スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三石町二川

三石町(現 新ひだか町)二川(平成23年10月22日・23日探訪)

延出小学校の分校があった集落である。

延出小学校 二川分校は昭和13年に開校した。
二川地域は当時、開墾者や木炭業者40戸ほどの集落を形成していた。
それまでは延出小学校まで通学していたが、当地の事業家 坂東信之・中谷清光らが出資して昭和13年2月15日、字福畑280番地に 小林清二准訓導を主任として開校した。

開講当初の児童は33名(男子21名 女子12名)、単級教育で行われていた。
しかし、昭和18年の時点で児童数12名(男子4名 女子8名)に減少してしまう。
昭和22年4月1日 分校に昇格するも昭和30年代に入ると、児童数は一桁となり昭和38年、児童数2名(男子1名 女子1名)となり、同年7月31日をもって廃校となった。
二川のへき地等級は3級、現在集落の人口はゼロ。
集落付近には「二川大橋」「二川林道」の名前のみが残っている。

274.jpg
この先に二川集落があった。


276.jpg
旧版地形図には、この周辺にも人家があった。
今は植林されており痕跡は全くない。

279.jpg
児童はこの川を渡って、学校に通学していた。
対岸に校舎があったものと思われる。
渡る術がないので、一旦引き返す。

289.jpg
「二川大橋」
この傍に「二川林道」という林道もあった。

288.jpg
二川大橋を渡り、対岸の学校跡付近。
「付近」と書いたのは、学校跡だと断定することが出来なかった。
校門もあったようだが、自然に還っており痕跡を見つけることが出来なかった。

本校であった延出小学校も平成23年1月30日 閉校式が行われ115年の歴史に幕を下ろした。
閉校当時の児童19名、卒業生の総数は3093名である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

ありがとうございます。
近くに住んでいるものです。
先日二川で水遊びをしました。
父に昔は学校があったことを教わり調べて見ましたが資料がなく、とても参考になりました。

Re: ありがとうございます

冨澤さま

コメント有難うございました。
この時の参考文献は「三石町史」のみでした。今ならば道立図書館でもう少し、調べられるかと思います。
なかなか行く機会もありませんが、再訪して今度こそは学校跡地を特定したいものと思っています。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。