FC2ブログ

壮瞥町黄渓

壮瞥町黄渓(令和2年5月探訪)

壮瞥町黄渓は鉱山(硫黄)集落である。
明治35年高橋新三郎が硫黄鉱を発見し、明治37年岩井きよによって採掘されたのが始まりである。しかし、明治41年事業不振によって操業を一時中止した。
明治44年小田良治の所有となり、採鉱主任谷口次郎が使役20余人を引率して入山した結果、良鉱脈を発見した。
その後次第に従業員や家族も増え集落を形成し、当時は硫黄山と称されていたが大正9年、三井系の硫黄山と合併し、北海道硫黄株式会社を創設した。
硫黄鉱山が隆盛を極めたのは昭和初期から昭和35年頃までであり、会社直営の診療所、共同浴場、娯楽場、グラウンド、購買部、無集配郵便局、学校、保育所、消防分団、駐在所、個人商店(4戸)、写真屋などが軒を連ね、テレビやラジオの普及率も高くオロフレ山腹標高約600メートル、積雪も多い中でも充実した生活が営まれていた。
その後、脱硫硫黄の影響により硫黄製錬の中止を余儀なくせられ、硫化鉄鉱の採掘を続けるようになった。
昭和46年、会社や住民との話し合いの結果集団移転の実現に努め、また当時の地元議員の協力により昭和47年字滝之町に改良住宅64戸を建て、同年12月全戸が移転した。
しかし、硫化鉄鉱の需要が減少し昭和48年6月30日に閉山した。

設備関係のついての沿革は以下の通りである。
大正 3年 幌別鉱業所(幌別村・現在の登別市)より硫黄搬送のための鉄索が架設
昭和 2年 電灯設備完成(12月)
昭和28年 道路整備と貨物自動車の普及により鉄索廃止

学校の沿革は以下の通りである
小学校
大正 3年 弁慶簡易教育所黄渓特別教授場開校(5月)
大正 5年 壮瞥尋常高等小学校黄渓分教場と改称(9月)
大正 6年 久保内尋常高等小学校黄渓分教場と改称(4月)
      校舎新築移転(10月)
大正10年 弁景尋常小学校黄渓分教場と改称(9月)
大正15年 校舎改築(2月)
昭和 6年 黄渓尋常小学校と改称(4月)
昭和 8年 黄渓尋常高等小学校と改称(4月)
昭和14年 校舎増築(11月)
昭和16年 黄渓国民学校と改称(4月)
昭和22年 黄渓小学校と改称(4月)
昭和31年 屋内体操場新築(11月)
昭和46年 閉校(12月)

中学校
昭和22年 久保内中学校黄渓分校として開校(5月)
昭和23年 黄渓中学校と改称(4月)
昭和28年 黄渓中学校校舎独立(10月)
昭和46年 閉校(12月)

P1140475.jpg
令和2年5月、HEYANEKO氏らと訪れた。
黄渓集落の手前に墓地入り口の看板を見つけたので、墓地へ行く。

P1140467.jpg
黄渓共同墓地にある墓石。

P1140469.jpg
お地蔵さまに手を合わせる。

P1140470.jpg
昭和7年にお地蔵さまが祀られたことがわかる。

P1140471.jpg
寄進者の氏名が刻まれていた。

P1140472.jpg
こちらも墓石である。

P1140476.jpg
黄渓ゲート入り口。
鉱山集落はこの先にあった。
まずは黄渓中学校跡へ行ってみる。

P1140480.jpg
中学校の教員住宅の基礎が残っていた。
スイセンが満開を迎えていた。

P1140479.jpg
黄渓中学校跡地は基礎も残っていなかったが、平地が広がっていた。

P1140482.jpg
ゲートに戻り、黄渓集落へ。
このコンクリート廃墟はプロパンガス庫である。

P1140484.jpg
コンクリート廃墟が見える。
はやる気持ちを抑えつつ進む。

P1140486.jpg
コンクリート廃墟は共同浴場である。

P1140506.jpg
共同浴場浴槽。

P1140487.jpg
先へ進むと石垣が見えてきた。
ここは2区住宅地である。

P1140492.jpg
階段が残っている。
足元に気を付けながら進む。

P1140493.jpg
病院を上から俯瞰する。

P1140495.jpg
神社跡へ行こうとするも、笹藪が酷くなってきたので諦めた。

P1140497.jpg
黄渓小学校跡地。
スイセンの花が咲いている。

P1140498.jpg
学校跡地から見える廃墟は消防施設跡である。

P1140499.jpg
黄渓小学校便槽。

P1140500.jpg
ふと見ると、何か校門のようなものが見えた。

P1140502.jpg
黄渓小学校の校門であった。
ここに学校があったことを示している。

P1140503.jpg
学校を後にし、病院を探索する。

P1140504.jpg
ツタに絡まる煙突は美しい。

P1140511.jpg
続いて、1区住宅地へ行く。
この廃墟は郵便局(黄渓郵便局)である。

P1140512.jpg
郵便局内部。

P1140514.jpg
こちらは局員が寝泊まりしていた部屋の廊下である。

P1140518.jpg
1区住宅地は段上の平地が広がっているが、住宅の基礎はなかった。

P1140519.jpg
しかしよく見ると、電柱が残っていた。

P1140510.jpg
鉱山施設周辺を探索するが、目立つ遺構は見られなかった。

参考文献
壮瞥町史編さん委員会1979『壮瞥町史』壮瞥町
堀淳一2014『等高線s第11号』コンターサークルs
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

壮瞥出身の知り合いと毎月仕事で会ったときに昔の話を聞いたことを書きます
壮瞥町で中学の野球大会の時は黄渓中学の奴らは山から下りて
参加していた 気性が激しくデットボールにわざと当たりに来る、、でも
団結力は強かった

かまや鉱山会社の社長の家、かまや古殿 今でも建物があります 洞爺湖にある鉱山から山をまたいで
鉱石運ぶロープウェイが壮瞥駅まで通っていた この釜屋古殿によく遊びに行ったそうです

登別市幌別にあった鉱山から黄渓鉱山まで山道でつながっていて
歩いて行けた言っています

Re: No title

自然と共にさま

お返事、そして貴重な証言をいただき有難うございます。中でも、特に黄渓中学校の生徒の気性、団結心の強さは興味深いものがあります。
海抜600mの高地、冬は積雪という環境ですから自ずと市街の生徒には負けたくない、という思いが強かったのではないかと思います。

興味深く読ませていただきました

時々読ませていただいております。
徳舜瞥山の麓にも鉱山があるのは知っていましたが、まさかここにもあったとは。
私たちが普段通っている道の近くにこのような遺構があるとワクワクしていられません。
今後のご活躍をお祈りしております。

Re: 興味深く読ませていただきました

拓道館さま

永らくご無沙汰しました。お返事ありがとうございます。
黄渓はかつての建物がたくさん残っており、見応えがあります。
これからも、地形図を片手にあちこちめぐりたいと思っています。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR