幌加内町母子里

幌加内町母子里(平成26年1月25日・2月26日探訪)

幌加内町母子里は、平成26年1月現在 35名が暮らす過疎の集落である。

明治34年 北海道大学演習林に第一基本林として大学運営資金の財源調達のため、国から割譲されたのが始まりであるが、母子里の開拓は昭和に入ってからである。

昭和4年 大学演習林の林内植民者として入植者を募り、昭和4年から昭和8年にかけて24戸が入植した。
主として美深村(現 美深町)出身者が多かった。

ついで中頓別村のピンネシリ(敏音知)・マツネシリ(松音知)より13戸、常盤村(現 音威子府村)より5戸が入植した。

「モシリ」は「茂尻」(赤平市茂尻炭鉱)や「茂尻」(江差町)、茂志利(士別市朝日町)、茂尻駅(根室本線)とあるので、当初は「茂知」と表記していた。

昭和5年8月5日 茂知に入植していた菅原貞助 チヤ夫婦に子供が授かった。
これを記念して現在の「母子里」になった。
ただ、雨龍演習林は林班界の名を茂知事業区として昭和45年頃まで「茂知」を使用していた。

母子里をはじめ、幌加内町を通過していた深名線は明治44年7月16日 吉利智宏が単独で「深川を基点とし三股(現 朱鞠内)経由で音威子府に至る鉄道」を鉄道院に出願したのが最初であった。

大正7年 第41回帝国議会において軽便鉄道としての協賛を得ることが出来、大正11年12月16日 第1工区 深川-鶴岡間16.936kmが着工された。

順次、鶴岡-鷹泊間、鷹泊-幌加内間が着工されていく。

昭和3年2月26日より幌加内-政和間、同年11月6日 政和-添牛内間が起工される。

昭和6年9月15日 幌加内-政和間が開業し、同年10月10日 線名である雨龍線を幌加内線と改称した。

昭和6年7月13日起工の添牛内-朱鞠内間は昭和7年10月25日開業。

残る朱鞠内-名寄間は昭和11年名羽線として名寄側より起工する。
昭和12年11月10日 名寄-初茶志内(後の天塩弥生)が開業。

昭和16年10月10日 名雨線初茶志内-幌加内線朱鞠内間が開業、これにより深川-名寄間が結ばれ「深名線」(総延長121.8km)となった。

母子里も勿論、開通したので駅名は「北」をつけて「北母子里駅」とした。

深名線鉄道工事に携わった松本輝子はこう話す。

「…母子里は当時、男手は兵隊に取られ、女、子供、老人しかいなかった。私は深名線の工事で、主にスコップを用いて砂利を敷く仕事をしていた。親方に「やり方が悪い」と怒られ「こうやるものだ」と手本を見せてくれた。その手本どおりにやると効率が上がった。今もやり方は覚えているが、年なので力が入らない…。」

「力仕事だったから腹が空き、昼の弁当では足りなかった。母に「もっと入れてくれ」と頼むと、母は「それは「仕事」が奪っていったものよ」と云った…。」

「当時『イナキビ』が腹持ちがよく、ほかにカボチャなんかを食べていた。米は配給制であまり食べられなかった…。」

学校は昭和6年6月20日 演習林の造材事務所を仮校舎とし、母子里尋常小学校として開校した。

昭和16年4月1日 母子里国民学校と改称。

昭和22年4月1日 母子里小学校と改称。

同年5月1日 母子里中学校を併置。

昭和34年 町制施行に伴い幌加内町立母子里小中学校と改称。

母子里は昭和25年の87戸 618名をピークに減少していく。

母子里に暮らす、ある方はこう話す。

「母子里はかつて、駅周辺を『市街班』と呼び、それ以外は『1組』から『5組』まで分かれていた。昭和20年代頃、各組15~6軒の家があり、それぞれ1軒ずつ澱粉工場があった。」

また、かつて母子里小中学校で教鞭を執っていた卜部信臣はこう話す。

「1組から5組まであったが、特に5組は『本流』と呼ばれていた。『本流』の由来は、雨竜川より枝分かれしたウトカマベツ川の、さらに枝分かれしたモシリウンナイ川のことを指している…。」

「私が赴任した昭和37年当時、小・中学校併せて120名くらいの児童や生徒がいた。教員は校長と力を合わせて、母子里集落を引っ張っていった。赴任した当時、澱粉工場は3軒あった…。」

しかし、昭和30年代末より過疎化が進み始める。

松本輝子は「いつの間にか、櫛の歯が抜けたように人がいなくなっていった」と云う。

転出者が増え始め、母子里小中学校は平成5年3月末で閉校となった。

ある方は「幌加内町自体が、南北に細長い町なので平成の初めまで学校が存続していた。もし、町自体が小さければもっと早くに廃校となっていた」と云う。

その2年後、平成7年9月4日をもって深名線は廃線となった。

過疎集落となった母子里だが、平成25年9月 北海道の過疎集落対策モデル事業のひとつとして選ばれた。

対象地区は幌加内町母子里のほか、占冠村占冠・中央・双珠別、深川市納内である。
モデル事業となった母子里地区は、北海道新聞紙上で「36人の集落 母子里の挑戦」として取り上げられている。

002_201403041351308d0.jpg
名寄よりJR北海道バスで母子里を訪ねた。

009_20140304135133500.jpg
集落で唯一の商店(ガソリンスタンド併設)も平成24年の秋に閉店した。
あるのは自動販売機だけである。

007_201403041351329ce.jpg
北海道大学雨龍研究林の事務所。
隣接地には名古屋大学の観測所がある。

013_20140304135159f1f.jpg
集落唯一の交差点より。
この先が「2組」で、左手にある母子里簡易郵便局の辺りが「市街班」である。

008_201403041351328d3.jpg
「市街班」にある母子里簡易郵便局。
昭和43年度の地図では、10世帯の名前が記されている。
この先に、北母子里駅があった。

020_20140304135225248.jpg
そして、母子里小中学校跡地。
校舎は既に解体され、体育館のみが現存している。
話を聞くと「校舎や体育館は閉校後、一度も使われていない」とのことであった。

014_20140304135200b6a.jpg
雨竜研究林事務所前より蕗の台方面を望む。
蕗の台は日鋼開拓団 千葉茂雄が中心となって昭和22年6月より開拓が始まった。
しかし、寒冷地であることと酸性土壌による農作物の不作や個人負債が重なり、昭和37年7月 蕗の台集落は解散となった。
卜部信臣曰く「蕗の台は空知管内で一番早く、集団離農した集落」とのことである。
ここも「学校跡がある廃村」のひとつである。

15.jpg
「2組」にある「母子里クリスタルパーク」
春になればエゾエンゴサクやカタクリ、ミズバショウの群生があり見ごたえがある、とのこと。

018_2014030413520342d.jpg
クリスタルパーク前の中垣橋より学校方面を望む。
昭和50年度の航空写真を見ると、2軒の農家があったが現在は無い。

023_20140304135228d3a.jpg
「3組」と「4組」の境目に位置する母子里神社。
積雪により探訪することが出来なかった。

026_20140304135231e1d.jpg
「4組」にある牧場。
母子里で唯一の基幹産業であった牧場も、平成23年6月に廃業した。

032_2014030413524790e.jpg
母子里集落の高台に位置する「5組(本流)」の家屋跡。
野生化したマツが育っていた。

033_201403041352499fd.jpg
5組(本流)の家屋跡。

ある人は「…5組の人たちは優秀な若い人が多かったが、転出も早かった…。」と云う。

そして、こう付け加えた。
「…ここまで人がいなくなるとは、予想もしていなかった…。」

過疎の波を受け、人口も少なくなってしまったが過疎集落対策のモデルとして選ばれた。
今後も、動向を注目したい過疎集落である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然のコメント恐縮です。
大学のレポートの構想の際に、たまたまこのブログを発見し
それ以来、いつも楽しみに拝読しています。
そのときの自分のレポートに関わった母子里が出てきたのでコメントいたしました。
いつも詳細な内容で非常に興味深く読ませて頂いています。

No title

ある大学生さま

コメント有難うございました。此方こそ恐縮しています。
今回の母子里ですが、「母子里の歴史 開基80周年記念誌」が役立ちました。
この本をご覧になれば、母子里の歴史が判るかと思います。ご参考になれば幸いです。

No title

たまたまここを通りすがって拝見した者です。
突然の投稿お許しください。

母子里の今の写真、興味深く拝見しました。
10年ほど前まで、母子里には一軒宿があり(1枚目の写真のバス停の左側にあった)、よく泊まりに通っておりました。
夏や冬のシーズンは旅人が集まり、ささやかではあるが賑わっておりました。
冬の神社へもクロスカントリースキーで行きました。

あの頃は栄えていた牧場も、目の前にあった商店も、今はもうやっていないとは淋しさを感じます。
大学の施設がまだ健在なのは救いでしょうか。

個人的ではありますが、何とかこのまま廃れていくばかりでなく、ずっとこの地に思い出の集落としてあり続けてほしいと思っております。

No title

ハリーさま

コメント有難うございました。
平成の半ばには旅人の宿もあったのですね。興味深く拝見しました。
母子里もまだ、てこ入れすれば何とか活気付くのではないかと思ったりしています。これからどうなっていくのか、動向を見守っていきたいものです。

No title

こんにちは。私は以前、秋の旅で名寄に泊まり、翌朝は朱鞠内に向かう列車の中でした。途中の母子里で幼稚園に通う子供が一人、見送りの母親と別れて乗りました。毎日偉いなと思い、カメラを向けて写真を撮ってあげ、名前を聞くと定期券の名前を見せてくれました。旅を終え、写真を送りましたらお母様から喜ばれたご返事が届きました。昭和58年のことで、その後は2度ほどテレビ番組で母子里の学校が紹介され、あの時の男の子も大きくなっておりました。小中学校が閉校となったのも、もう一人の女の子と卒業された頃かと思われます。過疎となることは残念ですが、生まれ育った大切な思い出は皆さん一生消えずにいるものだと思われます。ありがとうございました。

No title

よみびとしらずさま

コメント有難うございました。深名線での心温まるエピソード、今となっては懐かしい思い出のことと思います。
通っていたお子さまは恐らく、母子里小学校最後の卒業生でしょうね。母子里も過去、テレビで2回放映されたのも
初めて知りました。有難うございました。

本当に懐かしいなあ

昭和19年頃より5年くらい宇津内駅から蕗ノ台、白樺などを経て北母子里駅まで汽車通学をしてました。
当時、小学生1年生でしたのでつらいも何もわからずいまでは楽しい思い出です。
ちなみに、朝の6時ころの汽車で行き、帰りは確か6時ころ着いたと記憶してます。
冬の間は、雪で汽車が止まりました、朝から止まればよかったのですが、途中の駅で止まると他所の家に何人か
ずつ分かれて泊めていただいたものです。
当時、全校生徒は5,60人ではとおもいます、2教室で足りたようでした。
私たちは1年生から4,5年生と1クラスで勉強もなにもあったもんでありません、楽しい限りでした。
おかげで後程に苦労しました、ローマ字は大人になってから独学、理科社会はほとんど抜けちゃいました。
今は道立公園になっている朱鞠内湖の雨竜ダムを独り占めしていかだを組んで遊びまくってました。
深名線の廃止の際に静岡から北母子里へ行ってきました。
もし、当時の方がいましたらと思いレールします。
いま77歳の喜寿のお祝いを今年、自治体から受け終戦当時の食糧難を雪深い村での体験を思いひとしおです。

Re: 本当に懐かしいなあ

dojokko12さま

貴重なコメント有難うございました。
昭和20年代の母子里の様子が浮かび上がってきます。
昭和20年代の様子を知る方は母子里にもいらっしゃいますが、もう90歳くらいになっていると思います。
母子里の現況は、地元紙の北空知新聞が時々報道しています。
私は生憎、直近のことしか分かりませんが、当時を知る方がいらっしゃることを願っています。

No title

母子里在住の者です。ここへ来て10年になりますか。
dojokko12様の頃は、まだ蕗の台小がなかった時代でしょうか。
今、蕗の台方面は昨年の大雨で土砂崩れが発生し、母子里近くのゲートが閉まっております。工事関係者以外入る事はできません。今後数年続くのではないでしょうか。

北大雨龍研究林がある限り、事務所が移転する事は考えにくいですね。学生、院生もよく実習に、特に冬には来ております。この母子里が無人地帯になる事は、今後30年近くありえないでしょう。現在母子里に住居を構えて北大の現場作業員等で職を得ている人が4名おります。一番若い人で今後20年以上勤めるでしょうから。

名大は、近いうちに無人観測所になるか、完全撤退のどちらかになる見込みだそうです。

過疎集落対策事業で、クリスタルパークに船便貨物コンテナを用いたカフェが11月くらいから週末のみ開業予定です。ただいま水道等の工事中です。よろしかったらこのブログを拝見の皆様、ぜひお越しください。店主(?)は私ではありません・・・。

私は移住者ですから、ここで死を迎える事はないでしょうね。

Re: No title

北海のヒグマさま

コメント有難うございました。
また、母子里の近況も教えていただき感謝申し上げます。

クリスタルパークにカフェができるのですね。
私が訪れたときは2月でしたので、寒いから暖をとるべくお邪魔したのが懐かしく思い出されます。
道北が遠くなってしまいましたが、機会があれば再訪したいと思っています。

蕗の台、宇津内近辺の蕗は立派

あの地区の蕗はすごく秋田の蕗以上でした。
子供の背丈以上で太く長くしかもこちらのスーパーで売っている貧弱な蕗より柔らかかった。
終戦後の食糧事情が悪いときに、近くの国有林の伐採に蕗の台に大勢の木こりが集まり大きな白米のおにぎりを食べていたのを覚えています。
春近く山の雪が昼間の日差しで表面が解けて夜の寒さで凍り、大人でもスキーなど履かないでも長靴でも山でも歩けるようになるとダムの対岸から伐採した山の木材を運び出したものです。
そのダムが凍って人間と馬が乗っても大丈夫かどうかの渡り初めがあり、時には氷が破れて人が落ちて死んだことがありました。
私が汽車通学の時に一度あり、事故現場あたりで汽笛がボーボオーと悲しげに何回も鳴らしていたのを今でも覚えています。
そときの乗客が氷の下の落ちたら氷も下の水温はそんなに寒くないので落ち着いて上を見おれば暗い所と明るいところがあり暗いところが落ちた穴なんだよといわれ、へんに納得したこともありました。
荷物を引いた馬が高価なせいか功名のせいかいつも人間がさきに歩くそうです。
大人になって静岡で冬の海で釣りをしていて岩場で海に落ちてあまりにも海水の温度が高くまた出たとたん寒さでふるえてまたそれを思い出しまた納得しました。
北海のヒクマさん今でも無医村でしょうからお体を大切にしてください。

Re: 蕗の台、宇津内近辺の蕗は立派

dojokko12さま

お返事ありがとうございました。また、蕗の台・宇津内のエピソード興味深く拝見いたしました。
こういった話は表に出てこないので、貴重なものと思います。
「蕗の台」という地名になるくらいなので、蕗が沢山生えているのだろうと思っていましたが、本当に立派な蕗ですね。
北海道はもうすぐ冬になります。dojokko12さまもご自愛ください。

No title

dojokko12さま

昭和19年で1年生と言う事は、12年生まれですか? 5年生くらいまで住んでいたようですので、昭和7年~16年生まれくらいまでは同じ学校の児童として過ごしており、複式学級でしょうから学年が違っても顔見知りは多いのでしょう。でしたら、今でも5名ほどがここに住んでいると思われます。

蕗の台は、今は通行できませんが、通行出来た頃までは蕗取りの業者が毎年大量に刈り取って行くため、今では昔ほど立派な蕗はないと思われます。

今は名寄まで道々もあり、無医村ではありますが医療事情は幌加内町で一番便利で恵まれている地域になりました。朱鞠内診療所からも週1回母子里に来ていただいております。

クリスタルパーク内のコンテナカフェも開業が近くなっております。冬の間は当面土日しか営業しないと思われますが、何時から営業かは具体的にはまだ決まってないようです。近くに来た場合は寄ってみてください。国道275沿いにクリスタルパークの大きな看板がありますので、そこから入ってきて見てくださいね。

Re: No title

北海のヒグマさま

コメント有難うございます。蕗の台や母子里の直近の様子についても重ねて御礼申し上げます。
仰るように、名寄からのアクセスも容易になりました。バスで何度か訪ねただけに、機会があればもう一度
再訪してみたいと思っています。

昔、住んでいました

懐かしく拝見させていただきました。5,6年前子供を連れ車で訪れたときは、商店も牧場もありました。私が訪れた日の次の日に小学校の解体でたくさんの人が集まるよ、牧場の人がいつていました。私の生まれた所は隣の白樺です。行つて見たかつたのですが、入る場所がわからずユータンして美深の旅館見たいなところで一泊してキャビやを食べたのを記憶しています。新幹線が開通し温ったくなつたら行ってみたいな。まだいるでしょうか牧場のおじさんは、たぶん僕より若いと思いますよ。1961年ごろ母子里を出ました。

No title

佐々木精一様

コメント拝見いたしました。わたしの資料によりますと、昭和37年に母子里小学校を卒業されたとあります。それが正しければ、牧場のおじさんは3名ほどおりましたが、皆佐々木様より10歳程度は年上ではないでしょうか? みな現在も母子里に在住です。佐々木様は小学校卒業と同時に母子里を出ることになったのでしょうか? 
わたしはよそ者ですが、ここで暮らしていく事は本当に厳しい気象条件と思います。今年は積雪も多く、現在250cm程度の積雪です。-30℃以下も3回記録しています。北大が母子里のインフラ維持にどう関われるかどうかが今後の母子里のキーポイントとなると感じます。
土日はコンテナカフェも営業しておりますので、ぜひお越しくださいませ。

Re: 昔、住んでいました

佐々木さま

コメント有難うございました。母子里のエピソード、拝見いたしました。
母子里もここ数年訪れていません。今が一番しばれる季節です。
私も既に仕事をしているためなかなか行く機会がありませんが、いい季節になったら再訪したいと思う次第です。

Re: No title

北海のヒグマさま

コメント、並びにフォロー有難うございました。資料が手元にないので助かりました。
仰る通り、冬の母子里は気候が厳しいですが一番母子里らしい時期ではないかと思います。
コンテナカフェ、機会があれば足を運んでみたいものです。時節柄、ご自愛ください。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR