スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠別町大成

遠別町大成(平成25年6月8日・平成28年10月31日探訪)

遠別町大成は、道道名寄遠別線にある集落である。

手前の東野地区から9キロ進むと大成である。

明治45年 岐阜県人 川尻甚助、新潟県人 小野塚清吉の入地が最初であった。
それに引き続き数戸の移民を迎えた。

そのうちの千葉栄之助、戸田千代吉等が教育の必要性を訴え、下原野29号 谷川理津蔵方の寄寓者である森川松寿氏を教師として、戸田氏の納屋を借り受け5、6人の子弟に読み書きを教えたのが最初であった。

大正5年5月8日 中央小学校所属上遠別特別教授場が公設された。
これが大成小学校の始まりであった。

開校当時の通学区域は、遠別川をはさみ南北に長く延長は3里2町(約12キロ)に達していた。
中には3、4箇所の渡船を経て通学したり、学校附近の家や学校内に寄宿した児童もいた。

大正15年4月 上遠別第二特別教授場(後の正修小学校)が認可されてからは12線以南が分割された。

昭和8年9月12日 上遠別尋常小学校に昇格。

昭和16年4月1日 上遠別国民学校と改称。

昭和22年 遠別村立大成小学校となった。

大成は通称「上ウエンベツ」と呼ばれ、遠別川を挟んだ両側は支脈が囲み、鋏状地帯である。

昭和7年頃までは渡河や渡船で過ごしていたが、同年より2年後の昭和9年までに上エンベツ1線・2線・4線・13線に吊橋が架設され、その数年後には雪見橋・風月橋・錦橋・流星橋が木製ながら架橋された。
これらは現在、コンクリート製に代わっている。

稲作、畑作のほか森林資源が豊富であることから冬山造材を受け持ち、昭和初期から20年代までは馬橇により遠別駅の土場に集積されていた。

また、春になれば山越えをして隣村のフウレンベツ(現 初山別村豊岬)へニシン漁場へ出稼ぎに行った。

昭和14年 字名改正により「大成」に変更された。

由来は「大正時代の移民にして大望抱き一意専心開拓事業に孜々営々努力せられつつあるに出づ」である。

昭和30年には23戸 164人の人々が暮らしていた。

昭和32年8月 開校40周年に伴い、新校舎が落成。

昭和41年 大成開基60周年 小学校開校50周年 中学校開校10周年記念行事が盛大に挙行された。

しかし、この地も過疎化は進行していく。

昭和45年から始まった稲作転換事業は過疎化に拍車をかけた。
既存の水田はすべて畑作に変わった。

町教委の宇野 治氏はこう話す。
「…遠別川沿いの僅かな平地を開拓したが、(遠別町)市街地から離れているのでみんな出て行ってしまった。今通ってきた道路沿いは、すべて田畑だった…。」

昭和56年4月 大成小学校 廃校。中央小学校大成分校になる。

そして翌年 昭和57年3月31日 中央小学校大成分校は廃校になった。

卒業生総数 258名であった。

021_20130708080410.jpg
遠別町大成にあるゲート。
この先に大成小中学校、そして正修集落があった。
探訪当時、まだゲートは開いていなかったが留萌建設管理部 遠別出張所に事情を説明し、許可を得てゲートを開けた。

074_20130708080155.jpg
学校前の大成集落。
現在、1世帯しか住まわれていない過疎集落である。
学校前も人家があり、田畑が広がっていたがすべて自然に還ってしまっている。

056_20130708080027.jpg
大成小学校の校門と、記念碑が見えた。

059_20130708080030.jpg
ササを刈り取り、記念碑が姿を現した。

063_20130708080033.jpg
記念碑の背面。
木製であるため、所々傷んできている。

064_20130708080036.jpg
記念碑の背後には校舎があった。

065_20130708080112.jpg
雪の重みで木造部分は既に倒壊していた。
外壁だけが残っていた。

067.jpg
校舎の姿はいつまで保ち続けていたのだろうか。
瓦礫と判っていても、内部を確認する。

068_20130708080121.jpg
足元が危ない。
慎重に一歩一歩、歩く。

069_20130708080123.jpg
この先には体育館があったが、既に倒壊している。

072_20130708080149.jpg
戸棚が辛うじて残っていた。

073_20130708080152.jpg
学校前に残されていた回旋塔の支柱。
子供たちがここで学び、遊んでいた証である。

054_20130708080024.jpg
学校前より正修方面を望む。
正修はここよりまだ奥である。

平成28年10月31日 遠別町教育委員会の職員とともに上遠別方面を調査した。
天候は大雪。道道688号沿は雪に覆われ、クルマが雪で嵌って動けなくなっている姿を横目に進む。

KIMG0576.jpg
学校手前に神社マークがあったのでクルマを止め、それらしき敷地と記念碑らしきものを見つける。

KIMG0561.jpg
記念碑を見つけた。
大成地区開基60周年記念碑(昭和41年9月建立)である。

KIMG0564.jpg
石碑の下部に、明治期に大成へ入植した人々の名前が刻まれている。

KIMG0569.jpg
記念碑の傍には地神さまの碑もある。

KIMG0572.jpg
記念碑は昭和29年に遠別町農協青年(農協青年部と思われる)大成支部が建立した。

KIMG0570.jpg
寄進したのは明治期に大成に入植した小野塚清吉氏である。

KIMG0573.jpg
神社の拝殿跡と思われる階段もあった。

KIMG0574.jpg
何かの台座(狛犬?)も残っている。

KIMG0583.jpg
手がかじかみ、ぶれてしまったが大成小中学校校舎である。

KIMG0582.jpg
校舎横の回旋塔(遊具)の先に、大成地区の開拓記念碑があった。

例年より早い降雪に悩まされたが、記念碑もはっきりと見ることができた。
同行してくださった遠別町教育委員会の職員様に感謝申し上げます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

更新お疲れ様です。見ているとナルセさんと呑べえさんのバギクロスの呪文の如くの鎌による笹刈りを思い出します(笑)。また皆で探索したい衝動にかられました(愛)。

RE:No title

ラオウさま
有難うございます。あの時は大汗をかきながらササ刈りでした。
また、何処かの廃校でご一緒できればいいですね。

懐かしい!

初めまして。
懐かしいです。まさか今になって母校の写真がみられるとは。
朽ち果てていても、私からしたら昔のままにです。
30年ぶりに帰りたくなりました。
アップして下さってありがとうございます。

RE:懐かしい!

茂さま

コメント有難うございます。
大成小中学校に在籍されていたのですね。
今時期は雪で埋もれていますが、ゴールデンウィーク以降であればゲートが開き
訪ねることができるかと思います。
かつての田畑はすべて自然に帰ってしまいましたが、今も1軒だけ住まわれている方がいらっしゃいますよ。

688つながってほいいのす

大成も開基100年以上も経っているんですね。
自分らは神社の跡とかまったく見つけられなせんでした。
・・・根性なしなんではじめっち

20年以上前に行った時には、道道688号線沿いに
民家が一軒あって、住んでいらっしゃったのすが、
まだご健在と聞いて、なんかうれしかったりするのす。
・・・すまんすよそもののおおきなおせわなんすがゆたか

(twitterを含め)いつも貴重な情報をありがとうございます。
内地に住んでしまった自分らはもう訪問することはほとんどかないませんが、
貴ブログを拝見することで、訪問したその気になっています。
・・・もう屋体もなくなってしまったようですねみならいかのん

あたいはむずかしいことはよくわかんないし、このきじとはまったくかんけいないけども
美深の恩根内小学校が宿に生まれ変わったというのを知って、
何とも言えなくほくほくなのだ。
・・・行けないけどもなのだつるみん

Re: 688つながってほいいのす

はじめっち&ゆたか&みならいかのん&つるみんさま

コメント有難うございました。大成も歴史ある集落ですが、現在は1戸(大成小中学校手前)のみとなっています。
神社は、地形図に記載されていたのを見て、どんなものなのか確認すべく伺いました。
Twitterは息抜きがてら楽しくやっております。自分のペースを維持しながら、公開していきたいと思っています。

道々688

今年もよろしくお願いします。

道々688は、毎年冬季以外の半年だけですが、工事業社が母子里に現場事務所を構えて工事を進めております。
聞くところによりますと、距離的にはあと2,9キロだそうです。しかし河川も多く、地盤固め等でかなり困難をきわめているようです。半年しか工事できないため、1年に進む程度も知れたもののようです。現場まで20キロ以上もあるのですから、行き来だけでも大変ですね。
開通した暁には、なんと冬季も除雪をする用意だそうです。ホントでしょうか? でも業社がそう言っているんです。

でも、私も開通を楽しみにしております。

Re: 道々688

北海のヒグマさま

コメント有難うございました。未成区間も、残り僅かなんですね。しかし、実際はかなり大変ですね。
冬季除雪には驚きましたが、何かあった時を考えると有り難いと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。