FC2ブログ

京極町錦

京極町錦(平成30年2月10日・6月24日探訪)

京極町錦は農村集落であり、高度過疎集落である。

開拓は明治40年に富山県出身庄川農場が開拓したのが始まりである。富山県庄川の改修工事により川流域の耕地を失った者のために375町歩の未開地貸付の許可を受け小作人75戸を募集し、明治40年5月より入植を開始したが事情により同年9月小作地を開放して各個人に貸付許可されるに至った。
また、明治45年福島県会津団体(秋山辰四郎総代人35戸)も錦地区の開拓に従事していった。

学校は倶知安第六尋常小学校(現京極町公民館)に通学していたが、通学は山越え、沢越えの遠路であり冬季は通学困難であったことから地域住民は倶知安村役場(注1)に陳情を重ねた。その結果、明治39年10月に倶知安第六尋常小学校カシプニ特別教授所として開校した。
字名の由来はアイヌ語「カシプニ」の和訳である「ニシキ科マユミの木」であり、昭和16年の字名改正により錦となった。それ以前は「9区」「12区」「13区」と呼ばれ、ササゲ・除虫菊・バレイショを栽培していた。

学校の沿革は以下の通りである。

小学校
明治39年 倶知安第六尋常小学校付属カシプニ特別教授所として開校(10月)
明治43年 東倶知安第一尋常小学校付属カシプニ特別教授所と改称(4月)
大正 2年 東倶知安第三尋常小学校と独立(10月)
昭和11年 高等科分教室併置(9月)
昭和13年 東倶知安第三尋常高等小学校と改称、校舎移転(12月)
昭和16年 東倶知安第三国民学校と改称(4月)
        字名改称により錦国民学校と改称(4月)
昭和22年 錦小学校と改称(4月)
昭和56年 閉校(3月)

中学校
昭和22年 錦中学校開校(4月)
昭和45年 閉校(3月)

(注1)当時、京極町は倶知安村に属し東倶知安と称していた。

閉校時の記事を掲載する

75年の歴史に〝幕〟=京極の錦小で閉校式= 最後の児童小上兄弟が別れの言葉
「【京極】戦前まで地域の中心校であった錦小学校の閉校式が29日、中山後志教育局長をはじめ阿部町長、地元有志、札幌、室蘭など道内各地の同窓生など合わせて170人が参加して行われた。
 式では阿部町長が「児童のよりよい教育を進めるため閉校する」と告辞を述べ、歴代校長、現旧教職員、歴代PTA会長に感謝状が渡された。
 続いて最後の児童となった小上淳一君(6年)幸樹君(3年)の兄弟が壇上に上がり、「錦小学校よ、さようなら」と別れのことばを述べた。
 江川校長は「毎年毎年春はやってくるし、草木が芽をふき小鳥がさえずるけれども、昭和56年の錦の春は学校のない春で、75年前に戻った春になる。先生がたも、小上兄弟も一生忘れることの出来ない春だ。新しい春に向かって錦魂を燃やそう」と名残りを惜しみ、最後は全員で「ふるさと」を斉唱した。
 同校は明治39年(1906年)10月11日、当時倶知安村の第六尋常小学校(現京極小学校)付属カシュプニ特別教授所として創立、大正3年(1914年)には東倶知安村第三尋常小学校として独立、東カシュプニなど2つの分教場を持つ中心校となり、大正から昭和19年までは150人もの児童、それに高等科生徒を合わせると200人以上の学童でにぎわっていた。
 これまで小学校、高等科、中学生、それに大正時代の補習科生など合わせると延べ2000人の卒業生を送ってきたが、昨年春は児童4人となり、さらに8月からは2人が転出、小上兄弟の2人に減ってしまったことから、京極小に統合されることになった。」(『北海道新聞後志版』昭和56年3月31日)

KIMG2689.jpg
平成30年2月、HEYANEKO氏らと京極町脇方探訪後に訪ねた。

KIMG2690.jpg
公共の建物である「寿の家」は使われておらず、うず高く雪が積もっている。

KIMG2692.jpg
昭和15年2月開局・昭和51年6月閉局の錦郵便局。
閉局後、一般の方が局舎を使っている。

15443882040.jpeg
この上に校舎があった。スノーシューを履いて進む。
(画像提供 HEYANEKOさま)

KIMG2698.jpg
校舎は既に解体されており、だだっ広い風景が広がっていた。

KIMG2699.jpg
何かの小屋を見つけたが、この時は分からなかった。

KIMG2700.jpg
点在する家屋。
HEYANEKO氏が何かを見つけ、声が聞こえた。

KIMG2701.jpg
見ると、馬頭観世音の碑である。

KIMG2705.jpg
学校より手前の風景。
正面に見える建物は集乳所の跡である。

P1130378.jpg
少し月日が流れ、6月に再訪を果たした。
集乳所の建物は存在感がある。

P1130379.jpg
雪に埋もれていた馬頭観世音の碑は大きかった。
別な言い方をすれば、馬頭観世音の碑が埋まるくらい雪深い集落である。

P1130380.jpg
寿の家は健在である。
建物左に何か見えた。

P1130381.jpg
地神さまとお地蔵さまである。
お地蔵さまの建立年は分からなかったが、地神さまは大正11年9月建立された。

最後に、地神さまに彫られた名前をここに「再復刻」する。
尚、単独で調べたので誤字の可能性もあること、判読不能の箇所があったことを予めご了承願います。

P1130384.jpg
佐々木亀二郎
松木米次
小林豊吉
関口勝美
小西徳次郎
髙嶋仁四郎
佐藤彦次
○湊卯之吉
三条○蔵
今村長蔵
藤原○平
老田○○
P1130385.jpg
相髙友吉
岡野慶太郎
小林直次郎
堀市太郎
宗守●蔵 ●は示す偏に「力」
高橋寅三郎
森田栄八
宮杢羊之助
米川清
老田甚平
萩原米次郎
奥野栄次郎
P1130386.jpg
山本栄太郎
前本慶次
芳賀貢
香川武平
上野与七
小上次市
小上要太
笹倉竹蔵
松下ソト
三好藤○
菊地倉蔵
○○晋蔵
P1130387.jpg
森下○吉
佐藤繁二郎
石丸長○
小上茂
大坪○○
大坪吉○
遠藤久○
藤○徳○
香川○○

参考文献
京極町史編纂委員会1977『京極町史』京極町
京極町1981『我が母校錦小学校閉校記念誌』京極町教育委員会・錦小学校閉校行事実行委員会
北海道新聞1981「75年の歴史に〝幕〟=京極の錦小で閉校式= 最後の児童小上兄弟が別れの言葉」『北海道新聞後志版』昭和56年3月31日
京極町教委委員会2018『旧東花小学校・旧錦小学校校区から見た地域』
「角川日本地名大辞典」編纂委員会1987『角川日本地名大辞典1-[1]北海道上巻』角川書店

七飯町精進川

七飯町精進川(平成30年9月23日・11月3日探訪)

七飯町精進川は硫黄鉱山集落であった。

草創期は雨鱒川鉱山と一緒であるため割愛する。
昭和12年に昭和製鉄株式会社が設立され褐鉄鉱の採掘に着手。昭和14年秋に硫黄鉱床も発見され、硫黄採掘を開始した。
昭和17年日本硫鉄株式会社と社名を変更し、製錬事業の開始とともに昭和18年8月に精進川鉱山の雨鱒川坑(雨鱒川鉱山)と改称したが、昭和19年企業整備により褐鉄鉱のみの採鉱となり、硫黄採掘は休止された。
終戦後、直ちに硫黄の採掘が再開されたが

①昭和28年に発生した鉱毒問題
②労使間の不調
③事業不振 が重なり昭和34年10月に閉山した。

学校の沿革は以下の通りである。

小学校
昭和22年 銚子口小学校精進川分校として開校
昭和27年 精進川小学校と改称(8月)
昭和36年 閉校(3月)

中学校
昭和28年 精進川中学校開校
昭和36年 閉校(3月)

休山後(昭和33年10月)の新聞記事を掲載する。

師走の空の下に⑥ 暗い年越す精進川鉱山 再建夢みて機械整備 孤立の山奥に89世帯
「ちまたにジングルベルが流れ千円札、一万円札のつかみどりなど大にぎわいをしているのに亀田郡七飯町〝日本硫鉄の精進川鉱業所〟には休山してしまった鉱山にしがみついたままきびしい冬をむかえている89世帯の従業員たちがいる。
▽…この鉱山は昭和17年に硫黄、硫化鉄を採るために作られた。資本金は一千万円、硫黄を四国の四国化成へ、硫化鉄を東圧など2、3の工場に出して日本流鉄のたった一つの生産源だった。不況の第一原因は化繊ソーダ関係産業の操業短縮、お得意の四国化成の需要もぐっと落ちた。いま一つは能率の悪い焼取式を新らしい無煙ボイラー式に切りかえたことだ。この方法が成功すればぐんとコスト安になるはずだったが純粋なものができず31年に新設した大きな設備はもう取りはずしてしまった。純度18パーセントから22パーセントの原石からとる硫黄は朝鮮動乱のブーム時はトン当たり7万円もしたのに今年の春あたりから1万6-7千円に暴落、硫化鉄だけなら立派に採算が取れていたのに硫黄部門は1トン造るたびに千七、八百円の赤字がつもった。こんな状態で毎月1200-1500トンの硫化鉄と450トンから490トンの硫黄を生産していたのでいよいよ資金繰りが詰まり9月末には増資して2000万円の会社は燃料、火薬などの代金も含めて215人の債権者に2億円の借金ができてしまった。
 9月末から10月にかけて村上鎮社長以下幹部総出動の融資折衝も効果なく遂に操業を休止、240人近くいた従業員は従業員組合幹部が鉱業所内に散らばっていたスクラップを売ったり積み立てておいた資金から一人当たり2100円ほどの旅費をもらって続々下山、給料4か月分不払いのままそれぞれの知人や親元をたどって散った。しかしこれはほとんど独身者で家族もちは身動きもとれず現在山元に51世帯、鹿部鉱業所に15世帯、池田園の本社近くに28世帯残っている。
▽…会社には一文の金もなく組合にも特別の貯えもないため組合幹部は独力で支庁や道に折衝国有林の払下げや食糧確保に毎日必死の努力を続けている。
 全日本金属鉱山労組から現金40万円、キリスト教奉仕団から小麦粉210袋、軍川の町民から白米45キロなどのカンパが寄せられ、支庁の努力で4カ月分の米が分割払いの形で持ちこまれたが、その他の食糧品、衣料などはまだ心細い。操業中は5キロの山を越えて池田園に抜ける索道が生活必需品を運び8-9キロある軍川への山道も会社のブルドーザーが除雪、何とかトラックも通れた。だが今年は2台あったトラックの1台は借金のカタに押えられ残る1台ももう少し雪が降れば駄目、何時大雪が降るかと心配しながら物資を運んでいるが全部組合資金賄いなのでガソリン代にも頭を悩ましている。
▽…春4月ころまでの陸の孤島になるこの鉱山で一番心配なのは急病人、残留者は12の班を作り自分の班内に病人が出れば責任をもって街までかつぎ下ろす約束ができている。もちろん国民健保も労災もきかない。たった一人いた診療所の医者にはずいぶん残ってくれとたのんだがついに去った。会社が報酬を4カ月分もこげつかせているので無理にはたのめなかったそうだ。残留者の唯一の頼みは毎週水曜日に支払われる失業保険料平均すると1世帯あたり月に1万1千円内外だ。山元の購買所を開いていた軍川の商人は1200万円の貸しを残して引上げた。あれや、これや見渡すかぎり債鬼ばかり、組合も引揚げ旅費立かえなどで大きな債務者だ。秋に野村鉱業が実情調査に来た。これは道に依頼されて現地を見ただけだが、残った人たちは資金のテコ入れがあるかと大きな期待をかけたがこれも無駄、今月17日の債権者会議で再建するという基本方針は決ったがどんな方法で?ということが判るのは来春のこと。まったく孤立した山奥の冬ごもりだ。
 105人の小中学生が山元の小中学校に通っているがいまは61人、親たちは何とか気持ちだけでも明るくと努力しているがやっぱり煙の出ない精錬所と見ては子供の表情も暗い。それでも残った人々は再建の日を夢みて設備はいつでも動かせるように管理に力を注いでいる。」『北海タイムス函館道南版』 昭和33年12月24日



P1130473.jpg
平成30年9月、道南の廃校廃村探訪でラオウ氏、A.D.1600氏と訪ねた。
精進川の道は頗る悪い。

P1130472.jpg
宗教法人が買い取り、鳥居を建てたがそれも朽ちていた。

P1130474.jpg
鳥居をくぐった先は道が何となく良い。
少し進んでみる。

P1130475.jpg
平坦な土地が広がっていたので住宅等建っていたのは間違いない。

P1130479.jpg
坑口なども現存していると聞くが、この時はそこまで探さなかった。

1ヶ月弱の時間が流れ、11月3日にラオウ氏と再訪した。
この時、精進川小中学校で教鞭を執っていた方とコンタクトを取り、学校跡地を教えていただくことができた。

P1130553.jpg
葉もすっかり落ちているので探訪は容易だった。

P1130558.jpg
精進川と橋。
この橋から程近いところに学校があった。

P1130561.jpg
橋から歩いて間もなく、学校を紹介した案内板が落ちていた。
「無い」と思われていたものがあったので驚きと興奮が交錯する。

P1130562.jpg
ピンクテープを頼りに手鎌を持って進む。

P1130564.jpg
笹薮であるが、かつての道である。
足元が見えないので一歩ずつ、慎重に進む。

P1130566.jpg
そして、ここが精進川小中学校の跡地である。
学校跡の決め手になったのは、背後の斜面と先生の証言である。

P1130572.jpg
学校へ続く道は笹薮に覆われており、歩くのも難儀である。

P1130573.jpg
最後、案内板が建てられていたところの笹を刈り、案内板を「復活」させた。



参考文献
北海タイムス1958「師走の空の下に⑥ 暗い年越す精進川鉱山 再建夢みて機械整備 孤立の山奥に89世帯」『北海タイムス函館道南版』昭和33年12月24日
七飯町1976『七飯町史』七飯町

鹿部町雨鱒川

鹿部町雨鱒川(平成30年9月23日探訪)

雨鱒川は鉱山集落(硫黄鉱山)であった。

明治28年 七飯村の斉藤虎松らが雨鱒川上流の山中で焚火をして石灰が燃えたことから硫黄鉱山が発見された。
斉藤は大木長蔵らと共同で採掘許可を得、翌年に山本巳之助が加わったがこの時は鉱床を発見できなかった。
その後、川の東方山腹に鉱床を発見し開坑採掘に着手。
明治33年に規模を拡張し「山本鉱山」と呼んだ。明治41年渡島鉱業株式会社の経営に移り「鹿部鉱山」と改称した。
大正5年、函館の末富孝治郎に経営が移り、大正7年から富岡鉱業株式会社と変更した。
のち磯村利水へ、昭和13年から鹿部鉱業株式会社の経営に移行し昭和17年から日本硫鉄株式会社に買収され雨鱒川鉱山と改称した。
昭和34年12月に雨鱒川鉱山は閉山した。

学校は明治36年9月に山本巳之助が木造柾葺平屋37坪を新築して鹿部村に寄附し、11月10日雨鱒川簡易教育所が開校したのが始まりである。

学校の沿革は以下の通りである。

小学校
明治36年 雨鱒川簡易教育所として開校(9月)
昭和16年 雨鱒川国民学校と改称(4月)
昭和22年 雨鱒川小学校と改称(4月)
昭和36年 閉校(3月)

※雨鱒川簡易教育所から尋常小学校に改称した年は分からなかったが、大正7年度『北海道教育関係職員録』には雨鱒川尋校長名の記載があることから、大正7年には既に雨鱒川尋常小学校に改称している。

中学校
昭和31年 雨鱒川中学校開校(4月)
昭和36年 閉校(3月)

P1130480.jpg
平成30年9月、道南の廃校探訪でラオウ氏とA.D.1600氏と訪ねた。
舗装道路を歩く。

P1130481.jpg
歩き始めて暫く経つと舗装道路から砂利道に切り替わる。

P1130482.jpg
地形図で神社跡付近と思われるポイントに着いた。

P1130483.jpg
道から一段下がった場所は平坦な土地が広がっている。

P1130484.jpg
鉱山の名に由来する雨鱒川。

P1130485.jpg
古い排水溝を見つけた。
言い換えれば、この辺りに建物があった証拠である。

P1130488.jpg
続いて神社跡付近を入念に調べる。
オンコ(イチイ)の木が3本。この山中で野生化したオンコの木はまず見られない。
人為的に植樹されたものである。
オンコの木があるのは『神社』『学校』の割合が高い。

A.D.1600氏が言う。
「足元にレンガがあります。」

P1130489.jpg
レンガである。さらに「足元に穴があります。」と云う。

P1130490.jpg
草で見づらいがここだけ窪んでいる。

P1130491.jpg
その穴の傍に角型スコップがあった。
雨鱒川集落で間違いない。

P1130492.jpg
一番印象深いオンコの木。
社殿の基礎などは確認できなかった。

P1130493.jpg
神社跡付近より周辺の風景。
雨鱒川小・中学校は何処にあったのだろうか。

参考文献
北海道連合教育会1918『北海道教育関係職員録 大正7年12月調査』北海道連合教育会
北海道連合教育会1941『北海道教育関係職員録 昭和16年7月調査』北海道連合教育会
北海道庁1947『北海道教育関係職員録 昭和22年9月1日現在』北方民生協会
北海道教職員組合1956『北海道教育関係職員録 昭和31年度』北海教育評論社
鹿部町史編集室1994『鹿部町史』鹿部町

神恵内村オブカル石

神恵内村オブカル石(平成30年6月9日探訪)

神恵内村オブカル石は漁村集落であった。
特に明治末期から大正時代にかけてニシン漁で賑わいを見せていた。

『郷土かもえない』では断片的にしか書かれていないため『北海道新聞後志版』に掲載された閉校時の記事をもとにする。

今月いっぱいで廃校 神恵内村安内小 60年の歴史閉じる
「【神恵内】60余年前のニシン漁全盛時代に開設した神恵内村字安内、安内小学校(校長、豊本綱市氏)が3月31日廃校されることに決まった。
同校は明治35年珊内簡易教育所として開設、大正6年安内尋常小学校に独立した。明治末期から大正初期にかけてこの地方はニシンの宝庫として栄え、オブカル石、ノット地区などから50余人の児童が登校していた。ニシンが幻の魚になると同時に人口は減る一方で、数年前から在籍数は10人以下になった。
2年ほど前から廃校問題が話し合われてきたが、昨年漁業構造改善事業によってオブカル石地区の漁家全戸が川白地区に移転したので、現在登校している児童はノット地区からの2年生1人、6年生2人の合計3人だけになり、ノット地区からは安内小学校に通学するより川白小中学校に行った方が近いので廃校に決まったもの。
2月28日に開かれた村教委で廃校に踏み切ることにし、さらに17日の村議会で正式に廃校が決議された。3月31日廃校されるが、これにさきだち23日午後1時から同校で廃校式が行なわれる。」『北海道新聞後志版』昭和42年3月21日

サヨナラ安内小 『陸の孤島の母校』が最後に 児童2人、最後の卒業
「【神恵内】60余年間陸の孤島で母校としたわれてきた神恵内村の安内小学校が今月31日に廃校になるが、その廃校式が23日午後1時から部落民や関係者によってさびしく行われた。
同校では午前中に千葉美代子さんと千葉安伸君の卒業式を行なった。卒業生を送ったのは2年生の山内美信さん一人きり。この学校から319番目と320番目に卒業した2人だが、これを最後に母校の門は堅く閉ざされることになった。
廃校式には北井村長や部落の人たち30余人が出席した。高山教育長や北井村長、豊本校長らがあいさつのあと、生徒を代表して千葉美代子さんが『安内小学校さようなら、母校がなくなることはとてもさびしい。今に校舎はイタドリの中に閉じ込められてしまうだろう』と別れの作文を読んだ。
最後に児童3人のハーモニカと笛に合わせて『ホタルの光』をみんなで歌ったが、おかあさんたちの中にはハンカチでまぶたを押え、たまりかねて室外に走り出す人もあった。
安内小学校は神恵内港から漁船に乗って1時間余り、『西の河原』という霊場が眼下にひらける積丹半島の突端近くにある。児童たちは海岸の玉石づたいにふぶきの日も登校していた。明治17年には寺子屋ができ、27年にオブカル石簡易教育所になった。34年に珊内簡易教育所と改称、大正6年ようやく安内小学校として独立した。
明治から大正初期にかけてこの地方はニシンの豊産だった。当時はこの学校に50人以上の児童が登校していたが、ニシンが幻の魚になってから人口は減る一方、昨年は漁業構造改善事業として校下のオブカル石地区の漁家8戸が川白地区に集団移転、残ったのはノット地区の7戸だけになった。
6年2人がことし卒業、川白中学校に通学することになり、残ったのはこんど3年生になる1人と新しく入学する1人の2人より児童のいない学校になってしまうので今月17日の村議会で廃校することに決定、部落民たちも納得した。今後はノット地区から中学生と6人と小学児童2人が3,3キロメートル離れた川白小中学校に通学することになった。」『北海道新聞後志版』昭和42年3月25日

学校の沿革は以下の通りである。

明治17年 寺子屋として開校(旧7月)
明治27年 オブカル石簡易教育所と改称
明治43年 珊内教育所と改称(4月)
大正 6年 安内尋常小学校と改称(4月)
昭和16年 安内国民学校と改称(4月)
昭和22年 安内小学校と改称(4月)
昭和42年 閉校(3月)

P1130257.jpg
平成30年6月、HEYANEKO氏と後志管内廃校廃村探訪で訪れた。
使われなくなって久しい建物が目に飛び込む。

P1130260.jpg
その答えはバス停にあった。
『レストハウス西の河原』
地名によるものだと思うが、それにしてもこの名前では…と複雑な思いを抱きつつ、集落調査を続ける。

P1130261.jpg
レストハウスの傍に「オブカル石川」が流れている。

P1130259.jpg
地形図を見ると神社のマークが記されている。
神社へ行くと「十一面観音堂」という観音さまが祀られていた。

P1130263.jpg
眼前にはかつての袋澗が残っていた。

P1130262.jpg
学校跡はこの先である。

P1130265.jpg
学校跡地は現在「あんない展望公園」として整備されている。
そこには学校跡を示す記念碑が建立(平成8年建立)され、安内小学校の沿革が刻まれている。

P1130269.jpg
かつての校舎跡地に建立されている「安内小学校址」の親子像。

P1130271.jpg
碑文
嗚呼 西の河原よ 窓 岩よ
冬は苛烈なる日本海の怒涛と相対峙し夏は虎杖の競い立つ蝉しくれふり注ぐこの台地
まさしくここに六十有余年に亘り教育の灯をともし続けた親と子とそして教師の哀歌の歴史があった
昭和四十六年八月十四日 
安内小学校十六代校長 豊本綱市書

P1130268.jpg
その奥に昭和3年建立の御大典記念の石碑がある。

P1130267.jpg
学校跡地全景。
学校跡地は展望公園として活用されているので、学校の名前は永遠に残るだろう。

参考文献

北海道新聞1967「今月いっぱいで廃校 神恵内村安内小 60年の歴史閉じる」『北海道新聞後志版』昭和42年3月21日
北海道新聞1967「サヨナラ安内小 『陸の孤島の母校』が最後に 児童2人、最後の卒業」『北海道新聞後志版』昭和42年3月25日
神恵内村1972『郷土かもえない』神恵内村
高橋昌幸2002『戸長設置130年消防組織120年記念 愛郷かもえない』神恵内村

蘭越町川上

蘭越町川上(平成30年6月10日他探訪)

蘭越町川上は農村集落である。

明治40年 昆布より中昆布(現在の立川)を経て弁辺村界(現在の豊浦町)に至る里道開通。
明治45年 山梨県移民団(今泉幸雄団長)の入植により開拓が始まった。
学校は大正6年6月、今泉団長が私設の奥昆布学校が開設され、翌7年4月に中昆布尋常小学校付属奥昆布分校として認可された。
その後も入植者が増え、造材や養蚕で賑わいをみせていたが昭和6・7年の凶作により離農者が相次ぎ、昭和8年3月に学校は閉校した。

昭和21年 外地からの引揚者を中心とした戦後開拓者の入植が始まった。入植者の内訳は、昭和21年4戸・昭和22年13戸で昭和30年までに30戸(うち7戸離農)入植し、農業、林業、畜産業を営んでいた。
学校は昭和24年8月に落成式が行われ、9月1日開校した。
昭和33年頃から離農が現れ始め、昭和41年11月に閉校。間もなく川上集落も廃村となった。
昭和58年に公社営畜産地事業が始まり翌年59年に町営川上牧場が開設された。
川上牧場管理棟傍に、川上開拓記念碑が平成3年に建立された。

学校の沿革は以下の通りである。

小学校
大正6年 私設奥昆布学校の開設(6月)
大正7年 中昆布尋常小学校付属奥昆布分校として開校(4月)
昭和8年 閉校(3月)

昭和24年 川上小学校開校(9月)
昭和41年 閉校(11月)

中学校
昭和25年 蘭越中学校川上特別教授場として開校(9月)(注1)
昭和27年 川上中学校と改称(4月)
昭和41年 閉校(11月)

(注1) 『新蘭越町史』に「蘭越中学校川上特別教授場」と書かれているが、実際は「蘭越中学校川上分校」と思われる。

P1130319.jpg
蘭越町旭台を探訪後、川上集落へ足を運んだ。
「川上牧場」の看板が目印である。

P1130322.jpg
道は舗装されており走りやすい。
すんなりと学校跡地へ到着した。

P1130323.jpg
校舎跡の横にはブロック造りの教員住宅が残っており、笹を掻き分けて進んだ。

P1130328.jpg
笹藪の中に残るサイロ跡。
この時はここで「いいですねぇ」と云って終わった。
後日、学校より先に開拓記念碑が建立されていることが分り単独で再訪した。

6月24日午前4時、川上集落を再訪。
学校跡地は2週間前に見たばかりなので、学校跡より先へクルマを走らせる。

P1130364.jpg
川上牧場の施設。
その隣に、記念碑はあった。

P1130366.jpg
左より馬頭観世音の碑、記念碑の説明が刻まれた碑、川上開拓碑である。
馬頭観世音の碑は昭和29年9月に建立された。

P1130369.jpg
碑文
この碑は開拓団長長島外次郎発願部落民の創意に依り建立された
碑文は早川芳夫謹書施工は遠藤石材店 早川勘太郎
角田五郎氏等により現地資材のみにて完成させ長年風雪に
弱体損傷夛き為旧部落民の承認賛同を得記念碑建立と
共に川上校横より改修施工は高田石材店により移転○○○
平成三年九月吉日 願主 長島時男

P1130371.jpg
碑文
この里は明治三十年頃本州よりの移住者が厳しい自然と斗ひ乍ら開拓が始ったと伝えられている
長い歴史の流れの中で繁栄し衰退した終戦後昭和二十二年満州及び樺太からの引揚者の入植により
再び繁栄したが天候不順立地条件の悪さから苦労も報われず離農続出となる
開拓苦難の体験を基に努力しそれぞれに今日の繁栄を築きあげた旧住民の愛郷の心を結集し
蘭越町長宮谷内留雄氏の特に愛郷史蹟保存えの配慮支援を得碑を建立する
平成三年九月吉日 発起人 早川勘太郎 桜田一郎 中村政幸 長島時男 三瓶勝栄

P1130373.jpg
川上牧場からの日の出。
廃村で見た日の出はここが初めてであった。

P1130521.jpg
さらに数ヵ月後の9月24日、A.D.1600氏と再再訪を果たす。
ブロック造りの教員住宅へは行けなかった。

P1130523.jpg
正面のシラカバが生えている辺りが、恐らく神社跡と思われる場所である。

参考文献
蘭越町史編集委員会1999『新蘭越町史』蘭越町
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR