標茶町阿歴内共和

標茶町阿歴内共和 平成28年5月28日探訪

標茶町阿歴内共和は農村集落である。

阿歴内は明治40年 道庁が殖民区画を測定し告示した。
しかし、この時の入植者応募はなかった。

大正4年 11戸の集団移民が入植したことがきっかけで、阿歴内の集落が形成されていった。
大正6年 9月12日 塘路尋常小学校所属阿歴内特別教授場 開校(後の阿歴内小学校 平成28年3月閉校)
昭和5年 10月1日 阿歴内第二特別教授場 開校(後の阿歴内第二小学校 平成7年3月閉校)

ここから先は阿歴内共和の沿革である。

大正時代、本州より移住した入植者が3戸あったが、学校設置の必要性はなかった。
昭和8年度に本州より18戸の補助移民が現れた。
その頃は阿歴内小学校へ通学していたが道路状況が悪く、通学は困難を極めた。

昭和11年3月 部落総会を開き、学校設置の必要性を全会一致で確認。
当時、阿歴内第一地区に居住していた村議 高橋甚三郎を中心として村会に提議した結果、理事者や村会議員が賛成可決した。

学校の沿革は次のとおりである。

昭和11年3月     高橋甚三郎、阿歴内共和に学校設置を村会に提議、可決
昭和11年8月     学校建設の工事開始(校舎土地は藤原敬助の寄付による)
昭和11年12月10日 校舎落成開校式挙行
昭和14年 3月31日 阿歴内第三小学校として独立
昭和16年 4月 1日 阿歴内第三国民学校と変更
昭和22年4月 1日 阿歴内第三小学校と変更
昭和50年11月30日 閉校

この間、第3回全道へき地教育実践奨励賞(昭和41年8月)、管内教育振興実践奨励表彰(昭和46年3月)の受賞。
教育局、町教委研究指定校(昭和47~48年度)、全道へき地複式研究大会での研究発表(昭和48年9月)等が行われた。

閉校当時の新聞記事を以下に紹介する。

しんみりとお別れ会 月末閉校の阿歴内第三小
「【標茶】さようなら、思い出の第三小学校」と、在校生や部落の人たちのさまざまな感慨のうちに阿歴内第三小(佐藤要校長)の閉校式が16日、同校で行われた。今月いっぱいで閉校、12月から阿歴内小に統合となる。
 同校は昭和11年、阿歴内小の分教場としてスタート。今春までに135人の卒業生を送り出してきたが、今年は校長と佐野教諭、それに児童は小関厚子さん(6年)と寺田新一君(5年)の二人という小さな学校になってしまい、このほど廃校が決まったもの。
 同日は学校のある阿歴内第一部落の人たち、同窓生、かつて勤めていた先生、それに40年から毎年のように慰問に来ていた釧路の働く青年たちのグループ「ガリバンクラブ」の人たちなど125人が集まり、小さな学校ははち切れそう。
 閉校式は効果の斉唱で始まり、熊谷町教育長らがあいさつ、最後は在校生二人が「もうこの学校に通えなくなるのは寂しい」と〝呼びかけ〟を行い、一同が「ウサギ追いしかの山…」と「故郷」をしんみりと合唱して終わった。
 同校は12月からは阿歴内小に統合、児童たちはスクールバスで送られることになる。廃校になった学校の建物については、出席していた門屋町長も「思い出として残るよう考えたい」と約束したが、集会所などへの転用が考えられるほか、大阪からの従業員の子弟の林間学校にしたいという企業の打診もあったので、有効な利用策を研究してゆくという。」(北海道新聞釧路・根室版昭和50(1975)年11月18日)

CIMG8283_20170304095701114.jpg
広い阿歴内集落を通り、阿歴内第三小学校跡へ到着した。
民家は、ポツポツと点在するのみである。

CIMG8284.jpg
HEYANEKO氏曰く「学校は移転しているみたいだから、移転前の跡地も行ってみよう(注1)」とのことで歩く。

CIMG8287.jpg
ふと見ると、使われなくなって久しい農機具があった。

CIMG8288.jpg
移転前の学校跡地付近。
学校跡を偲ばせるものは無かった。

広い牧草地と砂利道が続く風景が広がっていた。

余話
阿歴内第三小学校が置かれた集落は「阿歴内第一」。
しかし、国土地理院の地形図では「共和」と記載されている。

この「共和」の由来について標茶町郷土館とやりとりを交わしたが、由来については最後まで分からなかった。
その為、地形図に記載されている「共和」を掲載し「阿歴内第一」は用いないこととした。

(注1)
「移転したのではないか」と思われていたがその後の調査により学校移転の話は書かれていなかったことや、道路のずれなどから地形図を読み誤り「移転」と書いてしまいました。
謹んでお詫び申し上げます。

参考文献

阿歴内開基70周年記念期成会1985「『70年のあゆみ-阿歴内開基70周年記念誌-』阿歴内開基70周年記念期成会
北海道新聞1975「しんみりとお別れ会 月末閉校の阿歴内第三小」『北海道新聞釧路・根室版』11月18日

鶴居村暁峰

鶴居村暁峰(平成28年5月28日探訪)

鶴居村暁峰は戦後開拓集落(開拓学校制度により学校が開校)であった。

『暁峰』の由来は「中雪裡より見て太陽の昇ってくる山」という意味である。

暁峰の集落起源は大正末期に8戸が集団で入植した。
当初の生業は炭焼であった。やがて3戸が農業へ転じたが、5戸は引続き炭焼を生業とし、農業を兼業して冬は造材に従事していた。
昭和22年 5戸の家族の次男・三男が分家して12戸が開拓入植し、戸数17戸となった。

学校が開校される前までの暁峰集落の実情は『鶴居村 地域社会の研究』に詳しく取り上げられている。
内容を簡潔に申し上げると

① 集落の総面積は232町歩、このうち耕地が198町歩、民有山林34町歩あるが、傾斜地の割合が多く耕地の合理的な配分や使用も不可能であり、地味も良好とはいえない。
② 主要作物は稲きび、そば、馬鈴薯、大豆、飼料作物等で自給生活には程遠く、乳牛を飼育して有畜農業を行うまでに至っていない。
③ ツルハシナイ川を境にして集落が二分されており、炭焼農家が分散している。川の東に炭焼、川の西に農家がそれぞれ居住している ことである。

この間、子供たちは下久著呂の学校へ通学していたが遠方に位置しており、特に冬季の通学は困難を極めた。
そこで住民らは学校設置の要望を関係機関へ陳情し、昭和35年2月に開拓地学校開設の認可が下りた。

学校の沿革は以下の通りである。

鶴居村立暁峰小学校 

昭和35年2月8日~3月12日 鶴居小学校冬季分教場として開設
昭和35年4月1日         開校
昭和44年3月22日  閉校

この間に起きた学校関係の出来事は以下の通りである。

①ブランコ、遊動木、回旋塔、低鉄棒等の遊具や体育設備の設置(昭和37年)
②暁峰小学校送電開始(昭和37年12月)
③テレビ設置(昭和38年5月)
④簡易水道工事完了(昭和38年5月)

CIMG8240.jpg
阿寒町(釧路市)雄別炭砿の調査後、暁峰へ足を運んだ。
何かの工場?の建物があるほか、民家は無い。
天気にも恵まれたので、周囲を散策する。

CIMG8233.jpg
学校跡地。周囲を歩くが、校舎の基礎も無かった。

CIMG8238.jpg
林道を遠望する。その先は何も無く、草木が生い茂っている。

CIMG8237.jpg
しかし、林道入口の脇にサイロが残っていた。
昭和48年11月を最後に集落の住民全員が離農し、廃村になった。

このサイロは、ここに集落があり、人々が暮らしていたことを伝える唯一の証かもしれない。


参考文献

斉藤 兵市1952『鶴居村 地域社会の研究』北海道地域社会研究会
鶴居村史編さん委員会1987『鶴居村史』鶴居村

小平町下記念別

小平町下記念別(平成28年7月16日・平成29年2月21日探訪)

小平町下記念別は戦後開拓と炭鉱で栄えた集落である。

『小平町史』によると、昭和22年樺太や満洲からの引揚者13戸が入植した。
入植した農家は3~4年で開畑に成功したが、子供らは達布小学校へ通学した。
しかしこの頃の道路状況は悪く、陳情を重ねた結果、昭和27年に達布小学校教諭 楠田登の出張授業が行われた。
また、昭和32年12月より東達布炭鉱㈱が採炭し始めたことから児童数も増加したが、昭和36年度の途中で閉山した。

学校の沿革は次の通りである。

昭和27年11月    達布小学校瑞穂分校 開校
昭和40年3月31日  閉校(注1)

閉校当時や閉校直前の報道記事を紹介する。

慰問袋500点以上 冷害地に隊員の善意
「留萌駐とん部隊の隊員が持ち寄った冷害地の児童に贈る〝慰問袋〟は500点以上を数えた。同隊では11日太野垣司令はじめ谷村広報幹部らがジープで辺地に向い直接手渡すことになった。
 なおこの温い贈りものを受けるのはことし3月で廃校になる小平村達布瑞穂小学校(原文ママ)など管内5校に配分される。慰問品は衣類200点をはじめ学用品、かんづめ、菓子、石けんなど」(留萌タイムス 昭和40(1965)年2月10日)

隊長夫人も拠出 自衛隊冷害地に贈物
「自衛隊の隊員と家族が集めた冷害地のこどもたちに贈る救援物資は、14日の増毛町の信砂御料についで16日は小平村川上小、瑞穂分校に、18日遠別町東生(注3)正修、大成小に贈られる。
 同贈物は趣旨に感動した連隊長夫人太野垣幸代さんが、とくにキャラメルや菓子を「気の毒なこどもたちにあげてください」と買って現地に向かう谷1尉に託した。
 今回は隊員の善意が結集して学用品、菓子など500点が集まった。」(留萌タイムス 昭和40(1965)年2月16日)

辺地校、音楽の〝名門〟 瑞穂分校なくなる 全国入賞も思い出 これからは本校で勉強
「【小平】この4月で廃校になる留萌管内小平村達布小瑞穂分校の廃校式が3月31日に雪に埋もれた分校舎で行われた。戦後入植した開拓農家のこどもたちを育てて12年7か月、勇退する福田由雄分校主任(61)のオルガンで力いっぱい〝ホタルの光〟を歌って別れを惜しんだ。
 瑞穂部落字下記念別は達布市街から(小平市街から約28キロ)から沢づたいに5キロはいったところ。昭和24年入植者を中心に13戸の農家が入った。
 入植当時、橋がなくて川をわたったり、ガケっぷちを通って通学しなければならないためこどもたちが、あまりにもかわいそう―と地区住民が運動、27年に創設されたのが分校だった。主任は櫛田みのる先生(原文ママ・注2)で児童は7人、炭鉱が盛りの33年には45人にふくれあがった。その炭鉱も閉山したいま11戸の開拓農家が残り、児童数も開校時と同じ7人になった。
 数多い思い出を残した2代目主任の福田先生が着任したのは30年4月。学力にも、情操にも恵まれない分校生に福田先生は『開拓地にはいった以上、私も開拓者だ』と、まず音楽に力を注いだ。あきビン、石油カン、フライパン、サラ、茶わんなどを楽器に利用した演奏を31年に苫前町で研究発表。留萌自衛隊との友情が芽ばえたのもこのころ。演習休みに立ち寄った分校でこの変わった演奏を聞いた隊員たちは大ダイコ、縦笛を贈った。ほかにPTA、北海道新聞社からも楽器が贈られ、さっそく第1回辺地音楽のつどい(34年)に参加、全国放送され、みごとNHK奨励賞を受けた。これも今は楽しい思い出、福田先生は増毛町に移り、専門の陶芸で余生をおくる。
 式は午前11時から開かれ、五十嵐村長、阿部教育長、佐藤達布営林署長、部落の人など約25人が出席、雪に埋もれた小さな教室はいっぱい。五十嵐村長が『もっと大きく成長するために分校を閉じることになりました』とあいさつ、村から福田先生に感謝状が贈られた。達布小本校の寺沢邦雄校長が『きょうはみなさんを迎えにきました。これからはちゃんと野球もドッジボールもできます』と話しかけると、こどもたちは目を輝かせ、部落の人たちは喜びと寂しさの入りまじった表情でこどもたちを見つめていた。分校はこのあと部落会館に変わる。」(北海道新聞留萌版(夕刊) 昭和40(1965)年4月2日)


CIMG8717.jpg
平成28年7月16日、小平町達布、滝下、川上の集落調査の帰りに下記念別へ立ち寄った。

CIMG8721.jpg
下記念別にある唯一の畑。
この当時「学校跡地はこの辺りだろうか」と首を傾げながらの調査であった。

後日、A.D.1600氏と相談して「航空写真から察するに、あの畑のところだと思います。」と回答をいただき、再訪を決意する。

CIMG8988.jpg
平成29年2月21日、再び達布へ足を運んだ。
スノーシューとストックを携行して、この道を4~5キロ進む。

CIMG8989.jpg
学校手前の「数寄屋橋」。
地形図を見ると、この周辺にも家屋があったがすべて自然に帰ってしまっている。

CIMG8990.jpg
家屋マークのある辺りに、野生化した松の木が1本あった。

CIMG8996_20170304095709e5f.jpg
橋を過ぎ、達布小学校瑞穂分校跡地へ到着した。
現在は個人所有の畑となっているので、畑の敷地に踏み込まないよう敷地外から撮影する。

スノーシューを装着し、学校裏周辺を散策する。

CIMG8995.jpg

地形図や航空写真では、学校裏に対岸へ通じる橋が書かれているが、橋は無くなっていた。
対岸には、住居跡を示す松の木が野生化して残っていた。

CIMG9001.jpg
達布市街へ戻る道中の栄光橋。正面の山は下記念山。
橋の名の如く、『音楽の名門』で名を馳せた瑞穂分校は、過去の栄光となってしまった。


(注1)『小平町史』では「同39年度半ばに至って閉校している。」とあるが、『北海道新聞』や『留萌タイムス』の記事の閉校年月日が正しい。
(注2)「櫛田みのる」は「楠田登」の誤植と思われる。
(注3)「東生」は「東野」の誤植と思われる。

参考文献

小平町史編集室1976『小平町史』小平町役場
留萌タイムス1965「慰問袋500点以上 冷害地に隊員の善意」『留萌タイムス』2月10日
留萌タイムス1965「隊長夫人も拠出 自衛隊冷害地に贈物」『留萌タイムス』2月16日
北海道新聞1965「辺地校、音楽の〝名門〟 瑞穂分校なくなる 全国入賞も思い出 これからは本校で勉強」『北海道新聞留萌版夕刊』4月2日

釧路市阿寒町雄別

釧路市阿寒町雄別(平成28年2月13日・5月27日探訪)

阿寒町(現 釧路市)雄別は炭鉱で栄えた地域である。

大正8年 芝義太郎・宗像政蔵が「北海道炭礦鉄道株式会社」を創設したことから始まった。
大正9年 雄別-釧路間の鉄道敷設、開坑作業に着手した。
大正12年 鉄道工事が完成、本格的な採炭や営業が始まった。
大正13年 三菱鉱業株式会社に吸収され「雄別炭礦鉄道株式会社」と社名変更。
昭和13年 雄別通洞完成。
昭和19年 政府命令により従業員と設備を九州の三菱系炭砿へ転換し、採炭創業は中止。
      配置転換先は鯰田・上山田・飯塚等の炭砿であった。
昭和20年 終戦とともに操業再開。
昭和21年 財閥解体により三菱鉱業株式会社から分離独立。
昭和34年 経営合理化により「雄別炭礦株式会社」に変更。
昭和44年 茂尻礦(赤平市)ガス爆発事故、再建計画により企業分離を行ったが同年7月閉山。
昭和45年 尺別・上茶路炭礦とともに企業ぐるみ閉山(2月27日)

学校の沿革は次のとおりである。

雄別小学校
大正12年3月 私立雄別尋常小学校として開校
大正13年6月 大祥内分教場を設置
昭和3年9月  高等科を設置
昭和8年3月  公立雄別尋常小学校と改称
昭和14年4月 大祥内分教場閉校
昭和16年4月 雄別国民学校と改称
昭和22年4月 雄別小学校と改称
昭和45年5月 閉校

雄別中学校
昭和22年5月 雄別中学校開校
昭和45年5月 閉校


CIMG7647.jpg
平成28年2月、他大学の友人と一緒に卒業旅行も兼ねて調査で訪れた。
雄別炭砿記念碑は雄別で最後まで残った実相寺(法華宗)の隣接地である。

CIMG7583.jpg
クルマの出入りがあるが、地元の方の話によると鹿撃ちで入山しているとのことである。

CIMG7582.jpg
雄別商事(購買)の建物が見えてきた。
往時はこの上にバーもあった。

CIMG7584.jpg
内部。落書きが酷く、老朽化も進んでいる。

CIMG7592.jpg
購買を後にして進むと、選炭工場付近が見えてきた。
総合煙突は健在である。

CIMG7594.jpg
坑木運搬のトロッコの一部である。

CIMG7598.jpg
正面には雄別炭砿病院が見えた。
雄別炭砿病院は作家 渡辺淳一氏が整形外科の出張医として3度勤務している。

CIMG7600.jpg
この建物は昭和43年12月 雄別工作所が設計し東京年金病院を参考にして、1億1200万円で建築したものである。

CIMG7628.jpg
病院の後ろには雄別通洞がある。
既存の坑口を集約するために掘進作業を進め、昭和13年に完成した。

CIMG7631.jpg
雄別通洞を後にして周辺を歩く。

CIMG7640.jpg
選炭工場上部より眺める。

ここから先は5月下旬、HEYANEKO氏らとともに訪れたときのものである。

CIMG8195.jpg
雄別炭砿の手前にガソリンスタンドの跡がある。
この近くに雄別中学校があったが、現在は校門のみ現存している。

CIMG8199.jpg
雪があるのと無いのとでは、印象も違って見える。
3ヶ月ぶりの再訪となった。

CIMG8201.jpg
雄別商事も木々に覆われてしまっている。

CIMG8205.jpg
周辺を歩くと建物の基礎や浴槽などが残っている。

CIMG8207.jpg
足元を見ると、かつてあった商店の看板の一部が見つかった。
お茶屋さんのようである。

CIMG8209.jpg
先へ進むと山神社の石段が残っていた。
上ってみる。

CIMG8210.jpg
山神社が見えた。
恐らく、拝殿跡と思われる。
基礎しか残っていないが、折角なので参拝をした。

神社を降り、雄別小学校跡地へ足を運ぶ。

CIMG8220.jpg
学校跡地付近。石垣の上が校舎跡とのことである。

CIMG8223.jpg
学校跡地は、果てしなく広い平地と基礎が広がっていた。


参考文献
1986『阿寒町百年史』
布伏内連合町内会ウルトラウォーク実行委員会2008『雄別炭砿アーカイブ』

浦河町滝の上

浦河町滝の上(平成23年10月22日・平成28年5月30日探訪)

滝の上は、戦後に開拓された集落であった。

次男・三男対策の一環として日高支庁が昭和26年12月20日上野深(カミノブカ)奥地に13戸入植させる。
しかし開拓地入口から小学校(第二野深小学校)まで8km余もあった。
児童の通学に困難があるため陳情懇願したところ、昭和30年4月1日 第二野深小学校滝の上分校として開校した。開校当時の児童数8名(男3名、女5名)。本校より5,6km奥にあった教員住宅21坪(木造平屋)のうち、10坪を教室として活用した。
分校の位置は荻伏市街の東北方20km、標高150mの河岸段丘地であった。
元浦川の渓谷があり景勝地としては素晴らしい地域であったが、丘陵地のため水の便も悪く造田ができなかった。主要作物は蔬菜やバレイショの類であったが、収入も乏しく、経営不振により昭和39年頃から集団離農者が出始め、最終的に1戸しか残らなかったため昭和40年3月31日、廃校となった。
廃校当時の児童数は5名(男4名、女1名)であった。

115_20120306210454.jpg
第二野深小学校 校舎。大正9年3月18日開校 昭和63年3月閉校。
併置されていた中学校は昭和24年4月1日開校、昭和59年3月閉校。

116_20120306210453.jpg
閉校後、校舎は浦河町の研修施設「柏陽館」として、平成元年再出発した。
柏陽館は宿泊も可能である。また、食堂も併設されている。

120_20120306210451.jpg
校舎は昭和9年に建築された。増築されているとはいえ、戦前期の建物が活用されているのは個人的に嬉しい。

114_20120306210451.jpg
滝の上分校は、元浦川林道の先にある。

113_20120306210631.jpg
滝の上へ行く途中の風景。
この時は小雨が降っていた。

107.jpg
途中、開けている場所があるが家屋が見当たらない。
分校跡周辺が見えてきた。

112_20120306210630.jpg
滝の上分校跡地。
校門だけが分校跡であることを偲ばせてくれた。

111.jpg
片方の校門は笹藪に伏していた。

110.jpg
分校跡地より来た道を振り返る。
本当に集落があったのだろうか?と疑うほど何もなく、牧草風景が広がっていた。

平成28年5月、5年ぶりに再訪した。

CIMG8504.jpg
滝の上分校跡地を示す石碑が建立されていた。

CIMG8505.jpg
学校までの道のりは、5年前と変わらない風景だった。


追記(平成29年2月14日)
『北海道新聞』「日高版」(夕刊)に掲載されていた滝の上分校閉校当時の新聞記事を紹介する。

十年の歴史むなしく開拓地の学校消える あす最後の卒業生送り

「【浦河】日高管内の開拓地からまた一つ学校が消える。入殖当初、部落民たちの前途への期待と喜びのうちに開校しながらも、営農不振からついに集団で開拓地を見捨てねばならなかった悲劇が生んだものだ。
 浦河市街地から約30キロ、まだ雪深い元浦川上流の山間部に建てられた浦河町立野深第二小、滝の上分校がそれ。18日最後の卒業生1人を送り出したあと、1年生から6年生まで5人を本校に吸収し、24日ささやかな廃校式をあげる。昭和30年5月に同校が誕生してからちょうど10年目に当たる。
 上野深市街地の本校から8キロの山奥の不便な土地にある同校は、昭和27,8年ごろ野深滝の上地区に入殖した11戸の開拓民の子弟のために建てられた。いまはトラックが通う林道がつけられたが、当時は人一人がやっと通れる道だけ。冬は通行が途絶し、上野深の学校まで通学できないので、休学する子供たちも多かった。
 このため部落民の熱心な陳情、さらに労力奉仕もあって、喜びのうちに約70平方メートルりっぱな校舎が完成、オルガンなど教具もしだいに整えられてきた。しかし同地は傾斜地の多い火山灰地。地味はやせ常食のイモ、ヒエのほかトウキビ、大豆、小豆など一家が食べるだけの収穫がやっと。赤字がどんどん増え11戸のうち2戸がその後離農し、2、3年前から集団離農の話が出ていたが、ことし離農資金が出るのをきっかけに9戸のうち8戸が集団で山を降りることに踏み切った。
 8戸のうち離農資金をもとに3戸が町外に転出、5戸が山を降り上野深市街地付近に家を建てて、造材人夫などに転職、子供5人を本校に通学させるが、10余年の開拓生活に疲れ切ったからだにムチ打ち、離農者たちはいま家財の整理に取りかかっている。また分校最後の先生で、これを機会に退職、函館に引き揚げる浦本米吉先生(63)は教材整理に追われながら『やはりこの土地では生きるのは無理』とさびしげに語っていた。」(北海道新聞日高版(夕刊) 昭和40(1965)年3月17日)


参考文献

北海道新聞1965「十年の歴史むなしく開拓地の学校消える あす最後の卒業生送り」『北海道新聞日高版夕刊』3月17日
プロフィール

成瀬健太

Author:成瀬健太
北海道旭川市出身。
名寄市、札幌市、東京都、旭川市を経て現在、札幌に居住。
廃墟・炭鉱や鉱山跡、廃村や限界集落を訪ね歩くのが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR