積丹町浜婦美

積丹町浜婦美(平成23年5月5日探訪)

積丹町浜婦美は海岸沿いの、漁村の集落であった。

廃村探訪の第一人者であるHEYANEKO氏によれば、漁村の廃村は日本国内で4箇所しかなく、そのうちの一つが積丹町浜婦美である。

浜婦美は江戸時代末期の安政年間(1854年から1859年)に漁場として開発された。

浜婦美は明治29年7月 美国尋常高等小学校浜婦美分教場として誕生した。

明治35年 婦美尋常小学校として独立した。

ニシン漁最盛期の大正時代には、浜婦美集落に60戸の民家があった。
この頃の児童数は約50名を数えていた。

昭和2年に再度、統合されて美国尋常高等小学校婦美分教場となった。

一方、浜婦美に対し「山婦美」と呼ばれている地域がある。字の如く、山側に位地している。
山婦美にある婦美小学校は昭和12年 美国尋常小学校婦美特別教授場として創立し、昭和16年 中の里国民学校として独立、昭和23年に婦美小学校となった。

元々「婦美小学校」と最初に名乗ったのは浜婦美であったがニシン漁の衰退、農地開発の進行と共に山婦美の学校が本校となった。
尚、婦美小学校の閉校は昭和52年である。

一方、浜婦美は昭和22年に美国小学校婦美分校と変更になり、昭和26年に浜婦美分校と改称された。

昭和30年代に入ると過疎化が進行した。

昭和37年3月の浜婦美分校卒業式では、卒業生1名 在校生8名が参加した。この当時、浜婦美には10戸の家があり、集落総出で卒業式が行なわれた。(昭和37年3月 北海タイムスの記事より)

昭和40年3月 閉校。閉校時の児童数は5名。総卒業整数は125名であった。

210.jpg
探訪当日「北海道旅情報」管理人 井手口征哉氏、N氏、私の合同探索であった。
GPSを頼りに進んでいく。

211.jpg
海が見えてきた。
積丹ブルーで、これには思わず感嘆の声を上げた。

214.jpg
唯一残る番屋が見えた。

217_20130417072146.jpg
斜面を下り、海岸に降り立った。
屋根に穴が開き使われていないのかと思ったが、後で聞くと「今も使っている。」とのことである。

218_20130417072231.jpg
綺麗な積丹ブルーの海。
浜婦美はスキューバダイビングやカヌー愛好家の間で知られている場所だが、ここに学校があったことを知っているのはどれくらいいるのだろうか。

229_20130417072234.jpg
番屋の後ろ側。
この辺りに神社があったみたいだが、既に無くなっていた。

230.jpg
大きな鍋の中には浮き球が入っていた。

234.jpg
石垣が残されている。
人々が暮らしていた痕跡の一つである。

235_20130417072242.jpg
学校跡地は、集落の中腹にあった。
道(沢)沿いに歩いてみる。

236.jpg
夏場は草木が生い茂り容易に進めないが、この時期は歩きやすい。

239_20130417072320.jpg
途中、埋もれかかっていた瓶ビールを見つける。
「Sapporo」とあるので今のサッポロビールではないかと思うが…。

241_20130417072322.jpg
配水管が繋がっていた。
配水管の先を行ってみる。

243_20130417072325.jpg
朽ち果てた建物が姿を現した。
これが美国小学校 浜婦美分校の建物である。

244.jpg
瓦礫にまみれながらも下駄箱が残っていた。

245_20130417072359.jpg
学校は閉校後、集会所として活用されていたがいつまで活用されていたかは分らなかった。

246_20130417072402.jpg
夏になれば薮で生い茂り、全容は掴めない。
この時期しか行くことができない。

250_20130417072404.jpg
町内会館として使われていた頃のものだろうか。
ジュース瓶が転がっていた。

252_20130417072439.jpg
校舎の背後には教員住宅があった。
瓶を埋めてかたどった花壇が残されていた。

254.jpg
花壇の背後に、教員住宅の基礎が僅かに残されていた。

256.jpg
校舎の背後に海が見える。
江戸時代よりニシン漁で開発された漁場も、ニシン漁の衰退や過疎化により廃村となってしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

当時の残留物もたくさんあり、ここの風景も素晴らしいですね!

漁村の廃村は全国に4つしかない、これは興味深いです。
ちなみに、他の3つは道外でしょうか?

母方の実家が霧多布のはずれにありますが、過疎が進んでもいまだ健在(笑)ですので、
廃村になりにくい漁村がそうなる理由は、余程のニシン漁不振からでしょうか、もしくは
周りに魅力的な場所が出来たから、、、何にせよ気になる場所です。

RE:No title

F090/Shigeさま
コメント有難うございます。
漁村の廃村ですが、すべて北海道内です。
浜婦美意外には ①増毛町歩古丹(歩古丹小学校) ②神恵内村オブカル石(安内小学校) ③ せたな町(北桧山町)日中戸(日中戸小学校)があります。

漁業は農業や林業と比べ、産業基盤がしっかりしているので廃村になりにくいかと思います。
ご参考になれば幸いです。

No title

新聞を見てブログ見ました(^_^)
すごく楽しそう!
占冠のニニウには行きましたか?
昨年行ってきましたが道路に熊がいました注意ですね
これからも楽しみに拝見させていただきます
ヨロシクデス

函館山の裏

函館出身のドラッヘと申します。

函館山の裏に昔、寒川という集落が
有ったそうです。

http://www.h-nisshou.com/yama1.htm
http://blog.goo.ne.jp/kaku-toto/e/82dd2c5abe5f6776bff8ae976c673a79


※昔、海水浴でこの吊り橋まで行ったことがあります。

No title

あつみんみさま

コメント有難うございました。また、新聞を読んでくださり恐縮です。
占冠のニニウ(新入)は行ったことがありませんが、かなり奥にあった集落ですね。
熊は私も遭った事がありますので、注意したいと思っています。今後とも宜しくお願いします。

ドラッヘさま
興味深い情報、有難うございます。
函館山の裏にも集落があったのですね。初めて知りました。
時間と機会があれば訪ねてみたいところです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

函館山の裏の漁村寒川

コメントに「函館山の裏」のことがあり、函館に住む私は、冬山で裏側に行ったことがあります。寒川小学校があり、その学校に勤めていた先生と仕事をしたことがあります。冬山でないといけないのは、マムシや虫が多く危険なので、冬限定だったのです。温泉も出ていたり、確か神社あとの石柱や平たい岩には船着き場の痕跡があった。舟を繋ぐ鉄の柱があったんですよ・・・。

Re: 函館山の裏の漁村寒川

harpbabaさま

コメント有難うございました。寒川地区にも行かれたのですね。
学校に勤めていた先生と仕事されたのは貴重だと思います。なかなか行く機会がありませんが、伺ってみたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメント失礼致します。
始めまして、コスプレイヤーの雪猫と申します。
とても素敵な風景に圧倒されました;;
もしよろしければ積丹町浜婦美でコスプレの撮影などさせていただけないでしょうか・・・?
この景色、風景をコスプレという広い世界の中で今の若い子達や道外の方々に広めたいです。
所有者様に撮影の許可を頂きたいのですが連絡先などわかりますでしょうか・・・?
無断で入って撮影を行っては不法侵入と同じ、犯罪になってしまうのは嫌なのでどうがご検討の程よろしくお願い致します。

Re: No title

雪猫さま

コメント有難うございました。
お訊ねの件ですが、浜婦美にある番屋は今も個人所有の建物なので無断で入ることができません。しかし、集落(学校跡)は行けます。
笹が生えてきたらきついかもしれません。しかし、風景はいいですよ。また、浜婦美はカヤックやダイバーの間でも有名です。ご参考になれば幸いです。

No title

成瀬様
お返事ありがとうございます。
とても参考になりました、ありがとうございますmm
それとなのですがこちらのブログに掲載されている2枚目から5枚目に写っている海での撮影は難しいでしょうか?
それにあたり許可が必要になった場合どちらに連絡を入れたら良いでしょうか・・・。
他に気になったことがありご質問させていただきました、申し訳ありません。

Re: No title

雪猫さま

お返事ありがとうございました。
お訊ねの件ですが、私見ですが大丈夫かと思います。
※2・3枚目は斜面から、4・5枚目は浜辺に降りています。
あとは、当日の天気次第です。海なので天気の悪い日はやめた方が安全です。
このような回答で宜しいでしょうか。ご参考になれば幸いです。

美国小学校

ブログを拝見しました。
美国小学校(山婦美)で昭和30年代美術教師をされていた方が撮影したと思われるネガフィルムをとあることから入手しました(何かの事情で捨ててしまわれたのでしょうか?)。美国、積丹、函館など当時の人と風景が映り込んでおります。貴方のブログ記事と併せて興味深く眺めております。一部はブログに公開しております。

Re: 美国小学校

Film Photographyさま

コメント有難うございます。昭和30年代の写真は貴重であり、当時の日常がよくわかります。良く手に入れることができたと驚きました。
ブログの掲載、後程拝見致します。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR