スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日高町三島

日高町三島(平成23年10月22日・平成29年5月29日探訪)

日高町三島は、大正7年福島団体(渡辺泰治ら15戸)が入植したのが始まりである。
しかし団体は集散を繰り返した後、戦後に解散してしまう。残留者は専業農家として留まった。

三島の本格的な集落形成は大東亜戦争時のクローム鉱山開発に伴い、三井鉱業千栄鉱業所として操業したことからであった。
従業員の子供たちのため昭和22年9月 千栄小学校三島分校として発足する。
「三島」の名前の由来は「三井鉱山」の『三』と、「福島団体」の『島』から取って名づけられた。

クロームの採掘は昭和22年11月に閉山する。
この時、校舎は集落の中央ではなかったため、村議会の議決を経て昭和23年7月 字千栄263番地に校舎を移転した。校舎は鉱山時代の社宅を改装したものであった。
昭和24年4月 三島小学校と改称。当時の児童は男15人 女12人の27名であった。
昭和29年12月 校舎を新築し、翌30年3月31日 附属集会所が完成する。
昭和34年頃の児童数 36名がピークだった。以降、過疎化により減少する。
昭和41年まで児童数二桁を保っていたが、42年から一桁となってしまう。
この頃より学校統合や、統合後の集落の要望などの問題が話し合われた。
昭和48年11月、PTAが中心となり閉校式を見越してサクラ、カエデ、ナナカマドを植樹し「三島小学校跡」を建てた。「三島小学校跡」に閉校式の録音テープ、学校の歴史などを入れたタイムカプセルが埋められた。

昭和49年3月10日、閉校式が行われ閉校となった。


017.jpg
学校跡手前に残るサイロ跡。
車幅も狭くなり、この先にあるのだろうか?と心細くなる。

018.jpg
学校跡が見えてきた。

019.jpg
三島小学校。へき地3級の学校だった。
元々はクローム鉱山だったが、鉱山閉山後は農山村の学校であった。

021.jpg
集落(学校)の歴史を紹介している。

022.jpg
校舎跡はすっかり自然に還っていた。

023.jpg
学校跡地より手前の風景。
山あいの平地に人家がポツンポツンと点在していた。

時は流れ、平成29年5月にHEYANEKO氏らと一緒に再訪した。

KIMG1746.jpg
学校跡地は変わっていない。
石碑のある辺りに、校舎があった。

KIMG1753.jpg
笹薮と化した校地を探すと、国旗掲揚塔の基礎が残っていた。

KIMG1752.jpg
折角なので、学校より奥も訪ねてみる。

KIMG1754.jpg
学校の先には牧場があり、のどかな風景が広がっていた。

追記

閉校時の新聞記事を掲載する。
さよなら三島小 27年の歴史閉じる 校庭に「タイムカプセル」3人の児童別れの人形劇披露
「【日高】過疎のため新年度から隣の千栄小に統合される三島小(井上文雄校長、児童3人)で10日、閉校式が行われた。長い間同校に親しんできた地元の人々や学校関係者約80人が集まり、式典で同校27年間の歴史をしのんだ後、3人の児童たちが演じる人形劇を鑑賞、全員で校庭の一角にタイムカプセルを埋めて同校に別れを惜しんだ。
 昭和22年に開校した三島小は、4月から約5キロ離れた千栄小に統合される。本年度3人になってしまった児童たちは、23日の終業式で三島小の生活にピリオドを打ち、再出発を期して10日、閉校式の運びとなったもの。
 式典の出席者は渡辺町長、谷口町教育長、阿部町教育委員長、福島日高教育局次長、それに同校の卒業生や歴代職員、地元関係者ら。井上校長は同校の沿革を説明し、同校の歴史を支えた数々の功労者を紹介した後「千栄小に行ってもしっかり勉強して下さい」と、児童たちを励ました。
 この後「小規模校でもこんなに文化活動が」-と、3人の児童たちが8体の人形を使って人形劇「金貨ざくざく物語」を見せ、出席者の拍手を浴びた。
 閉校式のハイライトは、同校の思い出を末永く地中に保存するタイムカプセルの埋設。井上校長と地元の人々が知恵を絞って昨年秋から準備を進めてきた計画で、校庭の一角に同校ゆかりの記念写真、録音テープ、文集などをいっぱい詰めたポリエチレン容器を埋め、後世に残すことにした。
 いずれ校舎は取り壊される運命の中で、カプセルを埋める一角だけは記念植樹などですでにしっかり整備済み。小高く盛り土したこの一角の周りに出席者全員が集まり、しっかり密閉したポリエチレン容器が地中に埋まるのを感慨深げに見守っていた。」(北海道新聞日高版1974年3月12日)

参考文献

北海道新聞1974「さよなら三島小 27年の歴史閉じる 校庭に「タイムカプセル」3人の児童別れの人形劇披露」『北海道新聞日高版』昭和49年3月12日
日高町史編纂委員会1977『日高町史』日高町役場
スポンサーサイト

大樹町光地園

大樹町光地園(平成28年5月30日探訪)

大樹町光地園は戦後開拓集落である。

戦前から戦中にかけては短角牛の放牧や馬の自由放牧地として利用されていただけであった。
 昭和22年8月に14名が大樹村を訪れ、開拓地に登る麓のヌビナイ川支流のほとりに合掌小屋を建て、開拓の準備に着手した。
 昭和23年ブルドーザー、トラクターを駆使して開拓が始まった。
 昭和24年には12戸72名に加え、5名が入植した。同年、集落名が「光地園」と命名された。由来は樺太抑留時代、同志によって考えられていたもので『光が地に一面に輝く園という楽園を建設する希望』であった。
 昭和25年光地園小学校が開校(4月1日)、中学校は小田の分校として開校した。
 昭和27年に中学校も独立。この年から翌年にかけて電灯施設の整備、昭和34年には開拓診療所、会館も建設された。また、和牛の導入も行われ既存の集落に勝るとも劣らないまでに整備されていった。
 ところが、昭和39年に大冷害が北海道を襲い、光地園も大打撃を受けた。農産物の収入は上がらず物価の上昇で生活費は嵩み、負債の累積も重なった上の冷害である。
 この時、金沢大学の学生によって光地園小中学生15名を冬季間、集団里子に預かることになった。
 昭和40年の営農計画は2~3戸に過ぎず、大半は出稼ぎと和牛の飼育という不安定な生活であった。住民は集団里子の関係で金沢市や出稼ぎ先等に転出していった。
昭和43年3月、光地園小中学校は閉校した。閉校時の報道記事を転載する。

18年間、開拓地に文化の灯 光地園小中で廃校式
「【大樹】開拓地に文化の灯をともし続けて18年―光地園小中学校が26日、静かにその歴史を閉じた。重なる冷害、凶作と離農者の続出で、児童、生徒わずか8人。〝光りはこの大地から〟―その開拓の夢は音もなくくずれて廃校となった。汗と涙のにじんだこの大地は、やがて国営の大規模草地改良事業から始まり、町の酪農振興の基地としてよみがえる日も遠くはない。光地園の春はおそく、大樹町市街地の西方21キロ、まだ雪深く、樹氷咲く山奥に、開拓の受難の歴史を刻むように建つ、古ぼけた小さな校舎で、この日、最後の卒業式と廃校式が行われた。
 山口校長以下教員4人。小学生3人、中学生5人。『日高の山の輝きに、われらの力はずませて…』―そろって校歌を歌った後、小林昇と上野則子さんの2人に、山口校長か中学校卒業証書を授与、『社会の役に立つ人間になってください』とあいさつ。9年間の義務教育を終えて同校を巣立った生徒の数はこれで62人。この2人が最後となった。
 『わたしたちのために尽くしてくださった、おにいさん、おねえさん』『わいてくる思い出の泉。運動会、修学旅行…』『元気にがんばってください』『きっとがんばります』―在校生と卒業生の〝呼びかけ〟の声は感動に震え、ささやかながら厳粛な式を閉じた。
 引き続き廃校式に移ったが、かつての教員や同窓生も駆けつけて出席者30数人。沢崎教育長、高橋町長、高島町議会議長らが『離れ離れになっても、開拓魂でがんばってください。先生たちも十勝の子供たちのために活躍してください』とあいさつ。吉田PTA会長が、慣れぬ手にクワを持って不毛の大地にいどんだ思い出を語ると、会場のあちこちからすすり泣き。
 樺太からの引き揚げ者14戸が初めてクワをおろし、『光地園』と名づけて理想郷建設を目ざしたのは昭和22年春。その子供たちの教育の場として25年、光地園小学校が誕生、27年9月に中学校が併設された。開拓者もふえ、33年には52戸、児童生徒も60人余りを数えたが、その後相次ぐ冷害凶作に耐えかねて離農者が続出。いまではわずか3戸を残すだけという寂しさ。
 しかし、この3戸は光地園に根強い愛着を持ち、これからも歯を食いしばって、この地で生活を続ける決意が固い。このため中学2年の小林洋子さんと吉田美穂子さんの2人は4月から大樹の市街に下宿して通い、あとの4人の小、中生は教員の子供で転校となる。小林さんはみんなの前で『この校舎が風雨にさらされて消えてゆくことを考えると寂しい。しかし学んだことは消えません。新しい学校へ行ったら、一生懸命努力します』と、別れの言葉を述べた。教室のすみずみまでしみ込んだ思い出をかみしめるように―。
 43年度からこの光地園の離農跡地600ヘクタールを利用して、国営の大規模草地改良事業が実施され、51年度に完成の予定だが、町では乳牛1万頭飼育の基地とする計画であり、開拓の夢破れたこの土地もやがて新しい大地として、たくましく生まれ変わることになる。」(北海道新聞十勝版1968年3月28日)


CIMG8429.jpg
大樹町尾田からつづら折のカーブを登っていくと光地園集落に入る。
道中、古い家屋が目に入る。

CIMG8430.jpg
家屋の先の風景。ひたすらまっすぐ進む。

CIMG8424.jpg
学校手前に建立されているのは『家畜感謝之碑』。

CIMG8425.jpg
その横には祠がある。
『大樹町史』には昭和34年に馬頭観世音碑が建てられ、と記されているが馬頭観世音かは分からなかった。

CIMG8426.jpg
光地園小中学校はこの先にあった。現在は町営光地園牧場(昭和49年度完成)の敷地内になるので立ち入りせず、遠望にとどめた。

CIMG8428.jpg
学校手前の風景。学校は閉校になったが現在も町営牧場として利用されいる。

参考文献

北海道新聞1968「18年間、開拓地に文化の灯 光地園小中で廃校式」『北海道新聞十勝版』昭和43年3月28日
大樹町1969『大樹町史』大樹町

歌登町ポールンベツ

歌登町(枝幸町)ポールンベツ(ポールン別)(平成23年10月19日・平成29年8月15日探訪)

味わいのある集落名とは裏腹に開拓は大変であった。
明治44年に開拓が始まるが、鬱そうとした山深い集落であったので、入植しても他の集落へ移っていった。
そのため、一時は無人集落の危機を迎えたこともあった。
大正12年になってようやく特別教授場が設けられた。当初の名前は「上幌別尋常小学校付属保留運別特別教授場」である。
昭和14年 歩留運別尋常小学校と改称。
昭和22年 保倫別小学校と改称。
本当は「歩留運別」が正しいのだが、どうして改称したのかは分かりませんでした。

昭和31年 新校舎建築、屋内体育館も併せて建設。
昭和45年 過疎に伴い、児童数激減のため廃校。


校舎も既に無く、学校跡の記念碑のみ建立。

123.jpg
学校周辺の風景。
今は数件の酪農家が点在する集落である。

時は流れ、平成29年8月再訪した。
KIMG1966.jpg
「ポールンベツ」と書かれた青看板。
この先に学校と神社があった。

KIMG1970.jpg
ポールンベツ神社跡。

地形図では神社マークが書かれているが、確証を得るために近くで農作業していた方に「すいません。ここ、ポールンベツに神社はありましたでしょうか?」と聞いてみた。
その結果、「俺は詳しく知らんけれど、その小高い丘のてっぺんに神社があったというのは聞いたことがある。その斜面に階段があったらしいけれど…」

神社は既に笹薮に埋もれ、面影を見つけることはできなかった。

追記

閉校時の新聞記事を転載する。

過疎の波寂しい卒業式 47年の歴史に幕 保倫別小
【歌登・小平】過疎の波にのまれて一つの小学校が消えていった。歌登の市街地から13キロ離れた山あいの保倫別(ポウルンベツ)小学校(北川武男校長、小泉実教諭、児童数4人)で10日卒業式のあと閉校式、47年間続いた同校の歴史を閉じた。また鬼鹿高校の卒業式も同日行われたが、来春は廃校の運命。卒業生9人、在校生6人という過疎のわびしい卒業式風景だった。
『38年に着任した当時の在籍児童は46人だったが農家が13戸も減ったため42年には7人になってしまった』と北川保倫別小校長が語るように〝でんぷん凶作〟や酪農転換で、弱体農家は次々と離農、いまはわずか8戸。同校の通学家庭も3戸にすぎず、新学期からは2年生と6年生の2人だけになってしまう。新入学児童もなく、今後10年くらいは見通しも立たない-などの理由から町教委は昨年秋、閉校に踏み切り、2月23日の町議会で正式に決まった。
 午前9時半から開かれた第47回卒・終業式では、北川校長から小泉裕之君と滝久美子さんに卒業証書、宮坂幸子さん(5年)と中村幸枝さん(1年)に修了証書が渡され、4人の子供たちの歌う『仰げば尊し』の最後のメロディーが雪深い山あいにも悲しく流れていった。閉校式では野村教育委員長が『学校の歴史は閉じても教育の灯は消えない、学校はなくなっても卒業生の胸に明るく消えることのない灯となって燃えつづけるだろう』と式辞、吉田町議会議長らの激励のことばに対し、平松・保留運別(ホノルンベツ)部落会長を、児童を代表して小泉君がお礼のことばを述べ、60余人の参列者全員の『蛍の光』で式を閉じた。
 同校は大正12年4月26日に上幌別尋常小学校付属保留運特別教授場として創立され、保留運尋常小学校として昭和14年に独立、22年に現在の校名に変わった。明治44年3月に誕生した歩留運部落は大正の半ばには33戸まで伸びたが部落の衰微と学校が運命を共にしたわけ。4人の子供たちは4月から3.5キロ離れた本幌別小中学校に移り、193人の卒業生を送り出した校舎が無人のまま暗い春を迎える。(以下略・注1)」(北海道新聞留萌・宗谷版1970年3月12日)

注1 この後は鬼鹿高校(小平町)の記事になるため割愛した。

参考文献

歌登町史編さん委員会1980『歌登町史』歌登町
北海道新聞1970「過疎の波寂しい卒業式47年の歴史に幕」『北海道新聞留萌・宗谷版』昭和45年3月12日

三石町二川

三石町(現 新ひだか町)二川(平成23年10月22日・23日、平成29年5月28日探訪)

延出小学校の分校があった集落である。

延出小学校 二川分校は昭和13年に開校した。
二川地域は当時、開墾者や木炭業者40戸ほどの集落を形成していた。
それまでは延出小学校まで通学していたが、当地の事業家 坂東信之・中谷清光らが出資して昭和13年2月15日、字福畑280番地に 小林清二准訓導を主任として開校した。

開講当初の児童は33名(男子21名 女子12名)、単級教育で行われていた。
しかし、昭和18年の時点で児童数12名(男子4名 女子8名)に減少してしまう。
昭和22年4月1日 分校に昇格するも昭和30年代に入ると、児童数は一桁となり昭和38年、児童数2名(男子1名 女子1名)となり、同年7月31日をもって廃校となった。
二川のへき地等級は3級、現在集落の人口はゼロ。
集落付近には「二川大橋」「二川林道」の名前のみが残っている。

274.jpg
この先に二川集落があった。


276.jpg
旧版地形図には、この周辺にも人家があった。
今は植林されており痕跡は全くない。

279.jpg
児童はこの川を渡って、学校に通学していた。
対岸に校舎があったものと思われる。
渡る術がないので、一旦引き返す。

289.jpg
「二川大橋」
この傍に「二川林道」という林道もあった。

288.jpg
二川大橋を渡り、対岸の学校跡付近。
「付近」と書いたのは、学校跡だと断定することが出来なかった。
校門もあったようだが、自然に還っており痕跡を見つけることが出来なかった。

本校であった延出小学校も平成23年1月30日 閉校式が行われ115年の歴史に幕を下ろした。
閉校当時の児童19名、卒業生の総数は3093名である。

時は流れ平成29年5月、HEYANEKO氏らと一緒に訪ねた。
HEYANEKO氏が持ってきた「三石局郵便区全図 日高国三石郡」によれば「二川」の集落名、「文マーク」(二川分校)の名前が書かれているが、もうひとつ「三百町」という地名が書かれている。

分校跡を探すも、なかなか見つからず諦めかけたその時ラオウ氏が地元の古老に伺った。
その結果、分校の卒業生であることがわかりお願いして学校跡地を教えていただくことができた。

CIMG9279.jpg
二川大橋。
学校は、この橋を渡った先にあった。

CIMG9281.jpg
学校跡地。
古老の話では「『三百町』は土地の広さから来ている。三百町に入植した人はみな、炭焼きで暮らしていた。」
「かつては学校前のグラウンドで、総出で運動会が行われた。分校主任の先生は子供が10人もいた…。」

ここで二川地区の集落が伺える記事を紹介する。

老教師の愛に明るく 文化に取残された二川分校 俸給割いてラジオ 勉強に不自由と学用品

「【三石】戦後民主主義が叫ばれてから早くも10年という長い年月が流れ去ろうとしており、その間小学校では地域社会と結びついた社会科、視聴覚教育、辺地校教育の推進などが中央で大きく取り上げられてきたが、文化の恩恵から取り残されている山奥の分校はこれら新しい地帯の"真空地帯″となっているのが実情だ。しかしこれら分校では一人の教師を囲んで児童たちが毎日見たこともないところの話を聞きながら学び、都会では見られぬ師弟愛に包まれた教育が行われている。美しく彩られた秋の一日、一老教師とそれをとりまく"18の瞳″のいる日高で二番目に児童数の少ない三石郡三石町延出小学校二川分校を訪れてみた。
ここは三石町から三石川に沿ってさかのぼること4里、ことに平らな一本道をすぎ山際にさしかかってからの1里半は林道と山道の中間を縫うような悪路でしかも白い大理石の露頭がいまにも落ちそうになってみえるところもあり河原におりてまた登るという交通不便なところでそれにまた三方が山、前は三石川とその支流にさえぎられているという全く孤立した電気のない16戸の二川部落である。
同部落には早い人は昭和10年ころから三石木材(社長坂東信之氏)のきこりとして入り、16戸のうちには田畑を耕作する人もあり、現在3戸で田○反(注1)、畑2町が平らな土地に耕作されそのほかの人ほとんどが炭焼きに従事している。これらの人々は造材で忙しくなると狩り出されるので田畑を耕作しているとはいえ形ばかりだ。
分校はこの三石木材と三井物産の共同経営で部落の子供たちの教育のため昭和16年に設立(注2)、その後27年延出小学校の分校となった。当時は30名前後の児童がいたが戦後三井が同地から引き上げ、さらに造材、製炭の生産が少なくなるにつれて山を出ていったので最近では10名を数えることがまれで現在6年生の池田恵子さん(11)を最上級生に3年生2名、1年生4名の9名しかいない。来年は恵子さんが卒業して1年生が3名入学するので11名になるという。主任教諭の矢部知治氏(58)は20年満州から引揚げてきた人でその後三石中学で8年間教職につき昨年4月分校に赴任したが"一時はどうなることかと思いあぐんだが、それも来てみて落着くようになってからは教えがいがあることがわかり全力をあげていますよ″と目を輝かせながら語るのだった。
分校の授業は日が昇れば仕事に出かけ、日が沈むと帰るという部落の人々の原始的生活が反映して朝7時から始まる。それから15分間ラジオ体操をやる、といってもラジオに合せてではない。それから本格的な授業に入るのだが、児童が教室に入っても20坪の教室が広く感じるほどだ。授業が早く始まるので1年生などは10時ごろで帰り、お昼にはみんないなくなってしまう。だからお弁当を持ってくる子供はいない。最も持ってくるようにいっても副食物に困る家庭ばかりなので持ってくるのは無理な話だ。部落の人が買い物をするときは三石の市街地まで出て行くのだが、帰りに積んできてもらう三石木材のトラックは毎日出ない。時には1週間も10日も通わないこともある。そのため副食物や必要品は1ヶ月くらいのものを買わなければならない。そのため学校に弁当を持たせてやるだけの余裕がないのだ。児童の学力は、算数、国語では大きな小学校に負けないが実験を伴う理科は劣るという。事実算数は1年生で2ケタの加減教えているが理科では電池の実験が精いっぱい。また電気がないためラジオ教育も幻灯による視聴覚教育もできない。しかし矢部先生はせめてラジオだけでもと10月初旬にポータブルラジオを1台自費で購入。山へ運んだがアンテナがないため昼間は聴くことができなかったが、近くこのアンテナ線が運ばれてくるのでラジオが聴けるようになると子供たちは大喜びだ。
ここの子供たちは文明の産物をほとんど知らない。最近水揚げポンプが先生の住宅に取り付けられたが、これを見た子供は9人のうち5人、ラジオを聴いたことのないのが5人、電灯を見たのが3人と全く文化からとり残された環境の中にいる。またバナナを食べたことのある子供は1人もいなかったが、これは矢部先生が札幌から取り寄せ食べさせてやり、さらに教科書に出ている蓮華の花を知らないというので昨年これを植え、今年になって花が3つ咲いたのでようやく知ることができたというエピソードもある。ヘリコプターは去る7月の水害のとき水死者を発見したさい河原に降りたので見ることができた。
こうして分校で毎日先生がいろいろ新しい知識を身につけた児童も卒業すると山道を2里下って延出中学へ通わねばならない。ところが分校の前の川には危ない丸木橋が1本あるだけである。少しの雨でも降り増水が激しくなると途中川原にある道はすぐ水の下になってしまう。本年卒業した2人のうち1人は今のところ自転車で通っているが、もう1人は通称三百町の沢という分校からさらに1キロおくもあってしかも自転車がないので自転車の借りれる時しか通学できず1月に2、3日の出席率だという。
分校に通学してきている児童の家庭のほとんどが炭焼きで生計を立てているため貧しく児童たちはお菓子もろくに食べられず、ノートなども満足に持っていない。こうした児童のため矢部先生は山を下りるたびに自費でキャラメル、チョコレートなどのお菓子からノート類まで買ってきて与えている。児童たちにとって先生が山から帰ってくるのが大きな楽しみとなっている。貧しいとはいえ児童の中でカサを持っているのが1軒、あとの児童は近いところはぬれて通学、遠くの沢になると子供は休んでしまうという状態だ。
訪れた日の午後から折り悪く雨が降ってきた。これが山あければ楽しい学校の1本のカサでどれだけの子供たちがぬれないでしかも休まないで学校へくることだろうか、このようなところはまだまだ北海道のいたるところにある。決して日高の1分校の話ではない。」(北海道新聞胆振日高版昭和30年10月27日)

次に、閉校時の記事を掲載する。

近く売払い処分に 二川分校25年の歴史閉ず

「【三石】去る7月31日付で廃校となった三石町立延出小学校二川分校の校舎が来月3日に売払い処分されることになった。同分校は三石市街から13.5キロの山奥にある。13年に延出小学校の分校として開校、多い時には20人前後の児童が在席していた。
しかし二川部落は開拓地だけに貧困世帯が多く、年々同地を去るものが多くなり昨年は矢部知治教諭のほか6年の1年の児童たった2人となってしまった。町としてもわずか2人の児童だけで年間多額の経費を要することや、子供の将来のためにと、7月31日をもって廃校とした。
このため2人の児童は部落から4キロ離れた延出本校に通学している。
校舎の売払い入札は、12月3日午前10時から町役場会議室で行われるが、約25年間の長い年月に亘ってへき地学校として親しみのあった校舎が、二川部落から姿を消すことになったもの。」(日高報知新聞昭和38年11月27日)

注1 ○は印刷不鮮明のため不明である。
注2 『三石町史』によれば昭和13年開校である。

参考文献

郵政省1952「三石局郵便区全図 日高国三石郡」郵政省
北海道新聞1955「老教師の愛に明るく 文化に取残された二川分校 俸給割いてラジオ 勉強に不自由と学用品」北海道新聞胆振日高版昭和30年10月27日
日高報知新聞1963「近く売払い処分に 二川分校25年の歴史閉ず」日高報知新聞昭和38年11月27日
三石町史編纂委員会1971『三石町史』三石町

平取町仁世宇

平取町仁世宇(平成23年10月22日・平成29年5月29日探訪)

平取町仁世宇は鉱山で栄えた集落であった。

大正初期 後藤彦三郎の手によって日本製錬株式会社 日東鉱山(クロームの採掘)が開坑した。

大正6年に試掘が始まり、大正8年に大鉱脈が発見され飛躍的に事業が拡大していった。

学校はその前年度である大正5年5月18日 池売尋常小学校付属仁世鵜特別教授場として開校した。「池売尋常小学校」は元々「振内小学校」の前身であった。

昭和4年8月12日 池売尋常小学校の付属から、岩知志尋常小学校付属に変更になる。
大東亜戦争開戦前後(昭和16年)になると、軍需品として脚光を浴びてきたことから仁世宇地区もたくさんの人が暮らしていた。

「語りつぐ平取」(2002年3月31日刊)によると1棟4戸の長屋が120戸くらいあり、鉱山関係の建物のほかに木工場や映画館も建てられ、電灯がいち早く普及していた。
当時、平取村はまだ3分の1くらいしか電灯が普及していなかった頃であるので、それだけの人びとが暮らしていたことが伺える。

昭和18年 岩知志国民学校の付属から独立し、昭和22年 仁世鵜小学校になった。

クローム鉱石生産量のピークは昭和26年度の3,464トンであった。この年以降、朝鮮戦争の終結や輸入鉱石の増加もあって生産量は半減していった。

昭和30年代に入ると鉱床が貧床のため、一層生産量は減少し昭和34年2月14日 鉱員53名の人員整理を行なったが経営状態は芳しくなく、昭和35年に閉山した。

学校も例外なく、生徒数の減少により鉱山の閉山前年度(昭和34年)時点で小学校2学級23名 中学校1学級8名となり、町内で一番小さい小中併置校であった。

鉱山が閉山になると既存の農家しかなく、農家の離農による過疎化により昭和47年3月 振内小学校に統合され廃校になった。

仁世宇は現在、数世帯が暮らす過疎集落地域である。

027_20130401082244.jpg
仁世宇地区に今も残る建物。右側は集会所であるが、左の建物は個人商店と思われる。

028_20130401082247.jpg
仁世宇川を渡り、いよいよ学校跡地へ行く。

029_20130401082250.jpg
仁世宇林道。
この林道を約8キロ進むと、仁世鵜小中学校跡地がある。

030_20130401082317.jpg
仁世宇林道起点の標識。

031_20130401082252.jpg
仁世宇林道を進みはじめて6キロほど進むと、右手の小高いところに廃屋があった。
ここで暮らしていた人の家だろう。
旧版地形図を見ると川沿いに所々人家があったが、その痕跡も殆ど見受けられなかった。

ただ、この廃屋から手前2キロ地点には今も酪農家の家がある。ここに開拓に入った方の子孫が暮らしているだろうと推察される。

032_20130401082253.jpg
廃屋より奥の風景。

探訪当時「学舎の風景」 piro氏と訪れたが残り1キロ地点で、ある出来事があった。

piro氏「あと1キロ進むと、学校跡地です」
ナルセ「もうすぐですね。楽しみですね」

こんな話しを交わし、右カーブを曲がった瞬間…。

piro氏「ナルセさん、道路に黒い物体が…」
ナルセ「あれ、子グマではないですか?」

すると林の中から親グマがのそのそっと現れた。

咄嗟にバックでターンし、その場は離れた。

この探訪直前、道内ではクマによる被害報道が相次ぎ、なかにはクルマにも襲い掛かったクマもいたくらいである。

一気に戻り、比較的大きな振内集落に出たときは安堵した。
探索をはじめて10年、自衛隊での演習を何度も経験しているとはいえ、クマとの遭遇は今回が初めてであった。

仁世鵜小中学校跡地、リベンジはいつになるだろうか。
尚、行ってきた方の話しによると、コンクリートの外壁が残されているとのことである。


時は流れ、平成29年5月 HEYANEKO氏らの合同調査で再訪した。

KIMG1743.jpg
右手の小高いところにあった家屋(廃屋)は倒壊していた。

この先で母子熊に遭遇したが、今回はいなかったので安心して進む。

KIMG1727.jpg
A.D氏の「ありましたよ」という声を聞き、足を運ぶと校舎が姿を見せた。

KIMG1736.jpg
コンクリートの外壁や煙突が残り、往時を偲ばせてくれる。

KIMG1729.jpg
傍には教員住宅もある。

KIMG1730.jpg
便槽。
ここまで完璧な姿で残っている便槽は初めて見る。

KIMG1732.jpg
近くには浴槽も残っていた。

KIMG1735.jpg
持ってきた手鎌で笹を刈り、正面玄関から校舎を写す。

KIMG1741.jpg
学校手前の耕作放棄地(田圃跡)を望む。
過疎化が進み校舎は閉校したが、外壁が残り往時を偲ぶことができた。

閉校当時の新聞記事を転載する。

姿消す仁世鵜小中学校 本年度限りで廃校 過疎に勝てず55年間の歴史に幕
「【平取】仁世鵜小中学校(吉田達男校長)は、過疎化の波に勝てず本年度限りで廃校、22日には卒業式と閉校式を同時に行ない、55年間の歴史を閉じる。
同校は大正6年5月15日、池売尋常小学校付属仁世鵜特別教授場として開設、昭和17年2月、仁世鵜国民学校として独立、24年6月、振内中仁世鵜分校が併設され、29年11月、仁世鵜小中学校となった。山のなかのへき地3級校で現在児童数11人、生徒数3人の小、中とも単級複式校。教職員は校長以下4人で、児童、生徒3・5人に先生1人というぜいたくな学校。小学校は154人、中学校は64人の卒業生を送り出している。
 農村地帯で、戦時中から戦後にかけ一時は20数戸あったが、30年頃から離農が相次ぎ、今はわずか4戸、うち3戸が松沢姓の兄弟で、児童、生徒のうち10人が松沢姓のいとこ同士という。
 同校廃止の計画は、町内の中学校を平取、振内、貫気別の3校に集約するということで、まず44年に中学校を振内へ統合する話が出た。ところが中学生を振内へ行かせるのであれば、小学校も振内小へ統合して児童、生徒を一緒に輸送してはどうかという意見が教育委員会から持ち上がった。
 その後、同教委と父母との会合を重ねてやっとことし1月下旬の教育委員会で廃校を決め、10日から開かれている定例町議会に同校廃校のための学校設置条例の改正が提案されている。
 新学期の同地域の小、中学生は、先生の子供を除くと児童9人、生徒4人の13人。大規模校への吸収による廃校は時代の流れとはいうものの、心のよりどころだった学校を失う地域の人たちの心は複雑。それでも子供たちは『仁世鵜の学校がなくなるのは寂しい』と述べながらも『振内小へ行ったら、新しい友だちをつくって、一生懸命勉強しよう』とひそやかに期待感を抱いている。
 振内への通学は、町がハイヤー会社と年間契約して自動車輸送するが、具体的方法は町議会が終わってから話し合って決められる。」(北海道新聞日高版 昭和47年3月12日)

参考文献

北海道新聞1972「姿消す仁世鵜小中学校 本年度限りで廃校 過疎に勝てず55年間の歴史に幕」北海道新聞日高版 昭和47年3月12日
平取町2002『語りつぐ平取』平取町
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。