続き出水したために川下の組との連絡を全く絶たれてしまった。人夫と2人で心細く小屋に籠っていると、下の組にいた屈強のアイヌ2名が米と非常の御馳走を持って我々の救援に来て呉れた。御馳走とは熊の肉であるが、何んでも下の組が避難している小屋の附近に仔熊を連れた熊が現れ、親の方は逃げてしまったが仔熊だけは捕へたのである。あの時の空腹に熊の肉の甘さは今日でも忘れられぬ位である。「セキタンウンベツ」とはアイヌと相談して私の附けた名で石炭の有る川の義で立派な地図に載って居る地名となった。」石炭礦業聯合會1928「北海道探検当時の挿話-明治20年頃の北海道-」『石炭時報第3巻第7号』

石炭別は戦後になってから炭鉱と戦後開拓者の入植により児童数が増え、学校が設置された。
学校の沿革をまとめると以下の通りである。

小学校
昭和25年 開校
昭和43年 閉校(3月)

中学校
昭和27年 開校
昭和41年 閉校(上猿払中学校石炭別分校)

炭鉱の沿革は以下の通りである。

昭和23年 日本鉱業化工㈱が石炭別炭鉱と称し事業届け
昭和32年 天北鉱業㈱に変更
昭和33年 双見炭鉱と称す(前田吉景氏租鉱権設定)
昭和35年 三共鉱業㈱所有となり、セキタンベツ炭鉱と称し稼行
昭和39年 閉山届出

閉校時の報道は以下の通りである。

生徒減で廃校 石炭別小と上猿払中
「〔猿払〕猿払村の石炭別小学校(清水行雄校長)と上猿払中学校(井川武次校長)は生徒数の減少から本年度で廃校となるが、村では次の日程で廃校式を行なう。なお、石炭別小学校の児童5人は新年度から上猿払小に、上猿払中の生徒4人は浅茅野中に通学することになる。
▼石炭別小-21日(午前11時半)同校▼上猿払中-22日(午前11時)同校」(『日刊宗谷』昭和43年3月20日)」

KIMG2157.jpg
上猿払探訪後、石炭別へ向かった。

KIMG2156.jpg
地形図を見ると、正面の一本松のあたりが神社のようである。
瞬時に「これくらいの笹薮なら行ける」と判断し、神社の痕跡がないか探しに行く。


KIMG2154.jpg
一本松の根元まで来た。
しかし、痕跡は見当たらなかった。

KIMG2155.jpg
笹薮の中。
かき分けながら戻る。

KIMG2158.jpg
学校跡には上猿払と同型の木碑が建立されているが、笹薮のため見つけられなかった。

KIMG2159.jpg
薮の隙間から見える平坦な土地は住宅跡だろうか。それとも、畑跡だろうか。

KIMG2161.jpg
人々の暮らした営みは、笹薮に戻っていた。


参考文献
日刊宗谷1968「生徒減で廃校 石炭別小と上猿払中」『日刊宗谷』昭和43年3月20日
石炭礦業聯合會1928「北海道探検当時の挿話-明治20年頃の北海道-」『石炭時報第3巻第7号』
猿払村史編纂発行委員会1976『猿払村史』猿払村役場
猿払村史編さん発行委員会2014『猿払村史第2巻』猿払村役場
内田大和2009『北海道炭鉱資料総覧』空知地方紙研究協議会
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR