スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美深町小車 再訪

美深町小車(平成25年6月2日再訪)

美深町小車については以前、当ブログで紹介した。
http://knaruse.blog94.fc2.com/blog-entry-55.html

今回、手前の恩根内駅より徒歩で小車集落を訪ねてきた。
参考にしたのは、美深町郷土研究会が発行した「50年前の街並み再現地図」である。
50年前の昭和35年当時の住宅地図を参考に、歩くことにした。

004_20130620064454.jpg
恩根内小学校校舎を横目に進む。この時の時刻 午前8時45分。
恩根内小学校は明治36年4月8日 笠原泰一郎所有家屋の一部を仮校舎として開校した。
閉校は平成20年3月31日である。

005_20130620064456.jpg
小車大橋を渡る。

008_20130620064457.jpg
公民館 小車分館の建物が見えた。
昭和35年当時、この建物は見当たらない。

010_20130620064459.jpg
この先に御車小学校、さらに水銀鉱山があった。

011_20130620064501.jpg
歩き始めて間もなく、地神さまの石碑があった。元からここにあったものかは判らなかった。

012_20130620064538.jpg
昭和35年の地図を見ると、左手に公民館 小車分館があったが無くなっている。

013_20130620064541.jpg
周辺は畑が広がっていたが、すべて自然に還ってしまっている。

016_20130620064545.jpg
右手を見ると「阿部橋」という橋があった。

020_20130620064547.jpg
橋を渡ると、崩れた家屋が姿を現した。

022_20130620064622.jpg
すぐ斜め向かいにも家屋がある。
地図を見ると、両方とも阿部氏の家屋である。

025_20130620064625.jpg
阿部宅跡より少し歩くと「永沢橋」がある。

028_20130620064628.jpg
橋を渡った右手に、浴槽の一部が残されていた。
長沢宅の跡である。

034_20130620064631.jpg
その近くにはブロック造りの基礎があった。
地図では西村宅と表示されている。

043_20130620064634.jpg
もう少し進むと、三条氏の住宅跡が見えた。

仁木橋
三条氏宅の近くに「仁木橋」がある。

仁木宅
橋を渡ると、仁木氏宅のサイロが残されている。

仁木橋裏の旧道
その仁木氏宅裏手に旧道が残されていた。

055_20130620064818.jpg
旧道を歩くと橋が見えた。
もとの仁木橋か?

058_20130620064907.jpg
仁木宅を過ぎ、御車小学校跡地へ到着。到着時刻は午前9時40分。約4キロ歩いたことになる。

061_20130620064909.jpg
学校跡地を過ぎ「行けるところまで行ってみよう」と思い、ゲートをくぐる。

062_20130620064911.jpg
ゲートをくぐった直後の風景。
道路は立派と言う印象を受けた。

063_20130620064913.jpg
所々、平坦な土地が見える。
かつて人々が暮らしていた痕跡である。

092_20130620065018.jpg
歩いていくと、右手に看板が見えた。

065_20130620065013.jpg
「東洋水銀工鉱株式会社天塩鉱業所跡」とある。
ここが水銀鉱山の跡地である。到達時刻は午前10時29分。

070_20130620065016.jpg
看板を振り返っての風景。
道路だけは立派である。

068_20130620065216.jpg
周辺の風景。
すっかり自然に還ってしまっていた。

069_20130620065218.jpg
マツの木があるのは、かつてここで暮らしていた方々が植えたものだろうか。
痕跡は何も見出せない。

072_20130620065220.jpg
もう少し歩いてみる。
橋の名前は「水銀橋」。

078_20130620065223.jpg
いよいよ小車峠に入った。
この先は通行止めとなっている。

079_20130620065248.jpg
少し登り、下った先に平地が見えた。

探訪前、小車について三条滝雄氏に聞き取り取材した際「峠道に入って、ちょっと登って下った先に営林署の建物があった」と仰っていた。
ここが営林署の跡地だろうか。

080_20130620065251.jpg
ふと、右手に目をやればスイセンの花が咲いていた。
営林署で植えたものなのかは判らなかったが、この奥地にも人びとの暮らした営みがあった。
この時点で午前10時10分。ここで引き返すことにした。

097_20130620065254.jpg
戻る途中、残雪を目にした。
6月でもまだ雪が残っている。
それだけここは奥地である。


後日、美深町郷土研究会 会長 佐久間昌美氏に伺った。
佐久間氏は、こう話してくれた。

「最奥地の岩隈茂八郎氏の家は右手にあり、自宅敷地内の水車で発電していました…。この路線は板谷~恩根内停車場線と呼称する道道で、岩隈宅周辺の山林は細かく分筆された分譲地となり、多くの持ち主が全国に散在している彼の田中角栄・列島改造論の遺物です…。」

そして、こう付け加えた。
「セールストークは…自然を満喫できる道道沿いの保養地です…。」

保養地は訪れることすら非常に難しくなってしまったが、皮肉にも、自然を満喫することが出来た。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小車小学校前 小車川黄膚流木椀と箸

『大陸の 霊煙立つ 青葉山』華人無名の墓
               三浦 久校長 記
 過去にそんな,小さなことがありました。今わ 誰もいない元の姿に戻り
 もうすぐ うぐいす 鳴き声が・・・・・過ぎ去り過去を形に残しました 
 貴台様におかれましては、後世残る日々送られて、未来に残る事と想い
 上げます、息災で有りますように。

写真有難うございます

広瀬 様

日本の過疎地、美深町小車・・、を見ました。  昔、昔の、懐かしい(・・と言っても多く変わっていますが・・)場所の
写真を沢山載せて頂いて有難うございました。  

私は旭川市郊外の鷹栖町(村)で生まれ、昭和11年に恩根内小車に引っ越して 昭和16年11月まで小車に
祖父母・両親・兄弟たちと 広瀬様の写真に有りました 「水銀橋」 という橋の手前左側に住んでいました者です。

数年間の それも子供時代のことで、正確な覚えが有りませんが、母親が苦労して石ころ交じりの土地を耕し畑で
ジャガイモを作っていたり・・、水銀鉱山の仕事に父・兄たちが頑張っていたのを覚えています。
水銀の出る山には製錬する工場(傾斜つき)などがあって・・多くのひとが働いていて、配給所などもありました。

小車小学校の分教場が道路の曲がり角にありましたが・・家からは大分歩いて通っていました。
兄に連れられて、大雪の日に一年生に入学したのを覚えています。

 まだ戦時中だったと思いますが 引っ越してから、一度、父に連れられて小車に行きましたが・・まだ恩根内市街からの大橋の無い頃で・迂回して山の付近の氷橋を渡って・親戚の家に夜中にたどり着いたことが有ります。

ご存知のように 現在は何もないところですが・・その頃は多くの人が住んでいて(何人くらい住んでいたかは不明ですが)・・時には仮仕立てのスクーリンで映画なども見れました・・・、 貴写真に有りました 鉱山跡地という説明看板の付近には発電所がありました。 木工所もあっていつも 丸鋸の音がしていました。

今回は 多くの写真を有難うございました。    








 

Re: 写真有難うございます

岩見田さま

コメント有難うございました。小車出身との由。大変興味深く拝見いたしました。
この頃の小車を知っている方は少なくなりました。私も数年前、三条氏に伺ったことくらいしか分かりません。
岩見田さまのコメントで、少し小車水銀鉱山の全体像が掴めたような気がいたします。此方こそ有難うございました。

こちらこそ

 先日 写真のお礼申しました岩見田ですが、成瀬様のお名前を間違って記載しましたことを、お詫びいたします。

 その頃の写真があれば 分かりやすくてよいですが・・、松の木が有った・・といな写真の左側(川の向こう側)が
 大きく広がっていて(少し傾斜が有りましたが )そこが 鉱山の事務所があったり・・・で、今でい云う繁華街でした

 またその写真を撮影された場所あたりには 社宅(4戸長屋)が2~3棟あったはずです。立派な大きな橋が かっ ていたと思いますが 写真のような小さな川だったのですね。 またその近くで 私の叔父が雑貨店(青果物)を
 やっていました。

 夢・幻と言いますが 小さい時(小学3年の秋まで)住んでいた場所の・・現在の様子を見ることが出来、多くのこと が走馬灯のように浮かんでは消えていきます。  
 小車を離れて・非常に・長い年月が経っていることもあって、この写真を見ながら、同じように話し合える人たちも  だんだん・・少なくなってきています。



  



 



 

 

 

Re: こちらこそ

岩見田さま

お返事有難うございました。小車水銀鉱山が操業していた頃の資料や御車小学校の資料・写真が乏しく、数年かけて調べてきました。
岩見田さまの証言は、大変貴重なものです。御車小学校卒業生は今も美深町内に住まわれていらっしゃいますが、コンタクトを取っていません。
機会を見て、再訪したいと思っている集落の一つです。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。