黒松内町五十嵐

黒松内町五十嵐(平成30年2月9日探訪)

黒松内町五十嵐は戦後開拓集落である。

明治26年五十嵐川下流域に2,3軒の農家があり、明治36年には澱粉製造工場があったが、本格的な開拓は戦後に入ってからである。

昭和21年に1戸、23年に16戸、25年に4戸、31年に3戸入植した。入植者は樺太や満州からの引揚者、静岡県出身者で占められていた。
昭和27年中ノ川小学校五十嵐分校として開校、昭和34年には独立校となったが、営農条件の悪さや冬季間、各戸が雪で孤立するような状態であったため昭和42年3月に学校は閉校。昭和47年4月、日東農場に経営地を現物出資して全戸離農した。
学校の沿革は以下の通りである。

昭和27年 中ノ川小学校五十嵐分校として開校
昭和34年 五十嵐小学校と改称・校舎改築(4月)
昭和42年 閉校(3月)

閉校時の記事を掲載する。

最後の卒業式兼ねて 五十嵐小 開拓とともに16年
「【黒松内】黒松内市街地から9キロ離れた開拓部落の五十嵐小(木村正志校長)で、24日閉校式をかねた最後の卒業式を行った。ことし卒業生を出してしまうと残るのは3人だけ。子供たちは『一人ぼっちになってもこの学校がいいや』といっていたが、お隣の中ノ川小学校に統合して閉校と決まったもの。精いっぱい手を振って先生と学校にお別れしていった。
 同校は27年2月に中ノ川小学校の分校として発足、独立後に昇格した34年に生徒数は26人までふえたが、その後漸減、ことし4人が卒業すると3人しか残らない。
 生徒数が減ったのは、この部落が強酸性の土壌、濃霧地帯という悪い営農条件のため作況が思わしくなく離農者が相次いだため。入植時の24年には24戸あったのが今では半分以下の10戸に減った。
 式には川村町長、阿部教育長、今井副議長らも出席。『学校がなくなっても部落は残る。一生懸命勉強してほしい』と激励、これに対し7人の子たちは一人一人答辞で『先生きっとがんばります。だけどこんな立派な学校がなくなるなんてわたしたちはさびしいです。噴水の魚やサクラの木や校舎もさびしいでしょうね』とうったえていた。
 卒業証書と修了証書を手にした子供たちは表に整列した先生や来賓、PTAの人たちに見送られ、さかんに手を振ってこの日限りでなくなってしまう学校に最後のお別れをした。」(北海道新聞後志版昭和43年3月26日)

KIMG2654.jpg
平成30年最初の探訪はHEYANEKO氏らと後志管内の廃校廃村を訪ねた。

KIMG2651.jpg
地図によればこの辺りに数軒の家屋マークが記されているが、辺り一面雪景色である。

KIMG2650.jpg
学校跡地は農場の建物になっていた。

KIMG2648.jpg
雪山を登り、学校跡地を望む。

KIMG2646.jpg
学校跡地の傍に、サイロが残っていた。
集落の唯一の名残である。

KIMG2652.jpg
集落入口の高台より日東農場を俯瞰する。
五十嵐のに戦後開拓で入植した人々の名残は、廃サイロのみであった。

参考文献

北海道新聞1968「最後の卒業式兼ねて 五十嵐小 開拓とともに16年」北海道新聞後志版昭和43年3月26日
黒松内町1993『黒松内町史下巻』黒松内町
「角川日本地名大辞典」編纂委員会1987『角川日本地名大辞典1-[1]北海道上巻』角川書店
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

牧草なんかは育つのでしょうか?

農業の関係はずぶずぶの素人で全く分かりませんが、仮に苦土・石灰を投入しても、
「強酸性」の土壌であれば、馬鈴薯などは良い条件で生育しなかったのでしょう。
澱粉工場なども大変だったのでは。

いつもながら、史料の発掘に「すごいな!」っです。
・・・はじめっち&ゆたか

Re: 牧草なんかは育つのでしょうか?

はじめっち&ゆたかさま

コメント有難うございました。農業関係は私もそんなに詳しくないのですが、開拓と共に歩んできましたので大変だったと思います。
新聞記事はたまたま探したらありました。ブログが続くうちは新聞記事も取り上げたいと思います。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR