スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美深町報徳

美深町報徳(平成24年11月10日探訪)

美深町報徳は元々「オテレコッペ」(川尻を跳び越すいつもの処、の意)と呼ばれていた。

明治37年5月10日、伊勢団体 山北清太郎氏ほか数名がオテレコッペに移住し、開拓が始まった。

開拓記念碑には「沃農場は明治37年2月8日付で三重県員弁郡丹生村、伊藤黙子蔵に御貸になり明治37年5月10日当農場に移住後、大正2年2月6日前農場主より譲り受く」と刻文されている。

数年後には同郷から10数戸入植したが、大半は伊勢出身者であった。

この頃、学童たちは恩根内第一尋常小学校(現 厚生小学校・明治37年5月15日開校/平成11年3月31日閉校)に通学していたが道路条件が悪く、特に幼学年児童は就学が出来なかった。

こうしたことから山北清太郎・東庄左エ門・飯田勝次郎・佐久間亀之助ら部落民の協力により恩根内11線西7号38番地 東庄左エ門の土地4反歩の寄付を受け学校が設置された。教室20坪、便所その他11坪を部落民総出で建築・伐木して大正4年11月に完成した。

開校当時の児童数は38名で、大正5年5月1日 「恩根内第一尋常小学校所属恩根内11線オテレコッペ特別教授場」として開校した。

大正期に入ると澱粉工場をはじめ水稲栽培、木炭製造が行なわれ、昭和時代には乳牛の飼育も行なわれるようになった。

昭和11年にそれまでのオテレコッペより「報徳」に改まった。

昭和13年3月31日 公徳尋常小学校と改名され、昭和16年4月1日 公徳国民学校となり昭和22年4月1日 美深町立公徳小学校となった。

昭和28年には公徳中学校が併置された。

昭和35年に屋内体育館(へき地集会所)が新築され、昭和37年11月23日校下一円に電灯がついた。

この頃より転出する世帯が増え、昭和42年3月31日 併置していた中学校が廃校となった。同年9月20日 鉄筋コンクリート2階建ての校舎に改築された。

しかし、過疎化は進行し昭和50年3月20日 公徳小学校 廃校記念式典が行なわれ、同年3月31日を以て廃校になった。

報徳はそれぞれ右・左・中・下の4つの班に分けられていた。

右は9号より奥二股の右の沢一帯、左は二股から大正橋を渡り左の沢崖下より奥峠まで、中は崖下から下9号から6号まで、下は6号から3号 大手の境目までが報徳集落の範囲であった。

大正15年より昭和17年まで50戸前後で推移していたのがピークであった。それでも、昭和37年頃までは49戸の方が住まわれていた。

昭和38年より転出者が増え、平成15年で6戸。webサイト「地図インフォ」によれば平成23(2011)年の世帯数は「5世帯」と表示された。

ここで一つの疑問が生まれた。

集落名は「報徳」であるが学校名は何故「公徳」なのか?

同様に、町内の「小車」集落も学校名は「御車」となっているが何故か?

美深町郷土研究会 会長の佐久間昌美氏に伺ってみたが「それについては申し訳ないが、判らない。私たちの『宿題』だ」と仰っていた。

010_20130113083636.jpg
国道40号線を北上し、美深町大手集落より左折し、西に進むと報徳集落に入る。
ここは公徳小・中学校跡の手前である。

012_20130113083638.jpg
学校跡地。
閉校後、校舎は公民館として活用されていたが、平成11年11月に解体された。
画像には「山火事注意」の旗が掲揚されているが、これは元々、公徳小学校の国旗掲揚搭である。

015_20130113083640.jpg
傍には馬頭観音さまの石碑と神社の手水舎?が置かれていた。
尚、神社は学校のあった位置よりももう少し奥にあった。
神社は平成14年11月20日 美深神社神官による昇天の儀を行い、御本体100年、建物86年の歴史を閉じた。

017_20130113083644.jpg
学校跡地に建てられた学校跡を示す案内板。
教育委員会の手によって、新しく建てられた。

018_20130113083813.jpg
学校跡地に隣接する個人住宅。

021_20130113083816.jpg
その敷地内に「奉安殿」が置かれていた。
美深町内で奉安殿が残っているのは、ここだけである。

027_20130113083819.jpg
学校跡地より奥の風景。
この奥にも人々の営みがあったが、痕跡は失われていた。

022_20130113083818.jpg
今回、美深町郷土研究会会長である佐久間昌美氏よりご恵送いただいた「報徳のあゆみ」(複写)
平成15年8月14日 報徳が開拓されて100年になるのを記念して発刊された郷土史である。
表紙に写っているのは公徳小学校 旧校舎である。
佐久間氏に深く感謝する次第である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年も宜しくお願いします。

美深町は我々マニアにとって親切な町ですね。跡地の案内板を建て替えてくれるのですから。

こういった石碑や案内板があると早く春が来て探索に行きたいという気持ちがアップしますね。

RE:No title

ラオウさま

此方こそ、宜しくお願いします。
案内板ですが、数年前に教育委員会の手によって新しく替えました。
また機会があれば、足を運んで再訪したいと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。