FC2ブログ

滝上町中雄柏

滝上町中雄柏(平成30年10月・平成31年2月・令和元年5月探訪)

滝上町中雄柏は農村集落である。

明治42年高知県人片岡音松、鳥取県人坂東卯平が入地した。他に、下雄柏から2、3の通い作をする者がいた。翌43年石川県人万年幸次郎、益倉虎松、須藤亀十郎、山岸菊太郎らが入地した。
明治44年に小学校が設置されたことや道路ができた(大正4年完成)ことから入地者が多くなり、大正13年下雄柏から分離して中雄柏と独立した。
ハッカ栽培が盛んで濁川駅設置後(大正13年10月)、町内有数のハッカ栽培地帯として発展を遂げた。
学校の沿革は以下の通りである。

小学校
明治44年 渚滑第二教育所所属オシラネップ特別教授場として開校(6月)
その後、休校
大正3年 授業再開(1月)
大正5年 滝美尋常小学校所属オシラネップ特別教授場と改称(10月)
大正9年 校舎移転、雄柏尋常小学校と改称(4月)
昭和10年 校舎移転(4月)
昭和15年 校舎改築(9月)
昭和16年 雄柏国民学校と改称(4月)
昭和19年 高等科併置(4月)
        旧校舎を移転・新校舎に接続(5月)
昭和22年 雄柏小学校と改称(4月)
昭和30年 校舎・体育館新築落成(12月)
昭和46年 開校60周年記念(7月)
昭和48年 閉校(3月)

中学校
昭和22年 濁川中学校雄柏分校として開校(9月)
昭和23年 雄柏中学校と改称(4月)
昭和48年 閉校(3月)

閉校時の記事を掲載する。

雄柏の名…胸の中に
雄柏小中学校61年の校史閉じる
「61年の歴史よサヨウナラ-。11日、過疎化に追われるように、滝上町雄柏小、中学校(牧野定雄校長)の廃校式が行われた。
濁川から約5キロ、山間にポツンと建つ小さな複式学校。これが雄柏小だ。明治44年に建てられ、昭和4年には在校生150人を数えた。それが昭和40年ころから急激に現れはじめた過疎化現象で50人に減り30人に減り、そしてことしは小学生2人、中学生7人の9人になってしまった。校下の農家戸数も今では19戸。若い後継ぎがなく、したがって子供も少ない。ここ2、3年は赤ちゃんが生まれたことがないくらいだ。
廃校式には卒業生、来ひんなど合わせて200人が出席した。札幌、東京方面で仕事をしている若い人も〝母校の最後だけは〟とみんな集ってきた。狭い学校がこの日ばかりはハチ切れそう。「廃校式が一番賑やかになろうとは、何とも複雑な気持ち」と土地の人は言う。
来ひんあいさつのあと、5年生の藤田輝美、花美ちゃんがお別れの言葉を述べた。この二子の生徒がこの校史にピリオドを打ったわけだ。「かつて、150人もいたなんて信じられません。離農したり、市街地へ転居したりで私たちの学校も淋しくなりました。ソフトボールが盛んでしたが、昨年は中学生だけでチームが作れず私たち小学生も入ってようやく9人になりました。でも滝上地区で準優勝。この感激は忘れることはないでしょう。学校の名は消えても胸の中には雄柏小中学校の名をいつまでも止めておきます」と読み上げた。スポーツの盛んな山あいの学校。いま、ひっそりと教育の灯が消えた。」

統合中学と濁川小へ
「廃校後、7人の中学生は滝上町にことしからオープンする統合中学へ、2人の小学生は濁川小学校へ通う。いずれもマイクロバスで送り迎えする。」

校長住宅は資料館に
「雄柏小、中学校の廃校で校長住宅は学校の各種物品を納める資料館になる。同小、中はスポーツが盛んでソフトボール、卓球などに輝かしい成績を残している。この優勝旗、カップ、さらに学校の歴史を物語る各種教材などを永く保存しようというもの。なお校舎については農業機械の車庫、牛舎などPTAなどで利用方法を考えているが結論は出ていない。」
上記3記事 北海民友新聞昭和48年3月13日

KIMG3529.jpg
平成30年10月、K.T氏と訪れた。

KIMG3531.jpg
すっかり崩れてしまったが、僅かに校舎の一部が残っている。

KIMG3532.jpg
校舎の屋根はこのまま自然に還ろうとしている。

KIMG3533.jpg
煙突の上に煙突が倒れている。

KIMG3534.jpg
別角度から見るが、芸術的な?倒れ方だ。

KIMG3535.jpg
校長住宅は今も残る。

KIMG3538.jpg
体育館に掲げられていた校歌が残っていた。

P1130661.jpg
平成31年2月、HEYANEKO氏らと再訪する。
画像は、学校前の旧商店である。

P1130662.jpg
学校跡地は「雄柏地区構造改善センター」という建物がある。
この日は、校長住宅までHEYANEKO氏を案内した。

P1130775.jpg
そして5月に再再訪を果たした。
雄柏小中学校の校門である。

P1130783.jpg
教員住宅の水道管が残っていた。

P1130794.jpg
学校より先に神社があったので行ってみる。

P1130793.jpg
正面からは行く道がないので迂回する。

P1130788.jpg
神社の境内に石が多数残っていた。
地神さまの名残だろうか?

P1130789.jpg
中雄柏の神社社殿である。

P1130791.jpg
建物はしっかりと残っている。

P1130790.jpg
中を見ると太鼓が残っていた。

P1130792.jpg
神社の近くにある矢印で示した場所は、かつてのスキー場である。

参考文献

滝上町史編さん委員会1976『新撰滝上町史』滝上町
北海民友新聞1973「雄柏小中学校61年の校史閉じる」「統合中学と濁川小へ」「校長住宅は資料館に」『北海民友新聞』昭和48年3月13日
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

上幌内の神社っても拝見したのっすが立派っす

校歌が石碑でなく、このような形で残っているのは珍しいですね。
あと楽譜とか残っていて、音声自体が復元できれば最高です(自分らのシュミとして)。
あくまで余談ですが、(山梨県旧下部町)下部小学校には戦前と戦後の校歌の碑が、
楽譜も併せて残っているのを見て、貴重な史料だと思いました。
・・・いまは「本栖高校」ってのになってるらしいんですが…はじめっち

あたいはむずかしいことはよくわかんないけんども、
神社の中に和太鼓が残っているっちゅうことが、ちょーびっくりぽん!なのだ。
過酷な環境の中の保存状態だから、叩いても音が出ないか破けちゃうかもしれないけど、
これで神輿と担ぎ賽銭箱?があれば、地域のお祭りとかできちゃいそうなのだ。
・・・和太鼓持ってき忘れちゃったのかな?なのだつるみん

うわっ!ここも校長住宅残ってるんですね。
資料館だったってことも原型をとどめていられた要因ですね。
ソフトボール~卓球・バドミントン…部活動も人口減少を象徴しています。
うちらの住んでた標津町では、農村ながらも、
地区の大人たちが卒業校区内でソフトの試合ができるくらいの戸数や卒業生児も残っていて、
小学生時代、ソフトが盛んだった名残がまだありました。今は…高齢化が進んでるみたいで…。
・・・「野球」でなくて「ソフト」なんですよねぇ…みならいかのん

屋根の崩れ方とか、「徳満(豊富)」や「東野・大成(遠別)」とかを見るようで…っす。
レンガの煙突の倒れ方・トイレ(けっこうの最後まで残ってるす)埋没・床抜け?なんて、
自然に還るってこたぁ、きっとどこも同じプロセスだったりするのかもしれないっす。
・・・丸木の校門ってば味あるのっすゆたか

Re: 上幌内の神社っても拝見したのっすが立派っす

はじめっち&つるみん&みならいかのん&ゆたかさま

コメント有難うございました。校歌の歌詞は市町村史に大抵載っていますが、楽譜は閉校記念誌に載っている確率が高いです。戦前と戦後の歌詞が載っているのは珍しいと思います。

神社に残る和太鼓は私も初めて見ました。社殿がしっかりしているのも良いです。

校長住宅は健在ですが、そう遠くないうちに屋根が崩れると思います。
春先にいけば基礎がはっきり姿を現します。

No title

かつては雄柏中雄伯上雄伯拓雄と連なり大勢の人が住んでいたこのオシラネップ一帯も
現在は定住してるのは三戸しかないという
ちなみに雄柏熱布とかいてオシラネップ今ではまず使われない書き方

Re: No title

お返事有難うございます。雄柏・中雄柏・上雄柏・拓雄も行きました。
特に上雄柏は無人の家屋が目立ったのが印象深く残っています。
「雄柏熱布」の書き方は戦後開拓関係の文献で知りました。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR