スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨竜町国領(再訪)

雨竜町国領(平成26年6月8日再訪)

雨竜町国領は既に平成25年10月20日探訪し、レポートした。
日本の過疎地 雨竜町国領
今回、「学舎の風景」合同調査の一環として再訪したことをレポートする。

391_201406251551202b7.jpg
国領小中学校跡地の記念碑。
この先に雨竜沼湿原や暑寒別岳連峰が聳えている。
空知管内でも「陸の孤島」と呼ばれていた場所である。

そんな「陸の孤島」と呼ばれるような地域ですらも、昭和40年代の「列島改造論」による「土地投機」(原野商法)が行われ、国領地区も土地投機の場所となってしまった。
ただ、投機の舞台となった場所は雨竜市街地側(尾白利加ダム側)であるので、国領地区全域ではない。

校舎の跡地はこの記念碑より手前にある。

394_201406251551248e1.jpg
記念碑より手前の地点。
この林内に校舎があった。

林内は平地が広がっているが一部、笹薮と化している。

400.jpg
その笹薮のなかにコンクリートの基礎らしき「モノ」があった。

396_2014062515512606d.jpg
傍にはビール瓶と建物の基礎の一部が見つかった。
突き出した、煙突らしきモノについての用途は分からなかった。

404.jpg
周辺には何か「建っていた」基礎や平地が確認できる。

405.jpg
併せて、便槽も見つかった。
校舎の基礎の一部と思われる。

407.jpg
校舎跡地近くで見つけた給食の食器。
国領に人々が暮らしていた名残である。

408.jpg
学校より奥の風景。
この先に雨竜沼湿原ゲートパークがあり、管理棟、キャンプ場、南暑寒荘(山小屋)がある。

492.jpg
「雨竜町百年史」(平成2年11月30日発行)に掲載されている国領地区の集団移転写真。
正面のマツの木の背後にある、平屋の建物が国領小中学校校舎である。

409.jpg
集団移転写真とほぼ、同じ場所より。
学校も、人家もすべて自然に帰ってしまっていた。

最後に、校門も平成初期頃までは存在していたが、いつの間にか無くなってしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ファンです。
また再開していただいてとても嬉しいです。

No title

匿名さま

コメントありがとうございます。此方も、コメントをいただき励みになります。
何箇所かの新規訪問や再訪もありますので、今後また少しずつ公開していきたいと思っています。

貴重なご報告です

すばらしい、貴重なご報告です。ありがとうございました。

Re: 貴重なご報告です

林さま

有難うございます。国領は空知管内でも一番のへき地でした。
それでも、集落移転まで人々が暮らしていました。
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。