スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美瑛町美園・五稜

美瑛町美園・五稜(平成25年5月3日・5月19日探訪)

美瑛町美園・五稜は美瑛町内の戦後開拓集落である。

このうち美園は3戸の高度過疎集落として、五稜は集落として存続している。

大正14年頃 入口である「大区画」(現 中ルベシベ)に福井県人 岡田多伊助ら6戸が入植していた。

終戦直前の昭和20年8月8日 東京都南多摩郡扱いの北海道集団帰農団美瑛隊東京団体 隊長 野口美実 副隊長 半沢義吽ら26戸137人が 美瑛町内に到着。

間もなく8月20日 名古屋団体 隊長 堀場判三郎 副隊長 伊藤早稔ら26戸が到着し、美園・五稜に入植した。

このうち9戸がオマン川沿いに開拓小屋を建てて入植した。

同年12月8日 現地に入地した坂本兄弟、川崎・福井・橋本・神戸・川越と大区画に入地した野口・半沢・伊藤・庄口らが集まり、庄口の発案で美郷集落を形成する。

昭和21年1月 名古屋より10戸が入植した。

同月、名古屋部落会館建設に伴い、堀場判三郎が児童を会館に集め寺子屋形式で授業を始め、美瑛国民学校ルベシベ分教場として開校。

昭和22年 樺太引揚者の隊長 伊藤駒太郎により樺郷(豊郷)集落を形成、後の中ルベシベ集落へと繋がる。

これら美郷・名古屋・豊郷・大区画の小集落は昭和22年12月6日の美園小学校開校に伴い、岡田文太郎の発案で美園となった。 

「五稜」の名の由来は、地形が大まかな五つの稜線からなっていることや、昭和24年当時入地していた手坂慶一郎の出身地である函館の五稜郭から名づけられたといわれている。

昭和22年12月6日 美瑛町立美園小学校として開校。

美園や五稜の開拓は厳しいものがあった。

開拓が始まって間もなく、昭和21年5月より離農が始まった。

東京団体6戸帰郷、名古屋団体隊長の堀場など7戸が集団離農、また名古屋団体からも7戸が集団離農した。

昭和22年4月20日 大阪先発隊5戸が阪和へ、10戸が和郷に入植。

昭和23年5月 樺太より三輪栄正隊長ら30余戸が美園(豊郷)に入植。

昭和24年1月 老知安(オイチアン)第一~第四集落結成。
この時期中ルベシベ・美開第一・第二、水郷第一・第二集落が形成される。

昭和25年2月1日 美田小学校五稜分校設置。

五稜分校開設に伴い、児童69名が移動した。

翌 昭和26年4月 五稜小学校に昇格。

昭和29年6月 水郷第三(後の五稜第七)に開拓者入植。

昭和30年 行政区条例が出来たためそれぞれ五稜第一から第七まで区分けされる。

区分は以下の通りである。

本郷・和郷・阪和   五稜第一
豊郷      五稜第二
老知安第一・第二   五稜第三
老知安第三・第四   五稜第四
大郷・島牛      五稜第五
水郷第一・第二    五稜第六
水郷第三       五稜第七
美開・中ルベシベ・美園 美園

※この他「上豊郷」という集落もあったが、美瑛町立図書館で問い合わせた結果、「開拓 五稜開拓50年記念誌」にも記載されておらず何処に在ったかは判らない、とのことであった。
ただ、「推測だが豊郷の上手にあったので便宜上、そう呼称したかもしれない」と情報を頂いた。

美園小学校を含む美園ルベシベにも入植者が増加し、昭和30年代は在校児童数40~50名が学んでいた。

しかし、昭和40年代に入ると離農者が続出した。

離農に伴い児童数も激減し、昭和45年の児童数は4名にまでなっていた。

昭和46年3月24日 廃校式が挙行された。

卒業生総数 152名であった。

美園はその後、昭和56年 中ルベシベ、美開、美園で形成されていた美園行政区は戸数減少により、五稜第五へ統合した。

五稜の行政区もまた、統廃合していった。

現在の行政区を列挙すると、以下の通りである。

五稜第一
五稜第二
五稜第三
五稜第五 
五稜第七(昭和39~40年頃の離農対策により全戸離農)

五稜第六は昭和61年1月 戸数減少により第五に統合された。

五稜第四は第五に統合されたが、統合年月は不明である。

但し、住所については五稜第一から第六まで現在もある。

五稜小学校は昭和54年12月 新校舎が竣工され、翌55年2月に落成式が挙行された。

五稜小学校は平成17年3月 休校となっている。

033_20140324063019007.jpg
平成25年5月3日 「学舎の風景」piro氏、A.D.1600氏と共に訪れた。
「美園」は、五稜寄りの高台に数戸の人家がある高度過疎集落であるが、学校周辺は自然に帰ってしまっている。

032_20140324063018d3e.jpg
学校跡地を望む。
すっかり植林されている。

035_201403240630227b0.jpg
校門らしき石碑が倒れていたが、銘盤どころか何もついていなかった。

036_20140324063036d8c.jpg
町史には木造校舎が写っているが、基礎すらも残されていなかった。

037_20140324063038ff5.jpg
学校手前の道路の法面の先に何かが見えた。
法面をよじ登り、先へと進む。


038_20140324063039142.jpg
廃屋と化した家があった。

039_2014032406304163c.jpg
この家へ行く為の道路が見当たらない。
道路工事と共に消えてしまったのか。

041_2014032406305973d.jpg
内部は床も抜け、足元も危ない。

042_20140324063101c31.jpg
五右衛門風呂は原形を留めていた。

043_2014032406310223e.jpg
家の玄関前より。
学校前で人々が暮らしていた、唯一の痕跡であった。

39.jpg
美園の探訪から間もない5月19日「道北の釣りと旅」管理人 HIROAKI氏とともに美瑛町内を訪れた。
隣接の五稜地区を訪ねたときのものである。
これは開拓記念公園内に建立された開拓記念碑である。

40.jpg
五稜第一地区の沿革が刻まれている。

02.jpg
五稜第一地区の周辺の風景。
山と山との僅かな平地を開拓していった。

044_20140324063117b4f.jpg
五稜第五にある五稜小学校。
休校扱いとなっているが、個人的には再開されてほしいものである。

045_20140324063118908.jpg
学校前の風景。
学校周辺は農家が点在している。

047_20140324063122b5b.jpg
五稜小学校の近くにある五稜神社。
そこには「拓魂」と刻まれた大きな石碑がある。

048_20140324063124984.jpg
五稜の沿革が刻まれていた。

050_20140324063149faf.jpg
記念碑の背後には、五稜神社の拝殿が見えた。

049_201403240631470f7.jpg
神社周辺の風景。
五稜は、集落としての機能を維持している。

053_2014032406315090e.jpg
美園の高台に登り、五稜小学校周辺を眺める。
山と山との間にある、僅かな平地に家がひしめき合っている。

056_20140324063151d32.jpg
美園の高台の風景。
戦後開拓で拓けていった五稜と対照的に、美園は過疎の波により高度過疎集落となってしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヒロさんとご一緒の探訪地に感動

またお邪魔します。この美瑛の処が「道北の釣りと旅」のヒロさんとご一緒に探訪されたところなんですね。

Re: ヒロさんとご一緒の探訪地に感動

harpbabaさま

コメント有難うございました。
「道北の釣りと旅」のヒロさまとご一緒したところは美瑛町五稜、美瑛町上俵真布(上俵開拓)です。その他、旭川近辺をぐるりと廻りました。あの旅も懐かしい思い出です。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。