FC2ブログ

大滝村清原

伊達市大滝区(大滝村)清原(令和2年5月・10月探訪)

清原は農村集落である。

 元々はオロウエンシリベツと称され、現在の清原を含む豊里・宮城、喜茂別町御園・金山一帯を指していた。
 明治39年に植民地区画地が測設され、明治40年より入植者が現れ始めた。入植の草分けは小樽木材会社や伊達の早瀬吉松が豊富な木材資源に目をつけ小作人を入れて開拓した。その後、開拓の進展に伴い入植者も増えてきたが子弟の教育が悩みであった。
 明治44年4月、学校建設の世話人会が開かれ、新区画移住者40名の賛同を得て期成会が結成され、明治44年7月オロウエンシリベツ私立学校として開校した。
 開校後の校名の変遷は以下の通りである。

 明治44年 オロウエンシリベツ私立学校として開校(7月)
 明治45年 公立に移管 徳舜瞥教育所所属オロウエンシリベツ特別教授場と改称(8月)
 大正 3年 徳舜瞥尋常小学校所属第二尾路遠特別教授場と改称(4月)
 大正 6年 尾路遠尋常小学校所属第二尾路遠特別教授場と改称(4月)
 大正 9年 愛徳尋常小学校所属第二尾路遠特別教授場と改称(6月)
 大正12年 旧三階滝尋常小学校広島特別教授場を吸収合併し広尾特別教授場(注1)と改称(4月)
 昭和 9年 徳尾路遠尋常小学校と改称(4月)
 昭和16年 徳尾路遠国民学校と改称(4月)
 昭和22年 清原小学校と改称(4月)
 昭和44年 閉校(3月)

(注1)戦後開拓で入植した清陵にあたる地域である。

P1140429.jpg
令和2年5月、HEYANEKO氏らと訪れた。
この平地が清原小学校跡である。

P1140426.jpg
学校跡地。

P1140428.jpg
学校跡地には木製電柱が残っていた。

P1140430.jpg
学校前の道路。
神社跡を探すも、この時は分からなかった。

P1140439.jpg
学校跡から少し下った先の道。

P1140433.jpg
倒壊した家屋が残っている。

P1140436.jpg
傍には電柱も残っていた。
後に調べたところ、この屋敷は清原に最後まで住まわれていた方であることが分かった。

115_0021.jpg
同年10月、お世話になっているコンターサークルsの探索で清原周辺を訪れた。
清原の学校や分からなかった神社跡の探索をお願いして再訪を果たした。

115_0026.jpg
神社跡付近。
地図を見てもらったところ
「よく見たら学校と神社の等高線が一緒だね。神社近くにも建物が建っていたね。あの松が多分、参道ではないか」と貴重な情報をいただくことができた。
湿地帯で足元が沈む中、神社跡を目指す。

115_0025.jpg
神社跡の参道。
笹薮と化しているが、緩やかな傾斜である。

115_0024.jpg
神社跡地。
笹薮の中に、人為的に切られた木があった。
もしかしたら、神社跡の名残なのかもしれない。

参考文献
大滝村企画財政課1985『大滝村史』大滝村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いつも見てます

何時も楽しみに拝見させていただいてますこの間の駒別小を情報元に見に行きましたが私の車ではいけませんでした  2年前にこの近くの胆振線オロウェン仮乗降所探索したら ホームの盛り土だけかすかに残り酒の瓶や湯飲み等散乱していました
これからも情報楽しみにしています。

Re: いつも見てます

自然と共にさま

お返事有難うございます。オロウェン仮乗降場ですが、コンターサークルsの探索後に知りました。酒瓶や湯呑みは、人々がいた名残ですね。
駒別ですが、林道駒別線をひた走ります。登りきったら広大な畑が拡がっていますが、さらに下り坂(ダート)を進んで行くと、道路左手に記念碑が見えます。
再訪される際、参考になれば幸いです。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR