遠別町東野

遠別町東野(平成25年6月8日・平成28年10月31探訪)

遠別町東野は、道道名寄遠別線にある高度過疎集落である。

最奥地の正修地域よりは手前に位置しているが、それでも遠別町中心部より約20キロ離れている。
へき地等級4級の学校であった。

明治33年 三浦武作の入地が始まりであると伝えられている。

明治41年7月 戸数も14戸を数え、吉岡重太郎宅を仮校舎とし、第三教育所(現 遠別町中央小学校・廃校)の柴垣安太郎を教師として週1回、授業を始めたのが最初であった。

明治42年6月2日 遠別村第三教育所付属特別教授所と改称。

大正5年 中央遠別尋常小学校付属ウエンベツ特別教授場と改称。

昭和7年9月 尋常小学校に昇格し、東遠別尋常小学校と改称した。

ここは元々「ペウレペ」と呼ばれ(アイヌ語で「支流・二股」の意)ており、通称「東遠別」と言われていたが、昭和14年の字名改正により「東野」となった。「東野」の由来は「遠別村の東部に位置」していることからであった。

集落は、狭い耕地と丘陵地にバレイショ、いなきび、粟、水田が盛んであった。

昭和16年4月 東野国民学校と改称、昭和22年4月 東野小学校と改称した。

昭和27年 遠別中学校東野分校が設置され、翌 昭和28年 東野中学校が併置された。
また、この年、学校隣接地に東野診療所が開設された。

昭和26年の戸数 34戸204人を数えた東野も、過疎化に伴い昭和45年 東野中学校は遠別中学校に統合された。

昭和49年3月 東野小学校も遠別中央小学校に統合され、廃校になった。

廃校後も過疎の波は押し寄せ、平成元年 東野神社を遠別神社に合祀し廃社、現在は3戸、通い作が2戸である。


106_20130701091839.jpg
遠別町中心部より道道688号 名寄遠別線に入る。
ここから最も奥にある正修集落(廃村)まで5校の学校があったが、現在すべてが廃校である。
これは中心部より5キロ入ったところにあった久光(キュウコウ)小学校である。
久光小学校の開校年は明治33年9月5日、閉校年は昭和43年3月31日である。

107_20130701091840.jpg
開拓記念碑と二宮像があった。

114_20130701091857.jpg
学校があったと思われる場所は更地になっている。

097_20130701091834.jpg
久光小学校より約7キロ進むと中央小学校がある。
「中央」の名の由来は、市街地より上遠別と称する奥地の中間に位置する集落であるからとのことである。
開校年は明治45年3月28日、閉校年は平成11年3月31日である。

098_20130701091836.jpg
中央小学校より東野方面を望む。
東野を含め、大成、正修はまだまだ先である。

075_20130701091654.jpg
中央小学校よりさらに8キロ進むと東野小中学校が見えた。
ここが東野集落である。
二宮像の台座だけがあった。

076_20130701091658.jpg
学校跡の隣接地に「興復」と刻まれた石碑があった。
台座に何かはめ込まれていた跡があるが、全く分からない。
この碑は何を意味しているのか、遠別町教育委員会 宇野 治氏に伺ってみたが判らなかった。

079_20130701091703.jpg
ふと足元に目をやれば、倒れた校門に表札がそのままはめ込まれている。
思わず「何とか表札だけでも保存していただけますか。」と宇野氏にお願いした。
宇野氏は「判りました。近いうちに回収します。」と仰ったので、保存されることを願うのみである。

084_20130701091751.jpg
校舎は既に瓦礫と化していた。

085_20130701091754.jpg
閉校後、校舎は近郊の農家が倉庫として転用していたのか、農機具類の残骸が散らばっている。

089_20130701091757.jpg
ふと、笹藪の向こうに煙突が見えた。
ヤブを掻き分けて進む。

092_20130701091759.jpg
たどり着いた先には、煙突が2本建っていた。
教員住宅の跡と思われる。

093_20130701091803.jpg
基礎もはっきりと残っていた。

077_20130701091700.jpg
やがて戻り、学校前より大成方面を望む。
大成はここより9キロ先に学校があった。

平坦な土地はシラカバ林となり、自然に還ってしまっていた。

平成28年10月、遠別町教育委員会の職員と東野・大成集落を訪れた。

CIMG8951.jpg
初冬の東野小中学校跡地。


076_20130701091658.jpg
学校前にある謎の石碑(再掲)。

町職員様よりコピーをいただいた東野小学校『閉校記念誌』(昭和49年東野小学校)をめくる。
校地・校舎平面図を見る。

平面図を見ると、校門のすぐ脇に『開基60年碑』とある。
目が点になった。

CIMG8953.jpg
この石碑は東野地区開基60周年記念碑、であった。

写真には撮れなかったが、間近に寄って材質を確認する。
その結果、記念碑上部は針金で補強されているが石質であった。

石碑の由来が分かり喜ぶ半面、手がかじかんで寒い中、この後は大成集落へ移動した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

東野大成のペンネームがどこかの駅ノートにあったりして・・・(神埼正勝や大和幸もあるかも)

沿岸バスがまだ「東野32線」まで多くのバス便があったとき(平日5本)に
自分らは東野・大成を伺ったことがあります。
11月の下旬で、その日は奇跡的に吹雪も降雪も低温もなく、
2つの小学校を見ることができました。
東野はトラクターのガレージになったあと、使用されていないようでしたが、
校舎は奇跡的に支柱や屋根半分が残っていました。
ガレージ転用された隣の部屋は屋根が落ちていましたが、
一目で図書室か集会室(多目的な教室というか)だとわかりました。
児童用の本が床の抜けた土に散らばっており、湿気を吸っていましたが、
ページを開けることができ、しばし読書会と相成りました。
「ももたろう」「かぐやひめ」の昔話から偉人伝まで、100冊くらいはあったと思います。
今であれば、閉校した学校の備品・図書は市町村内の他の学校に接収されるのでしょうが、
当時はそのような習慣はなかったか、または不必要なものとして、または公民館の分館としておいてあったかもしれませんが・・・
その後数年後に訪問するたびに、支柱は崩れ貴ブログの写真のようになっていました。
あの下には、まだ「ももたろう」や「いっすんぼうし」「かぐやひめ」が役目を終えて眠っているのでしょうか?
・・・大成の体育館もこんな感じだったはじめっち

東野の書籍の中に、昭和48年の教職員録が少し土に埋まっていたっす。
全道数千人?の氏名・給与(何号俸とか)が全部載っているだよ。
当時の学校の住所が載っているんで、そういうの趣味の人はいいけんど、個人情報満載だぁよ!
古書店にも売ってないだぁよ!しかし、昔は大らかな時代だったでありんす。
道徳観念・倫理観すててでも、「歴史史料」としてもってくりゃよかったっす。
・・・でもきと今じゃ「うらしまたろう」と土に還ってるべゆたか

あたいはこんな連中につきあわされてひどいめにあったのだ。
バス停から延々2時間以上、大成まで歩かされたのだ。
それでも、東野の史料には、東野から12~3km以上あるはずなのに
それくらいで着いたって・・・そのあと東野までもどるんだよまったくもうっ!
途中16線くらいまで歩いたところで、トラックに乗せてもらって・・・
うんちゃんいわく、「あんまりかわいそうにみえたから・・・」だってなのだ。
そんで、遠別東野の土手産の「西洋わさび」をもらったのだ。
それが夕方泊まった「羽幌町立ユースホステル」のおかずになったのだ。
篠島さん、ありあとやんしたなのだ。
・・・当時はここのYH建物は町内の旧校舎を移築移転したものだったそうなのだつるみん


Re: 東野大成のペンネームがどこかの駅ノートにあったりして・・・(神埼正勝や大和幸もあるかも)

はじめっち&ゆたか&つるみんさま

コメント有難うございました。遠別町東野・大成にも行かれたのですね。
11月下旬で降雪がなかったのは、稀だと思います。
まだその頃は、学校の面影も残されていたのですね。
お尋ねの「教職員録」ですが、図書館で見たことがあります。廃校調査の際に参考にしています。

そして、東野から大成まで歩かれたのにはびっくりしました。お疲れ様でした。
大成よりももう少し奥には正修集落もありました。もう一度再訪してみたい場所でもあります。
西洋わさびをもらうことができたのは、いい思い出ですね。
私も調査の際、12~3キロ歩くことがありましたが誰一人会いませんでした。

記事と全く関係ないことさうたずらくがきしてゆまんのす!

石碑の調査、お疲れさまでした。
年号を西暦に換算する術が欠けているので、よくわからなかったのですが、
19世紀と20世紀のはざまに入植されたようですね。
ということは、あと3年くらいで120年、記念石碑が60年の折り返し地点になったわけで、
それは自然の厳しい遠別の奥地、石碑自身が体を為していて「よぐがんばったな」と
声をかけてあげたいくらいです。
・・・なんて書いてあるんだろはじめっち

twitterの「僻地(と言われる)の生々しい証言」も併せて拝見しました。
自分らが今住んでいる地域も藤沢ではありますが、市の北部に当たり、
4~50年位前までは、医院がなく「藤沢のチベット」(当時の言い方をそのまま掲載します)
と呼ばれていました。
リヤカーで運ばれた盲腸の患者が破裂してしまい、手遅れのなったということですが、
そういうことは、きっと日本全国で起こっていたことだと考えています。
搬送体制や自家用車の普及率が低かっただけではなくて、
住民たちにも医療の知識が低かったことも考えられるのかと、今では思います。
こういうことを「隠す」のではなく、「史実」として語りつなげていけるようになるためには、
難しいハードルが存在するのかもしれません。
・・・でも「史実の掘り起こし」がんばっていらっしゃってるんですねみならいかのん

あたいはむずかしいことはよくわかんないけども、
小中学校の表札はどうなってしまったんだろかなのだ。
博物館での保存がきっと第一案としては有効なのかもしれないけど、
せっかく記念碑さんや金次郎さんやうらしまたろうさんやかぐやひめさんといっしょにいるんだから、
いっしょにしてあげたほうがいいんでないのとか、ちょっぴりおもったりもしたのだ。
・・・なしてみんなであたいをボコなぐりするのだつるみん

自分ら、なしてかわからないけど、どうも東野に少し思い入れがあるみたいで、
あほのつるみんは「このまんまでいいじゃんかなのだ」(すこしはわかるけんども)と、
やっぱりある程度、史実さ掘り起こして攻勢に残したほうがいいんだろうと思うす。
ここにもあそこにも、「人間の営みがあった」ことはきっと忘れてはいけないし、
開拓に向かった意志や誇りを持ち続けることは、これからの住みにくい世の中に立ち向かって生きていく
子孫には知っていてもらいたいし、持ち続けてほしいなんて思ったりするのす。
・・・下記念別瑞穂たのしみにまっているのすゆたか

Re: 記事と全く関係ないことさうたずらくがきしてゆまんのす!

はじめっち&みならいかのん&つるみんさま

コメント有難うございました。東野は、元々別な場所に校舎が建てられていました。遠別町郷土資料館に東野の閉校記念誌が展示されています。

へき地は、病気など『何かあった時』が大変です。以前、女名春別で教鞭をとっていた方に伺いましたが、自身も風邪を拗らせて肺炎になり危なかったと仰有っていました。

達布下記念別は、戦後開拓と炭砿で栄えました。瑞穂分校は、ある分野で有名な学校でした。雪が解けたら、行ってみたいと思っています。
プロフィール

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR